海外求人サイトGuanxi

ベトナムの生活費はどれくらい?ホーチミンで働く20代女性の1ヶ月の生活費とは

  • 公開日:
  • 更新日:
ベトナムドン

日本に比べて物価が安いと言われているベトナム。その安さはなんと日本の3分の1ほどなんだとか。観光に行っても、その安さには驚くばかり……。

しかし実際にベトナムで働くとなると、いったいどのくらいのお金があれば生活できるのか気になるところですよね。観光するだけではわからない、実際にベトナムのホーチミンで生活してかかっている生活費をご紹介します。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

ホーチミンではどの程度のレベルの生活ができるのか

ホーチミンのマーケット

ベトナムでの生活は、当然ですがローカルな生活レベルに近ければ近いほど生活費が安くなっていきます。逆に、日本と同じようなレベルの生活をしたいと思えばそこそこお金がかかります。

私の場合は、今のところローカルと日本の生活の間くらいのレベルで生活しています。……と言っても想像しにくいと思うので、まず「ローカルの生活ってどんな感じ?」というところから紹介します。

ローカルの生活

ホーチミンでベトナム人と同じように生活する場合の生活イメージは、

  • 家:ワンルームタイプの部屋を借りるか、シェアハウス
  • 食事:路面にあるようなローカルのお店で食べる
  • 衣類等:外資系デパート等ではなく、マーケット等で買う

という感じになります。

ホーチミンの家賃相場は200〜350USD程度です。日本円でいうとだいたい2〜3万5,000円ほどexpat.comで見てみるとイメージがつきやすいと思いますが、だいたい住居となる部屋のある下の階はお店をやっていることが多いです。

ご飯は、日本のレストランのようなお店ではなく、路面店のようなお店が多くなってきます。多くの場合ドアがなく、暑い上に虫もよく出ます……。

ホーチミンの外資系のデパートには日本の服や化粧品も売っていますが、ローカルに近い生活をしようと思うと衣類や生活用品はベトナム人が行くようなマートやマーケットで買うことになります。

ローカルな生活のイメージはできたでしょうか?では、実際に私の生活の例を見てみましょう。

ホーチミンの家賃

現在の家賃は月550USDです。日本円で6万円ほどですね。部屋のタイプはワンルーム(ベトナムではスタジオルームと呼びます)、キッチン・家具・インターネット付き、洗濯・掃除サービス有りといういわゆるサービスアパートメントです。

正確な広さはわかりませんが、キッチンを抜いて8〜10畳くらいはあるのではないかと思います。ベッドや家具が置いてある部屋の他に、人が一人やっと立てる程度のキッチンと、カウンターのようになっているバルコニーがあります。

不動産屋の紹介と、自分で大家と交渉して内見できた物件は合わせて10軒ほどですが、その中でも家賃が少し高めの物件です。

ホーチミンへ来て一番最初に住む部屋だったので、安全面や大家さんとの意思疎通ができることを重視したため、相場の200〜350USD(≒2万〜3万5,000円程度)と比べると少しお高めになりました。

契約形態によって初期費用や家賃が大きく変わる

私は大家さんとの直接交渉だったので、家賃は550USD、初期費用はデポジットの700USD(≒7万5000円程度)くらいでした。これは3ヶ月契約の料金なので、長期契約だともう少し安くなります。

デポジットは日本の敷金のようなものだと思っていただければ良いのですが、3ヶ月住めば返ってきます。

一般的に不動産屋を介して部屋を契約すると、6ヶ月契約からのところがほとんどです。仲介手数料がかかる上、6ヶ月経つ前に部屋を解約するとデポジット(家賃1ヶ月〜3ヶ月分)が返還されない場合が多いです。

多くの人が6ヶ月経つ前に出たくなったと言っていたこともあり、短期で借りられるところを探して交渉しました。実際に住んでみないとわからないこともあるため、家賃は高くなってしまいましたが、お試しとして短期契約で住んでいます。

ホーチミンでの食費

春巻き

今のところはがっつりローカル店で食べる日と、外資系チェーン店やちょっと良いローカルのお店などで食べる日が半々くらいです。

外食すると

がっつりローカル店で食べる場合は1食3万ドン程度なので、日本円にすると150円程度ですね。ちょっと良いローカル店で5万ドン(≒250円)くらい、外資系チェーンだと10万ドン(≒500円)は超えます。

さらに良いレストランなどに行くと、もう日本とあまり値段は変わらないのではないでしょうか。日系のレストランは日本くらいの価格のところも多いので、あまり行っていません。

今のところ、そんなに高いお店には行かないようにしているので1ヶ月の食費は2万円程度で済んでいますが、たくさん食べる人やよく飲みに行く人はもう少しかかるかもしれません。

