海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

スリランカ国内を快適に移動しよう!スリランカの乗り物ガイド

  • 公開日:
  • 更新日:
スリランカの交通

スリランカに観光に来て一番困るのが、移動手段です。車、バス、電車、トゥクトゥクなどさまざまな乗り物がありますが、どれも時間通りでなく、わかりやすい表示もないので難しいです。

基礎知識がないまま旅に出ると、トラブルに見舞われるケースが多く、旅慣れた人でも手こずります。今回は、スリランカに観光に来る際に知っておきたい、乗り物・交通ガイドについて紹介致します。

スリランカの電車

スリランカにおいて鉄道は便利な乗り物とはいえません。路線網はまだ未発達で、バスを乗り継いでいかなければならない場所が非常に多いです。しかし、長距離で移動したいときや価格を抑えて旅をしたい人には非常に魅力的です。

スリランカの鉄道は全て政府によって運営されており、首都コロンボの中心駅(コロンボ・フォート駅)から国内各地へ放射状に伸びています。どこかへ行くにも、まずコロンボまで来てそこから目的地に向かう手段が一般的です。

車両は1等から3等までありますが、ほとんど2等、3等のみの運行になります。料金が若干違いますが乗り心地はほとんど一緒です。一度2等チケットを買いましたが、3等との変化がわからず、お金を無駄にした気分になりました。

長距離を走る電車の場合は、簡単な食事や飲み物を出す簡易食堂車がつながれていることが多く、そこで軽食を買うことができます。

切符の買い方

窓口に並び購入します。

切符売り場は、等級ごとに売り場がわかれている場合がありますが、小さな駅だと1つしかありません。予約の無い切符は、乗り遅れても同じ行き先なら使うことができます。

スリランカのバス

スリランカのバス

旅行者が最も利用している乗り物がバスです。スリランカのバスの路線は、細かい網目のように発達しており、島の隅々まで行き渡っています。その為、観光客だけではなく、ローカルも頻繁に利用します。

大都市には必ずバスターミナルがあり、そこには周辺都市に向かうものや、長距離運行バスなどに乗り継ぐことができます。

料金の払い方

乗車後に車掌が料金を徴収しに来ます。基本的に1000ルピー以下の細かいお金を用意しておきましょう

行き先を告げれば料金を書いたチケットを渡してくれるので、安心です。この際、旅行者をだますようなこともほとんどありません。あまりにも高いと感じた場合は周りの人に勇気をもって聞いてみましょう。

時刻の調べ方

スリランカのバスは時刻表があってないようなものです。直接バスターミナルに行き確認するか、誰かに助けを求めて片っ端から聞いてあたりましょう。バスターミナルに行けば、どこのバスに乗れば良いか、親切な人が教えてくれます。

スリランカのトゥクトゥク

スリランカのトゥクトゥク

スリランカではメジャーな交通手段、それがトゥクトゥクです。庶民の足としても使われます。

日本でいう安いタクシーのようなものです。首都コロンボでは、メーター制が普及していますが、他の街ではメーター制はなく交渉制になります。料金の相場は1キロ100ルピーほどです。

オススメは料金一律のメーター制ですが、どうしても見つからない場合は交渉になります。

交渉して値段が決まってから乗ること

乗り方は、外国人を見るとトゥクトゥク?と勧誘してくるので、そこで行き先をつげ料金を交渉します。間違っても、料金交渉前に乗らないようにご注意下さい

始めは高い値段を言ってくるので、それに応じず値下げを交渉してみてください。全員が全員悪い人ではありませんが、観光客から少しでも多くのお金を稼ごうと、スリランカ人も必死です。注意しましょう。

スリランカのツーリストカー

スリランカのツーリストカー

運転手付きのレンタカーです。長距離でなおかつ家族づれ、大人数の旅行などにおすすめです。

電車やバスは、団体で行動するにはかなりきついものがあります。多少お金がかかっても、車を一台、ドライバーつきでチャーターすることがおすすめです。

料金は、行き場所などにもよりますが、4人乗りで1日貸切1万円前後でしょう。ガソリン代は基本的に別になります。

無駄な体力を浪費せず、楽に観光できるので、少しお金を払っても価値ある移動手段だと思います。予約は日本でしておくのがオススメです。スリランカ専用の観光サイトなどで予約できるので、旅の前に調べてみて下さい。

まとめ

スリランカにはたくさんの交通手段がありますので、自分の旅に合った方法で上手に乗りこなしましょう。その際には、日本でのリサーチを徹底しておくことをオススメします。

また、公共交通機関を使う場合、ほとんどのキャッシュ払いになります。大きいお金だと、お釣りが無いと断られるケースもありますので、両替の際は細かいお金も入れておくと良いです。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
satomi

satomi

投稿者プロフィール

大学時代2年間で15カ国以上旅し、留学先で出会った彼と国際結婚。
今は日本からの遠く離れた、スリランカで、暮らしています

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る