海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ベトナム在住者が教えるハノイのおすすめホテル3選

  • 公開日:
  • 更新日:
ハノイのホテル

この記事をご覧になっている方で、ベトナムでのホテル選びで失敗して、旅行の楽しさが半減してしまったという経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか?私も苦い思いをした経験が何度かあります。

ここ数年は、ホテル予約サイトを利用して口コミをじっくりと吟味しているので、比較的そのような経験をすることは少なくなってきました。しかし、決定までにかなりの時間を費やしてしまいます。

今回はおすすめしたいベトナムのホテルを3つ紹介したいと思います。

ベトナム・ハノイの宿泊施設事情

日本と同じように、ベトナムも観光資源を最大限に活かした「観光立国」を目指し、国策として様々な取り組みを行なっています。

この取り組みに追従するかのように、ベトナム国内外の観光客は急増しています

一方で、宿泊施設の客室数が追いついていないという現実があるようです。これに対応するべく、ベトナムの大手財閥は、次々にホテルを建設しています

従来のハノイのホテル

高級ホテル

ハノイ市内には歴史のある高級ホテルがいくつかあります。

その中でも、ベトナムがフランス統治時代の1901年に開業したホテルである「ソフィテル レジェンド メトロポール ハノイ ホテル(Sofitel Legend Metropole Hanoi Hotel)」は別格と言えるでしょう。

その佇まい、内装共に重厚な雰囲気があります。時期や部屋のクラスにもよりますが、ホテル予約サイトを利用したとしても一泊のお値段は$ 200以上はします。

また、2016年5月に当時のオバマ アメリカ大統領が宿泊された「JW マリオット ホテル ハノイ(JW Marriott Hotel Hanoi)」や、2017年3月に天皇皇后両陛下が宿泊された「シェラトン ハノイ ホテル(Sheraton Hanoi Hotel)」などもハノイ市内にあります。

旧市街地のホテル

以前から観光のメッカとして賑わってきた旧市街地には、$ 30前後で一泊できるホテルが密集しています。

前項の高級ホテルと比べると、随分と安く感じますが、朝食もつき、受付スタッフも英語を話すことができるため、外国人でも安心して宿泊することができます。

部屋は日本国内にあるビジネスホテルと比べれば広く、清潔感もあります。一昔前には「お湯が出なかった」とか「部屋が汚かった」という話もよく聞きましたが、今ではそのようなことは相当少なくなっています。

さらに安く泊まるには

Nhà Nghỉ(ニャーギー)

Nhà Nghỉ(ニャーギー)

現地の人が利用する「Nhà Nghỉ(ニャーギー)」と呼ばれる簡易宿は、街のいたるところにあります。

車で移動する際に、窓から外を眺めていると掲載した写真のような看板が必ず見つかりますので、是非探してみてください。こちらは、1泊が$10〜15ほど。

ただし、受付スタッフは、基本的に英語が話せないので、ベトナム語で対応することが前提となります。また、日本人がホテルに求めるような基本的なサービスは期待できないと思っていた方が良いです。

急遽宿泊せざるを得なくなった時に利用しましょう。

激安の宿

旧市街にある一泊 $30 ほどのホテルの中には、一泊$10 未満の「ドミトリータイプ」の部屋を提供するホテルもあります。男女関係なく、2段ベットがいくつかあり、寝るだけというタイプの部屋です。

いわゆるバックパッカー向けの安宿ですが、このような選択肢もないわけではないということも、覚えておくと万が一の際に役に立つかもしれません。

おすすめの日本人向けホテル3選

以上のようにハノイでの宿泊施設は、千差万別、料金的にも内容的にもピンからキリまであります。宿泊するエリアによっても、かなり違いがあります

これは、日本における宿泊施設とも共通して言えることで、世界的に見ても、ベトナムだけが特別であるということではありません。

ただ、どうせ泊まるのであれば、できるだけ安く、できるだけハズレないところを利用したいというのが日本人の心理だと思います。ここ最近は、このような日本人の要望に対応するべく、日本人による日本人のためのホテルも出てきています。

サクラホテル

サクラホテル

2014年にオープンした「日本人向けビジネスホテル」です。2017年8月時点で、ハノイ市内に3店舗を展開しています。

ベトナムにおける日本人向けビジネスホテルの草分け的な存在と言えるホテルで、各部屋に備え付けのバスルームと、屋上にある露天風呂が特徴です。

※サクラホテル1と2は、男性用の露天風呂しかない点に注意です。

バスルーム

サクラホテル1のバスルームは、日本のマンションのバスルームや銭湯のような仕上がりになっており、洗い場があり、きっちりと体を洗うことができます。(もちろん、桶や腰掛けも備え付けられています)また、かなり広めの浴槽となっています。

