Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

一度は食べたい!マレーシア料理はアジアを総MIXさせたおすすめの食べ物

ナシゴレン

皆さんはマレーシアと言えばどのような料理を思い浮かべるでしょうか?ちょっと独特?日本人の口に合う?とちょっと食べ慣れない食事に戸惑ってしまうこともあると思いますが、実はマレーシアのご飯は非常に日本食に似たようなものもあり食べやすいんです。

そして、マレーシアはアジア版のサラダボールと思われる程、様々な人種の人達が暮らしている(得に中華系・インド系が多い)ので料理の種類もたくさんあります。

あなた好みのマレーシア料理が必ず見つかるはずです。


マレー料理入門はまずはここから!ナシゴレンとお粥!


ナシゴレン

マレー料理の代表格の一つとも言われるナシゴレン!とっても食べやすいです。ただチリ(唐辛子)や色んなスパイスが入っていてちょっと辛いです。

私は王子様カレーしか食べられないほど刺激物に弱く、辛いものが本当に苦手なので、いつも「No chili No chili !!」と叫んでチリを抜いて貰える所では抜いて作ってもらっていました。

※海外では自分好みにオーダーできる所が多いので、好みのトッピングや嫌いな食材はここぞとばかりにドシドシ伝えましょう。

ちなみに私が路上の屋台で買ったナシゴレンはこちら。

ナシゴレン

一口にナシゴレンと言っても色んなタイプのナシゴレンがあります!こちらは5.50RM(約160円)!

激安です!!

おかゆ

おかゆ

またお粥は東南アジア全土で食べられます。私はマレーシアで一度食べたお粥があまりにも美味しくて、その後東南アジアを移動する度にお粥を探しては食べまくっていました。

ホントに美味しい!!!

特にアジアのお粥はニンニクチップを乗せてあるものが多く、それが食欲をより一層引き立てます。こちらも5RM(約145円)。

お財布に優しい!

ミーゴレン(マレーシア版焼きそば)

ミーゴレン(マレーシア版焼きそば)も有名です。

マレーシアで炭水化物を制覇せよ!!!


屋台・フードコートを制するものはアジアを制覇する!?


マレーシアのフードコート

マレーシアを含めアジアにはたくさんの屋台やフードコートがあり、その数と言ったらもう覚えきれないほどです。

もちろん地元の方達がしているので純100%の郷土料理が食べれられます!

サテーと言われるマレー風焼き鳥

サテーと言われるマレー風焼き鳥(甘辛ピーナッツバターにつけて食べる)

ラクサラクサ写真のラクサは魚介スープにニンニク・薬味を効かせたものです。中に麺が入っていて手軽に食べられます!

ちなみにお隣の小皿はフィッシュソースと言われる東南アジアお馴染み(特にタイで多い)のものですが、こちらの匂い・味はかなり独特なので、お好みでどうぞ。

こちらのラクサは8.5RM(約247円)。

魚介料理

イカ・エビ・カキの盛り合わせ。

ペナン島やランカウイ島など、漁業の盛んな街に行くと魚介類もこんもり食べちゃえます。

素晴らしき天国!


ラマダンバザールはまさに庶民の味!家庭料理を存分に食べてみよう!


マレーシアでのラマダンバザール

マレーシアと言えばイスラム教徒(ムスリム)が多い国。そのムスリムは年に一度6月から7月頃にかけて、ラマダンという断食の時期があります。

 

マレーシアのラマダンバザール

ラマダンの間はムスリムの人達は日中は食事が取れないので、日没後夕食を家族で取るためにバザールで売られているご飯を買って持って帰るという習慣があります。

 

マレーシアのラマダンバザールでマレーシア料理

そしてムスリムの女性達はそのバザールの売り上げで家計を支えるため、多くの家がこのバザーでご飯を販売しているのです。

 

マレーシアの家庭料理

なのでもちろんこちらで売られているのはマレーシアの家庭料理そのもの!お宅訪問しなくてもここでマレーシアのお家ご飯が激安で買えてしまうのです!

 

マレーシアの家庭料理

ご飯の種類も豊富で、私は幸い地元民の友人が出来たのでどれが何の料理かは分かりましたが、一人で行くと見たことのない知らない料理にちょっと戸惑うかもしれません。笑

しかし運良くラマダンの時期が合えば、お勧め必須です!!

※ハエがたかっていないかだけ確認してくださいね♪


まとめ


マレーシア料理も意外と辛いものが多いですが、かなり甘党の筆者でも食べれるものはたくさんありましたのでご安心を。

マレーシアと一言で言ってもたくさんの都市があり、その都市によって様々な伝統的な食べ物があります。ぜひ出来るだけ多くの都市を回ってその地元の友達に色々聞いてみてください!

カラフルすぎるスイーツもぜひお試しを!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

マレーシアで海外就職、現地採用の気になる仕事や給料相場

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

ページ上部へ戻る