海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

タイにあるセブンイレブンの魅力を徹底解剖!

  • 公開日:
  • 更新日:
セブンイレブン

日本にあるコンビニエンスストアとして驚異的な売上を誇る「セブンイレブン」。

世界に約60,000店舗以上を展開する中、タイのセブイレブンの店舗数は日本に続きなんと世界第2位!今回はタイのセブンイレブンの魅力を詳しくご紹介いたします。

タイのコンビニ事情は?

日本と同様、タイにも多くのコンビエンスストアが存在します。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど、日本でお馴染みのコンビニが沢山軒を連ねています。

またバンコク市内にはイオングループのコンビニ「マックスバリュー」も多く展開しており、バンコク市内であればすぐにコンビニを見つけることができるので、ぜひ時間がある時に立ち寄ってみましょう。

種類豊富なスナックやナッツ類

アメリカ発のポテトチップス「Lays(レイズ)」

ポテトチップス「Lays(レイズ)」

ポテトチップスで有名なのがアメリカ発祥のメーカー「Lays(レイズ)」。タイ国内においても種類も豊富で、期間限定のフレーバーなども登場しています。

通常サイズだと1袋食べるには量が多い…という人にはミニサイズもあります。女性で食べきれる程度の量なので、滞在中に小腹が空いたときに食べるにも丁度いい量ですよ。

えび風味の細長スナック「HANABI」

日本でも人気のスナックにどこか似ているえび風味の細長スティックスナック「HANABI(はなび)」。オリジナル味やチリソース味、のり塩味などがあり、在タイ日本人も好んで食べるスナックの1つです。

こちらも食べきりミニサイズもあるので、ビールと一緒に楽しむのもおすすめですよ!

タイで人気の海苔スナック

韓国海苔を分厚くフライにしたようなタイプの海苔スナックが、タイでは人気の高いスナックの1つ!フレーバーも、ご当地らしいトムヤンクン味や唐辛子味などもあります。

棒状タイプのものやミニパッケージもあるので一度は試してみたいスナックです!お酒のおつまみとして相性抜群ですよ。

現地タイ人が大好きなチョコレート類

チョコレート類

暑い国にいると甘いものが無性に食べたくなる時ってありますよね。タイの人も大好きなチョコレート菓子!

日本でも有名なポッキーやトッポなどもコンビニで気軽に購入することができます。ウエハースやクッキーにチョコレートを挟んだものやステックタイプのものなど、種類も豊富なのでどれにしようか迷ってしまうほどです。

バッグに入れておきたい!おすすめキャンディー類

タイは渋滞が多いことでも有名な国の1つなのはご存知ですよね?そんな移動時に渋滞でイライラしないためにもキャンディー類をバッグにいれておくのがおすすめ

日本でも人気のホールズも種類が豊富。ミントやベリーなど、どれも試したくなる美味しいフレーバーばかりです!個人的におすすめは、ホールズのはちみつ味です。

朝食にもぴったり!おすすめパン・サンドウィッチ類

タイのコンビニを訪れて驚いたことの1つが、パンやサンドウィッチのクオリティーの高さです!その場ですぐ食べられるサンドイッチや菓子パンから、温めが必要なホットサンドやハンバーガーまで種類も豊富に取り揃えられています。

コンビニのレンジで温めが可能!

ホットサンドやハンバーガーをすぐ食べたい場合は、コンビニでも温めが可能です。ホットサンドを購入する際に店員さんから「商品をレンジで温めますか?」と聞かれるので、温めたい場合はお願いしてみましょう。

手軽にタイ料理が食べられるお弁当類

お弁当類

※写真はイメージ

深夜便のフライトでは街中のレストランはもう閉まっている……でもホテルで寝る前に何か食べたい時にもってこいのコンビニのお弁当

タイ料理では定番の「ガパオライス(鶏とバジルの炒めたライス)」や「カオパッド(チャーハン)」など、メニューも豊富なバリエーションです。

タイのセブンイレブンにある日本食!

日本食

※写真はイメージ

タイに長期滞在する方などは、やっぱり日本食が恋しくなるもの!そんな時はセブンイレブンに行けば日本食も買うことができます

カレーライスやとんこつラーメンなど種類はタイ料理と比べるとまだ多くありませんが、味はそれなりグッド♪タイに長期滞在する方にはぜひ一度試していただきたいメニューの1つです。

家にあると便利な冷凍食品類

主婦にとっても救世主といえば、そう「冷凍食品」!タイのセブンイレブンでは、タイ料理の冷凍食品が豊富です。タイ料理以外にも、パスタやグラタン、日本人が好きな枝豆などもあります。在タイの人にとっては、何かと助かる冷凍食品です。

飲み物・アルコールなどの飲料水

暑い国にいると大事なのが、「水分補給」。セブンイレブンでは、ミネラルウォーターやジュース、アルコール類まで何でも揃っています。ミネラルウォーターはハンドバッグに入れられるほど小さい手のひらサイズも!滞在中はこまめに水分補給しておきましょう

アルコールの販売時間が決まっている!