屋上にある露天風呂は、利用時間が決まっていますが、各部屋のバスルームであればいつでも利用できますし、十分に一日の疲れを取ることができますよ。なお、露天風呂の利用可能時間は、午前が6:00〜11:00、午後が15:00〜23:00となっています。

サクラホテル2と3のバスルームは、日本のビジネスホテルにあるような、いわゆる「ユニットバス」になっています。

また部屋の広さは、広すぎず狭すぎず、日本人的に落ち着けるサイズなのが、何とも言えません。

日本人スタッフ常駐

サクラホテルは、日本人スタッフ常駐なので、英語が苦手な人でも安心して宿泊できます。

朝食

サクラホテルの朝食

朝食は定食形式で、メニューから好きな定食を指定します。

この定食が意外なほど美味しいので、ぜひ試していただきたいです。(載っているメニューが、牛丼セットや豚生姜焼きセットなどボリューム満点のものが多いのも特徴の一つです)

その他

ホテルの内容とは直接関係ありませんが、サクラホテル1は、2015年に公開された松坂慶子さん主演の映画「ベトナムの風に吹かれて」にも登場しています。

是非ベトナムに行く前にご覧いただき、どの場面で登場しているのかをチェックしてみてください。ベトナム旅行の楽しみの一つになると思います。

基本情報

呉竹イン

呉竹イン

静岡の老舗旅館 呉竹荘の海外チェーン店です。現在、ハノイ市内に2軒あります。

ホテルの建物、部屋の内装、サービス共に、日本におけるホテルと比べても何の遜色もない仕上がりになっています。各部屋には、長期滞在時などに簡単な調理ができるよう電子レンジやシンクが備え付けられています。

ゆったりとお風呂に入ることを希望される場合には、屋上の露天風呂を利用されると良いでしょう。女湯もあります。

フロントの脇に備え付けられている売店コーナーの品揃えが豊富なので、帰国時のお土産の補充や、風呂上がりに飲むビールの調達には、こちらで購入するのが便利でしょう。

基本情報

基本情報

ザ・ハノイクラブ ホテル&レイクパレス・レジデンス

ザ・ハノイクラブ ホテル&レイクパレス・レジデンス

ザ・ハノイクラブ ホテル&レイクパレス・レジデンスは、上記の2つのホテルとは異なり、「日本人による日本人向けのホテル」ではありませんが、筆者おすすめのホテルとしてご紹介いたします。

ハノイ市西側にある大きな湖「西湖」のほとりにあるレジデンス兼ホテルです。建物の半分がレジデンスになっており、日本人駐在員も多く住んでいるそうです。

上記2つのホテルのように必ずしも日本人だけをターゲットにしたホテルというわけではありませんが、何度かベトナムに来られている方で、のんびりと過ごしたいという方にはおすすめのホテルです。

朝食や夜お酒を飲む際に、西湖を眺めながらまったりできるのが特徴です。都会の喧騒を忘れて、ちょっとしたリゾート気分も味わえます。

ザ・ハノイクラブ ホテル&レイクパレス・レジデンス

ホテルは、空港からも観光のメッカであるホアンキエム湖からも近い場所に位置しています。ホテルから空港まで、タクシーで30分ほどで移動できます。また、ホアンキエム湖までであればタクシーで10分ほどで移動が可能です。

体力に自信のある方でしたら、徒歩で旧市街まで行くことも可能です。30分も歩けば、北側にある「Đồng Xuân(ドンスアン)市場」まで行けますよ。そこから更に10分ほど旧市街の中を歩いて行くとホアンキエム湖にたどり着けます。

基本情報

  • 名称:ザ ハノイクラブ ホテル&レイクパレス レジデンス
  • 住所:76 Yen Phu Street, Yen Phu, Tay Ho
  • 電話番号:+84-24-3823-8115
  • 公式サイト:http://www.thehanoiclub.com

まとめ

ホテルの内容や、立地などは、宿泊される方の目的や嗜好によってマッチするかどうかが変わってくるとは思います。

「ここまでのサービスは必要ない」「利用しないサービスを削って、もっと安く泊まりたい」など人によって様々だと思います。

今回は、サービスの質や価格帯が日本人の嗜好に合ったホテルで、かつハノイ市内で観光したりのんびりとした時間を過ごすのに便利と思われるホテルを紹介させていただきました。

ハノイにお越しの際には、選択肢の一つとしてご検討ください。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る