海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

スリランカでの部屋選びのポイントは?スリランカの私の家を紹介します

  • 公開日:
  • 更新日:
スリランカの家

スリランカでは、日本のように多層階の建築は少なく、平屋で面積を広くとった家が特徴的です。ですが戦後から道路や高層ビルの建築も進み、今ではセキュリティーが整ったマンションを購入する人も多くなりました。

家選びの価値観は人それぞれですが、これからスリランカに住もうと考えている人の役に立つよう、私の経験をもとにした家選びのポイントをお伝えします。

スリランカでの住宅立地

スリランカの家の門

首都コロンボから車で30分ほどの立地です。メインロードから少し離れた場所で、大きい庭にココナッツの木が生えた家を選びました。

メインロードは、排気ガスやゴミの投げ捨てが多いので、できればメインロードから少し離れた場所のほうが静かで住みやすいです。

また、交通の便が不便なスリランカでは、駅やバス停が近くにあるかどうかも、しっかりとチェックしておきましょう。気温30度を超えて、砂埃が立つ道を歩くのは困難であり、タクシーやトゥクトゥクを利用しなければなりません。

車を所有していない場合は、駅やバス停が遠い場所だと、毎日の生活にはかなり不便になりますので、家選びの際は注意しましょう。

スリランカでこの家を選んだ理由

スリランカ

私たち夫婦がこの家を選んだ理由は5つです。

  • 公共交通機関(バス・電車)が不便なく利用できる環境か
  • 庭がある家か
  • キッチンが広く使いやすいか
  • 家に風が通る造りになっているか
  • コロンボまで車で30分以内の立地であるか

公共交通機関が不便なく使える環境であることと、首都コロンボまでの距離は譲れないポイントでした。

その他には、暑いスリランカでもエアコンなしで過ごせる筒抜けの造りの家を探していました。風が通ると気持ちよく、扇風機だけで過ごせます。

また、庭があることによって、カレーリーフなどの植物を育てることができ、自家栽培ができるようになるので料理の際便利なのはもちろん、節約にもなります。

スリランカでの家賃と1ヶ月の生活費

家賃4万

家賃は格安価格の1ヶ月約4万です。知り合いが紹介してくれた家ということもあり、非常に安い金額で借りることができています。

水道光熱費・インターネット:全部合わせて約1万円

井戸からくみあげる湧き水を使用しているので、水道代はほぼ0円です。

食費:2人で約3万円

私たちは、カレーだけでなくイタリアン・日本食など幅広く楽しんでいるので他のスリランカ人の家計に比べると食費は高めです。たまにホテルで食事したりするとプラス5000円ほどかかります。

ガソリン:約1万円

ガソリンは日本より高く、車を頻繁に利用するので大きい出費になります。

2人での主な生活費:約9万~10万円

日本と比べても、家賃を入れてのこの金額は、かなり安いです。スリランカは物価が非常に安いと言えます。

スリランカの家のちょっとしたトラブル

スリランカは1年中暑い国です。そのため、虫が非常に活動的で家の至ることろにいます。これは高級なアパートに住んでいても変わらないでしょう。

ゴキブリはもちろん、トカゲのようなハ虫類、巨大な蚊、アリ、ハエ。挙げたらきりがありません。

中でも家具や木をかじって巣をつくる小さいアリには苦労します。1滴でも甘いものをたらせば、何百、何千ともいうアリがむらがります。慣れるまで虫の扱いが大変です。

また、夕方4時以降は蚊が大量発生します。寝室には蚊帳を設置し、寝てる間に体中刺されないような工夫をすることが大切です。デング熱も流行していますので、出来る限り自分の身は自分で守りましょう

また、インターネットは雨が降ると途切れることが頻繁にあります。おそらく、インターネットの回線関係の技術が日本よりも遅れているせいで、少しの衝撃や雨で切れてしまうのでしょう。

停電もいきなり始まり、夕方まで電気が使えないこともあります。日本だと大問題ですが、スリランカでは日常茶飯事です。電気が使えない時は、ろうそくを使って生活したり、ガス製品を使って料理をしたりします。

スリランカで家を選ぶ際の注意点

日本人がスリランカに来て家を選ぶ際には、必ず現地のスリランカ人で助けてくれる人を探しましょう。それがでれなければ、日本から支援してくれている団体を探して、協力してもらいましょう。

日本のように、賃貸の仲立ち会社などは普及していないので、一人でこの地に来て、家を選ぶとなると情報源が非常に少ないです。

個人が個人に家を貸しているケースがほとんどですので、日本人と知られると、ぼったくりに合う確立が非常に高いです。

通常よりも高い金額で悪い立地の家を紹介される可能性も高いですので、スリランカに知り合いがいる場合は必ず助けてもらうようにしましょう。

まとめ

スリランカでは自分で家を借りる事はもちろんですが、ホームステイやルームシェアなどの選択肢も考えられます。一度家を決めてしまえば、水道光熱費や食費などは安く済ませられますので、工夫次第では貯金も多くできます。

また、スリランカは海がきれいなので、海から近い物件もおすすめです。ぜひ、自分にあった、住みやすい場所を探してみましょう。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
satomi

satomi

投稿者プロフィール

大学時代2年間で15カ国以上旅し、留学先で出会った彼と国際結婚。
今は日本からの遠く離れた、スリランカで、暮らしています

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る