海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

香港で暮らすなら要チェック!知っておきたい気象警報

  • 公開日:
  • 更新日:
香港の天気

香港に住んでいると避けられないのが大雨と台風。

1年のうちで7月から9月が他の月よりも降水量が多く、台風が接近、または、直撃してくることが多く、香港に暮らす人たちとは切っても切れないことになっています。

香港では大雨や台風の強さ、また、その危険度によってシグナル、警報が出されますが種類が多様なため、ここでご紹介させていただきます。

気象の情報収集は、香港天文台へ

「香港天文台」は日本でいうところの「気象庁」になり香港の政府機関になります。

降水量の多い夏の間は、台風、大雨、雷の情報収集は欠かせません。場合によっては、公共機関、学校、会社も休みになるということが香港では年に数日あります。

また、日本より過ごしやすい気候の香港とはいえ急激に温度が下がることもあるので、いつも天気、気温などは生活の上で欠かせない情報となっています。

数字で確認 台風警報

香港では、台風の強さは以下のように表示されます。

シグナル1⇒警戒準備段階

この段階では、風が強くなってきたと感じるくらいですが、台風の接近が天文台により確認されています。

シグナル3⇒強風警報段階

幼稚園が休園、また、マカオ行きなどの船便が欠航。

シグナル8⇒暴風シグナル

学校、商店、オフィスがクローズ。公共交通機関はストップ

シグナル9&10⇒最大強度の警報シグナル

台風が香港を直撃し、被害が大きくなると予想される場合に発令される最大強度の警報シグナル。

※2、4~7は使われていません。

上記のシグナル8以上の警報発令の場合、香港労働署などは企業に対し以下のガイドラインを設けています

  • 始業時刻前に警報が発令されたら出社義務は免除
  • 終業時刻3時間以上前に解除あるいは警報レベルが下がったら2時間以内に出社
  • 就業時間中に警報が発令されたら、台風シグナル8の場合は帰宅させる、豪雨警報の場合は就業場所あるいは安全な場所で待機させる
  • 就業を免除した期間の賃金については控除しない

台風の時の注意

台風

シグナル8は台風が勢力を増して、香港に接近してくる時に発令されます。同じ香港内、または同じ建物内であっても、台風の風の方角によって随分と状況が違ってきます

シグナル8以上の台風の場合は、窓枠から雨風が侵入してきたり、高層ビル群の香港では吹き飛ばされたモノが近隣の住宅の窓を壊してしまうということも起こってきます。

万が一の為に窓にテープを貼り補強をしたり、窓付近の物を濡らさないように移動させることも必要でしょう。また、自宅や待機場所であっても窓の側には近寄らないほうがいいでしょう。

他に学校、会社、レストラン、商店なども休みになるため、大型台風の接近がある場合は、ある程度の食品を購入しておいた方がいいでしょう。

香港の人は台風前にお祭り騒ぎのように大量買いをしています。ある意味、学校や仕事が休みになることを楽しんでいるようにも見えます。

また、公共交通機関の運休に伴い、タクシーの姿も見かけなくなります。走っているのは違法営業している白タク等になるので注意が必要です。

色で確認暴雨警報

香港の雨の電車

台風が来ていない時にも時には浸水をもたらすほどの雨が降ることもある香港。大雨の日には、警報が出ていないか注意しましょう。場合によっては、会社や学校も休みになります。

黃色暴雨警告信號(Amber RAINSTORM SIGNAL)

1時間に30ml以上の激しい雨。レッドやブラックが出される雨になる可能性があるため、今後の情報に注意するように促しています。

紅色暴雨警告信號(RED RAINSTORM SIGNAL)

1時間に50ml以上の激しい雨。学校や幼稚園が休みになります。

黑色暴雨警告信號(BLACK RAINSTORM SIGNAL)

1時間に70ml以上の非常に激しい雨。外に出ることを禁止され、激しい雨が終わるまで室内の安全な場所で待機する必要があります。学校、会社、公共の交通機関がストップします。

出勤前にブッラクが発令されると、オフィスが休みになります。しかし、警報が解かれると2時間以内に出社が必要になります。

その他の警報

警報

季節やその時の気象によって様々な警報があります。

天文台のホームページ、アプリ、天気予報、ニュースなどで確認してくださいね。警報、火災警報や、土砂災害警報、季節風警報など様々なものがあります。

まとめ

香港の夏にはいくつもの台風がやってきます。その際に出される警報を知っておき、備えておくことはとても大事なことです。

記憶に新しいのは、今年(2017年8月)香港に来た台風13号(ハト)でした。台風警報10が出され、大きな被害を出し、爪痕を残していきました。

香港は大きな被害にあったにもかかわらず、翌日からは何事もなかったように街が機能していたのがとても印象的でした。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

香港で就職したい!香港の現地採用の給料と日本人向け求人(業種・職種)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る