海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

スリランカ旅行で気をつけるべきトラブル・トゥクトゥク編

  • 公開日:
  • 更新日:
スリランカのトゥクトゥク

スリランカは東南アジアの中でも比較的治安の良い国です。しかし、旅行者ならではのトラブルに巻き込まれることも多く注意が必要なのは周辺諸国と変わりません。特に慣れない土地であればなおのことです。

今回は、スリランカ旅行でトウクトゥクに乗る際に気をつけるべきトラブル(注意点)を、事例を交えて紹介致します。

スリランカのトゥクトゥクとは

東南アジア各国でよく使われている三輪タクシーのことです。サムロとも呼ばれるオートバイの後部に座席をつけたような乗り物です。自動車と比べてスピードが遅いため、移動時間はかかりますが、運賃はタクシーより安く気軽に利用することができます。

スリランカでは、市民の足としても利用され、台数も非常に多く便利な乗り物として親しまれています。

料金は交渉制がほとんどですが、首都コロンボではメータートゥクトゥクが普及し始めています。しかし、外国人には割り増しの料金を請求したり、料金を巡る言い争いになったりするため、注意の必要な乗り物と言えます。

トゥクトゥクに乗る前の事前交渉の重要性

トゥクトゥク

事例1:交渉せずにトゥクトゥクに乗ったら、支払いで非常に高い金額を請求された。

トゥクトゥクドライバーと旅行者を巡るトラブルで最も多いのが、交渉のトラブルです。スリランカに来てトゥクトゥクに乗る際の注意点は、乗る前に納得がいくまで交渉することです。

そして重要なのが、交渉が終わるまでは絶対にトゥクトゥクに乗らないことです。トゥクトゥクが発車してからの交渉は、相手が先手に立ち圧倒的に不利になります。必ず、「○○までこの金額で行ってもらう」と約束してから乗り込みましょう。

そして、目的地をしっかり決めて「○○に行ってください!」とドライバーに宣言して伝えるようにしましょう。そうしなければ、色々なツアーや観光地を紹介されて、最終的には高額な料金を請求されます。

不要ならしっかりと断ること

色々と紹介されても、遠慮せずに断ることが大切です。日本人は遠慮して、断りきれずに付いていってしまうことが多いですが、これは絶対にしてはいけないことです。

しっかり断れば、そこまでしつこく言われる事はありません。意志を強く持って、相手にNO!と伝えましょう。

宝石店などには絶対に行かない

宝石店

事例2:高い宝石店などに無理矢理連れて行かれる。

悪質な土産物店や宝石店等に案内し、くず石や粗悪なオーダーの服を作らされるトラブルも多発しています。こちらも、重要なのは遠慮せずに断ることです。

また、それでも無理矢理連れて行かされそうな場合は、近くのカフェやコンビニに行ってもらい、そこで下車し、新しいトゥクトゥクを拾いましょう。

また、目的地が休みといわれて、違う場所に連れて行かれることもあるので、ホームページやガイドブックで施設が営業しているか確認しておくことも重要です。

おつりは準備しておく

トゥクトゥク

事例3:お金を渡したら、おつりがないと言われ、全てとられる。

前準備として大事な事は、お金をできるだけくずしておく事です。例えば500ルピーの運賃を1000ルピーで払うとします。その際悪質なドライバーは、おつりがないから500ルピー返せないと言ってきます。

これは私も実際に体験しました。無理矢理トゥクトゥクドライバーの財布を見ようとしましたが、隠されてできませんでした。結局、おつりがないならお金が払えない!とこちらも強気に出て、無賃で下車しました。

最終的にトゥクトゥクドライバーが諦め、しっかり財布からおつりの500ルピーがでてきました

このようなことが実際にあることを念頭においてお金は事前に崩しておきましょう。

安すぎる条件は疑う

事例4:最初は安い金額を提示されるが、後からどんどん追加料金を請求される。

最初に安すぎる条件、かなりの好条件を示してくるドライバーも要注意です。本当に優しい人はごくわずかです。優しくされても相手を信用するそぶりはとらないようにしましょう。

色々とすすめられて、ツアーをし最終的に高額請求をされるケースが多いです。あくまでも、目的地まで!と割り切って乗車しましょう。

まとめ

不安な方は、宿泊ホテルからタクシーを手配してもらうのが、一番安全で安心な交通手段です。

きちんとしたホテルであればタクシーのナンバーも控えてくれたり、メーターを使ってくれます。海外からの観光客が集まるところにぼったくりタクシー・トゥクトゥクは集まりますので、ホテルから観光地の往復のタクシーを手配すると尚良いでしょう。

スリランカの観光でトゥクトゥクは非常な便利な乗り物ですが、トラブルに巻き込まれないようしっかりと心構えをしておくことが重要です。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
satomi

satomi

投稿者プロフィール

大学時代2年間で15カ国以上旅し、留学先で出会った彼と国際結婚。
今は日本からの遠く離れた、スリランカで、暮らしています

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る