海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外在住歴10年の海外転職のプロが監修・運営しています。

フィリピンで留学!どの留学エージェントを使う?上手に代理店を選択する方法

  • 公開日:
  • 更新日:
フィリピンのビーチ

フィリピン留学をする方の約95%は、エージェントを通して留学されています。ここ数年でエージェントの数も増えてきました。インターネットやInstagramなどのSNSを通じてコンタクトを取り、割引などのプロモーションを活用してお得に留学ができます。

フィリピン留学するなら数あるエージェントの中から、どこを通して留学したらいいのか?ベターなエージェントを選ぶ際の注意点をまとめました。

フィリピン留学するならどの留学エージェントを使う?

ほとんどの留学エージェントは日本にオフィスを構えています。

通常、メールやLINEだけではなく、直接オフィスに行って話を聞くことが可能です。そして多くのオフィスは東京や大阪など、都市部に集中しています。

説明会に参加するための交通費を負担してくれるところ、上限を設けた上で負担してくれるところなど様々です。直接説明を聞きたい方は、事前に確認をしてから参加するようにしましょう。

説明会

留学説明会では、フィリピン留学の概要について聞くことができます。一口にフィリピン留学と言っても、その内容は多岐にわたります。

一度は留学説明会に参加するべき理由

フィリピン留学についてほとんど知識がないのであれば、一度は説明会に参加することをおすすめします。

  • 地域ごとの特性
  • 有名語学学校の全貌
  • フィリピン留学に必要な物

など、一般的な知識を身につけられます。

基本的な知識を身につけた後で、具体的な学校生活・授業内容についての問題解決をしていきましょう。説明会の後に質疑応答の時間があると思います。実際に現地フィリピンで留学または視察見学の経験がある方であれば、具体的な回答をしてくれます。

日本にオフィスを構えている大手の代理店は、現地の状況を知るために定期的に語学学校を訪れています。

対してメールのやり取りのみで語学学校から情報を得ているエージェントもあります。そのため詳しい学校事情や生活面について、具体的な回答が得られないことがあります。

学生生活について詳しい情報を得るために、現地を直接見学しているエージェントを選択してください。学校訪問記などと題してホームページ上に記事を載せ、定期的に更新しているところがベターです。

説明会

私は渡航前、フィリピンについて無知でした。

バナナ畑とビーチが広がっている南国というイメージしかありませんでした。格安で質のいい語学レッスンを受けられると知ってから、フィリピン留学について積極的に調べるようになりました。

日本と電圧が異なるけれど、変圧器を準備する必要があるのか?日本で使っている携帯電話は海外でも使えるのか?インターネットで調べれば調べる程、疑問・不安が募りました。

その都度メールでエージェントとコンタクトを取り、問題解決に向けて忙しく動いていたのを覚えています。

留学エージェントから情報収集

実際に私が留学したフィリピン北部のバギオ市は南国ではありませんでした。山岳地帯で、青い海が広がるリゾーチ地というイメージとはかけ離れていました。朝晩は北海道出身の私でも肌寒く感じるほど気温が下がり、常に長袖が必要でした。

私は多くの学生と同様に、留学エージェントを通して留学しました。渡航前にエージェントの担当者が必要な情報を送ってくれたため、渡航後に大きなパニックに陥ることなく留学を終えられました。

留学エージェントのほとんどは、1顧客に対して1スタッフの担当制です。渡航前はもちろんですが、留学中もメールなどで対応してくれます。レスポンスの早いエージェントであれば、疑問解決も早くなります。

レスポンスの早い留学エージェントを利用しよう

いくつかのエージェントにメールを送り、返ってくる内容に大きな相違がなければ、レスポンスの早いエージェントにお願いするのも1つの手です。

多くの方が気にする留学費用ですが、代理店によって請求額は異なります。この差は、代理店が行っている割引額によるものです。

語学学校毎の料金の差については、寮費でいえば1~6人部屋から選択する中で、多人数の部屋タイプを選択することで安くおさまります。

フィリピンでの主なコース

授業料についてですが、フィリピンでは以下のコースが選択できます。

  • 英語の基礎を学ぶESLコース
  • テスト対策コース(TOEIC、IELTS、TOEFL)
  • ビジネスコース
  • Nativeコース

ESLコースは他のコースタイプに比べて安価です。しかし一口にESLコースと言ってもESL-4や、ESL-8とさまざまです。(ESLの後ろの数字は1日に受ける1:1授業のコマ数を表しています)

もちろん、1日に受講するコマ数が多ければ多いほど、料金も高くなっていきます。(平均ですが、1コマ増やすにあたり1ヶ月で1万円かかります)

ベーシックなコースだと1ヶ月14万円前後が目安

一番ベーシックなコースは「ESL-5の4人部屋」です。1ヶ月およそ14万円前後(寮費、食費、授業料込み)です。

この金額から、各代理店がいくら割引を行うかによって最終的な支払い額は異なります。よく見かけるキャンペーンは「1ヶ月あたり1万円の割引」「留学費用10%オフ」などです。割引は期間限定であったり、卒業後に体験談を提出することが条件となっています。

フィリピンにオフィスを構える留学エージェント

数は少ないですが、現地フィリピンにオフィスを構えるエージェントもあります。現地に滞在しているからこそ、最新かつ豊富な情報を持っていると言えます。また、渡航後に問題が発生しても、フィリピン内で会うことができます。

初めての留学であれば不慣れな生活のため、不安もつきものと思います。そんな時、自分が滞在している場所までエージェントの方が駆けつけて対処してくれると安心ですね。

留学エージェントのオフィス

定期的に学校を見学していると言っても、学校生活について一番詳しい情報を持っているのは、やはり留学した本人です。留学エージェントのホームページには、実際に留学した学生から体験談を募っているところがあります。

形式はいろいろありますが、内容は授業・食事・寮・講師の質・週末の過ごし方・学校の雰囲気などについてのものが多いです。留学前の疑問解消、具体的な環境のイメージをつかむための1つの材料になります。

ホームページに掲載されている写真からイメージを膨らませることはできますが、実際に現地で生活をすると「あれ?」と思うことも出てくるかもしれません。

留学体験談を読んでおこう

このような食い違いを少なくさせるためにも、留学体験談を渡航前にたくさん読んでおくことをおすすめします。

最近ではエージェントの方が語学学校を訪れ、フィリピン人講師や留学生に直接インタビューすることが多々あります。こちらの内容については、各エージェントのホームページに、文書による記事や動画などの形式で掲載されています。

まとめ

フィリピンの夕日

留学と一言にいっても目的は人それぞれです。あなたの留学目的はなんですか?

大学進学・移住のためにIELTSのスコアが欲しい人。日本の大企業に就職するためにTOEICの点数が必要な人。字幕なしでも英語の映画が理解できるようになりたい人。海外の友人とコミュニケーションのためにスピーキング力を伸ばしたい人。

あなたの目的によって、ベストな語学学校は異なります。自分の目的を明確にし、代理店を上手く活用して、渡航前に多くの情報を収集してから留学してください!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

フィリピンで働くには? フィリピンで就職・転職したい日本人向けの仕事と求人の探し方

【フィリピン求人】未経験からでもフィリピンを狙える転職サイトまとめ

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

ページ上部へ戻る