海外求人サイトGuanxi

ベトナム就職した日本人女性が教える、ベトナムで働く6つの魅力

  • 公開日:
  • 更新日:
ベトナム

この記事を読んでいる人の中には、今は日本で働いているけれどいつか海外就職したいと思っている人が多いと思います。でも、いまいち勇気が出ない、本当にやっていけるか不安、と迷っている人もいるでしょう。

母国以外で働くというのはなかなか勇気がいる上、良いことも悪いこともあります。それでもベトナムで働いている今、私は本当にこの国に来てよかったと思います。

ベトナムの日系企業に現地採用社員として勤務している私から、ベトナムで働くとどんな良いことがあるのかご紹介します。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

ベトナムで働くとワークライフバランスが取れる

ベトナムの建物

海外で働くことのメリットといえば、ワークライフバランスがしっかり取れることが挙げられますが、ベトナムでも例外ではありません。

平日は1日8時間、週5日勤務(週6日の企業もあり)というのは日本と変わりませんが、残業代が高いということもあり、残業させないようにしている企業が多いです。だいたい17〜18時ごろに退勤ラッシュとなります。

私の周りの友人も、現地採用でベトナム企業で働いている人たちはほとんど残業していません。そのため、ベトナムに住んでいると趣味に使える時間が非常に多くなり、毎日とても充実します。

ベトナム人は優しい

ベトナムの国民性といえば、優しい、真面目などが挙げられます。実際、私が出会ったほとんどのベトナム人は優しくフレンドリーです。

西洋人に比べると少しシャイなところもありますが、こちらから話しかければ必ず笑顔で応えてくれます。また、困っているときはすぐに助けてくれ、知らない人でも結構世話を焼いてくれるので有り難いです。

私はこちらに来たばかりの頃、毎朝出勤前に寄っていたコーヒショップの常連さん達にベトナム語を教えてもらっていました。見知らぬ人同士でもそうやって仲良くなれるのがベトナムの良いところです。

ベトナムで働くと英語以外の第3言語を習得できる

語学

ベトナムで仕事をする場合、だいたい英語か日本語を使用することになると思います。しかし、日常生活を送るためにはベトナム語ができた方がいいことは間違いありません。

ここでは語学学校も週2回3ヶ月のレッスンで1万5000円ほどとかなり安いため、ベトナム語を始めるハードルは低いです。日本語を学びたいベトナム人も多いので、教え合うような友達もできやすいです。

英語だけでなくベトナム語もあわせて3ヶ国語マスターできるのも魅力的ですね。

ベトナムは求人が多い

ベトナムには多くの日系企業が進出しているため、日本人向けの求人が多く出ています

特に営業やIT系は多く、日本人相手に交渉や営業を行う仕事が主です。そのほかにも工場、日本語学校、不動産関係なども求人をよく出しています。

英語が必須でない仕事が多いため、求められる英語レベルもそこそこで求人も多いとなると、ベトナムは他の国に比べて割と就職しやすい状況なのではないでしょうか。

ベトナムは生活費が安い

パンと飲み物

ベトナムは何と言っても生活費が安い!

ご飯は1食50〜300円ほど、日用品や服も安く手に入ります。ホーチミンの家賃は少し高めですが、それでも月2〜3万円で部屋を借りている日本人も多く、住居のレベルも十分です。

バイクタクシーは1回乗っても60〜100円程度。通信費も1ヶ月1,000円あれば足りるので、日本で払っていたスマホ代、ネット代はなんだったのだろう……と考えてしまいます。

ちなみに、ホーチミンですき家の牛丼デリバリーは250円程度なので、日本よりも100円ほど安いですね。

ベトナムの街は活気がある

服屋

ベトナム国民の平均年齢は非常に若く、データによってまちまちですが、だいたい29〜30歳ほどではないかとされています。今どんどん経済が発達していることも相まって、ベトナムの街は非常に活気にあふれています。

日本では、道を歩いていても公共交通機関を利用していても見かけるのは高齢の方が多いですが、ベトナムは基本的に若い人ばかり。その雰囲気の違いにはいつも驚かされます。

新しい建物を造るための工事も多く、道がごちゃごちゃしていることも多いですが、これからどんどん発展していくんだなあと感じることができます。

ベトナム人は楽観的で明るい人が多いので、そんな国民性も影響してか国全体が元気いっぱいな感じがして、私は大好きです。

ベトナムは治安がいい

海外で生活するとなると、やはり気になるのが治安ですよね。特に東南アジアとなると、親や友人に「危ないんじゃないの?」と言われることが多いのではないかと思います。

しかし、近隣諸国に比べるとベトナムはかなり治安が良い方です。殺人や強盗は少なく、日本人女性が一人で歩ける国、と言われるほどです。

もちろん、ひったくりやスリは多いのでそこは注意しなければなりませんが、銃もなく凶悪犯罪もほとんど聞きません。日本ほど油断できないのは事実ですが、そこまでナーバスになる必要もないため、非常に暮らしやすいです。

まとめ~住みやすく働きやすい国

ご飯が美味しく、治安も良く、人も良く、活気がある国ベトナム。ここには紹介しきれなかった魅力はまだまだたくさんありますが、一度来てみれば絶対に好きになれる国です!

特に働くことを考えれば、日本よりは確実にストレスが少ないということは自信を持って言えます。

もし少しでも興味があれば、試しに一度ベトナムへ来て生活してみるのもいいかもしれませんよ。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

ベトナムで働くには?ベトナム就職・転職したい日本人向け就職情報まとめ

【ベトナム求人】未経験からでもベトナム就職を狙える転職サイトまとめ

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅倉まみ

投稿者プロフィール

福岡県出身。約1年半日本のIT企業で働いた後、ベトナムのホーチミンへ海外就職。猫派です。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る