アルコール

タイは国の法律でお酒を販売する時間が制限されています。アルコールを購入できるのは、午前11時から午後14時までと午後17時から午前0時までとなります。

それ以外の時間はアルコールの棚に鍵やカバーをかけ購入できないようしてあります。購入の際には時間にも注意してください。

またタイは国民の9割が仏教徒の国なので、仏教関連の祝日はアルコールの販売が禁止となっておりますのでその点にも留意してください。

【タイにおける禁酒日の一覧】

  • 2月11日(土)万仏祭 / マカブーチャ
  • 5月10日(水)仏誕節 / ヴィサカブーチャ
  • 7月8日(土)三宝節 / アサラブーチャ
  • 7月11日(火)入安居 / カオパンサー
  • 10月5日(木)出安居 / オーク・パンサー

日本人が好きな無糖のお茶!

タイのお茶というと、大半の場合が甘い味のものです。日本人にとっては、お茶は甘くない味がいいですよね!

安心してください!タイのコンビニでも無糖のお茶を購入することは可能です!なんと商品は日本で展開している商品と同じもの!これだと安心して購入することができますね。

現地の人から人気の高いインスタント麺類

タイのインスタント麺で一番有名なブランドは、「MAMA(ママー)」です。ローカルレストランなどでもママーヌードルのメニューがあるほど、タイの人にとって馴染みの深いインスタント麺!袋タイプとカップタイプのもの、両方並んでいます。

トムヤンクン味やラーブ味などもあるので、お土産にもおすすめです!

生活雑貨類

コンビニで買えるおすすめお土産品ベスト3

デパートやお土産やさんに行く時間がない方は、コンビニでお土産を購入してみましょう。ばらまき土産から自分用まで種類も豊富に取り揃えられています。時間のある時や空いた時間にぜひ立ち寄ってみましょう。

【3位】インスタント麺MAMA(ママー)のトムヤンクン味

インスタント麺MAMA(ママー)のトムヤンクン味

日本でもタイ料理ブームで人気の高い「トムヤンクン」。お湯を注げば自宅で気軽に食べられるので、お土産としても人気の商品です。価格もお手ごろなので、スーツケースに余裕があればばらまき土産としてもおすすめですよ!

【2位】海苔スナック「タノケーノイ」

海苔スナック「タノケーノイ」

海苔スナックの中でも絶大な人気を誇るブランド「タノケーノイ」。笑顔の不思議なキャラクターが印象的なこのブランドは、タイ国内でも専門ショップができるほどの人気っぷり!

サイズバリエーションも豊富なので、ちょっとしたお土産にも最適です。日本では見かけないスナックの1つなので、お土産にぴったりのスナックですね。

【1位】ご当地限定プリッツ

待ち帰るにもあまりかさばらない人気の高いお土産菓子「ご当地プリッツ」。日本でも地域限定味などがあり、お土産としては定番のアイテムですよね!

タイのご当地プリッツは、トムヤンクン味とラーブ味が人気!辛いのが好きな人はトムヤンクン味、濃いめの味が好きな人はラーブ味がおすすめですよ!価格も安いので、お土産におすすめのお菓子です。

滞在中に使える便利な生活雑貨ベスト3

タイを訪れた際は、日本から色々持ってくるのではなく、現地のものを購入して楽しむのも海外生活や旅行の醍醐味です。1年中暑い国なので、こまめに水分補給をしながらタイでの滞在を思う存分楽しみましょう。

【3位】虫除けグッズ

虫除けグッズ

南国のタイにはつきものなのが、蚊やハエなどの虫。旅行中に蚊に刺されて、手足がずっとかゆい…なんて嫌ですよね!

そんなことにならないようにタイのコンビニで虫除けを購入しておきましょう。クリームタイプとスプレータイプがありますが、手を汚さずに使えるスプレータイプがおすすめです。日本の虫除けよりも効果大ですよ!

ミニボトルもあるので、必要に応じてサイズを選べるのも嬉しいポイントです。

【2位】小袋のキャンディー・スナック

キャンディー・スナック

タイは渋滞の多い国なので、移動時間が予定よりもかかってしまうことも頻繁にあります。そんな時はキャンディーをバッグに携帯しておきましょう

有名なホールズなどのメーカーも色々なフレーバーを展開しています。またスナックも食べ切りサイズの小さなパックも販売しています。ちょっと小腹が空いたときにとっても便利です。

【1位】水などの飲料水

水

タイは平均気温30度と、1年中暑い国です。出かける際は必ずバッグの中に飲み物を携帯しておきましょう。お水はショルダーバッグに入りやすいミニボトルのタイプもあります。熱中症にならないよう、こまめに水分補給をしましょう。

まとめ

現代社会で必要不可欠な存在でもある「コンビニエンスストア」。日本に限らず、タイという異国でも近くにコンビニがあるのはとっても便利です!旅行者にとっても、お土産を買う時間ない…なんて時もコンビニで購入できるのが嬉しいポイント!

スワンナプーム空港にもセブンイレブンがあるので、旅の最後まで楽しめちゃいます!ぜひタイに来たら、セブンイレブンを覗いてみてくださいね!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

初めてのバンコク就職!タイで現地採用として就職・転職してみよう

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

MIKA

投稿者プロフィール

幼い頃から海外旅行が大好きで、将来は海外で働くと決めていた私。タイで生活をはじめて約4年!タイの生活に密着した情報をお届けします。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る