飲みに行くなら

飲みに行ってもローカルのお店なら1,500円程度で十分飲み食いできるので、節約したい人はローカルのお店に馴染めるかどうかが重要です。

ローカルのお店に関しては、周りの日本人から「生野菜は食べない方が良い」とよく聞くので食べないようにしていますが、そのお陰か私はまだこちらに来てお腹を壊した経験はありません。

火の通っていなさそうな肉や生野菜を避ければ、それほどお腹を壊すこともないと思います。

ホーチミンの光熱費・通信費

ライト

水道代、インターネット代は家賃に含まれているので無しです。電気代は使った分だけ請求され、月2,500円程度です。

携帯電話に関しては、SIMフリーのスマホを持って行ってベトナムで買ったSIMを入れています。プリペイド式で、残高がなくなったら追加で入金していく形ですが、基本的に家や飲食店にWiFiがあるので月に500〜1,000円くらいで済みます。

ホーチミンで使う生活用品

マグカップ

長期間暮らすとなると、それなりに日常生活用品も購入しなければなりません。私の場合はサービスアパートメントに住んでいるので、家具や食器、タオル、トイレットペーパーの購入は不要です。

シャンプーやボディソープなどの日用品は外資系のお店で買いましたが250円〜500円くらいで、色々揃えて2,000円くらいだったと思います。その他、ドライヤーを買いましたがSONYのシンプルなもので1,500円くらいでした。

私は購入していませんが、ローカルのスーパーではトイレットペーパーが100円程度、食器類は300円くらいです。日用雑貨に関しては、おそらく平均してひと月1,000円もあれば生活用品は十分では無いでしょうか?

服や化粧品は意外にかかるかも?

あとは服ですが、こちらは日本人の感覚でそれなりに気に入った服を買おうと思うと、だいたい1,500〜5,000円くらいはします。正直あまり日本と変わらないかもしれません。ちょっとグレードは落ちてもいいという人は、マーケットで500円くらいで買えます。

私の場合はひと月に2〜3着、マーケットの激安品とローカルブランドのものを買って5,000円ほどです。こちらはオーダーメイドも3,000〜5,000円ほどでできるようなので、オーダーメイドでお気に入りの服を作ってもらって大事に着るという人も多いですね。

化粧品に関しても、私は日本のものや韓国のものをよく買いますがお値段はそれなりにします。現地のものはよくわからないので買ったことがありません…。

ホーチミンでの交際・趣味費

本屋さん

ベトナムに来てから日本ほど仕事が忙しくないので、趣味にお金を使うようになりました。飲みに行くのと旅行に行くのが趣味なので、友人と飲みに行ったり、ちょっと遠くまで足を伸ばしたりした時にはそれなりにお金がかかります。

特に日本居酒屋のような店に行くと、1回の飲み会で3,000円ほどかかることもあります。ベトナム国内の旅行の場合は、一度の旅行で平均して2万円ほど使います。

時間も有り余っているのでよく本を読みますが、日本の本をベトナムで買うとそれなりにするので、1ヶ月で合計3万円くらいは趣味に使うのではないでしょうか。

ホーチミンで1ヶ月にかかるお金(生活費)の合計

1ヶ月の生活費

  • 家賃:60,000円
  • 食費:20,000円
  • 水道・光熱費:5,000円
  • 生活用品(洋服代含む):6,000円
  • 交際・趣味費:30,000円
  • 合計:121,000円

意外に高い!と思われたかもしれませんが、これで日本にいる時とそんなに変わらない生活を送っています。

家に関しては日本より広く綺麗で、クリーニングサービス等もついているため、とても良い環境にありますね。東京で家賃6万円だと結構狭くて築年数も経っているようなワンルームだったので、その点は金額は同じでもかなり改善されています。

ちなみに、ここには入れていませんが、日本の年金に任意加入しているのでそのお金も払っています。

私は家賃、食費、趣味費がちょっと高めですが、とことんローカルの生活をすれば、ここからマイナス3〜5万円は可能だと思います。

まとめ

ベトナムの物価は日本の3分の1ですが、実際に生活してみるとイメージよりも結構かかったりするものです。海外で働きたい方は、月々どの程度お金がかかるかを考えてから就活を始めると良いですよ。

今回は私の例を紹介しましたが、もっと安く暮らしている日本人もいますし、逆にもっとお金をかけている人も多いです。

ベトナムは仕事とプライベートの両立ができるので、日本にいる時よりも趣味や旅行にお金を使うから出費が増えたという人もいます。

自分がベトナムで働いて得たお金を何に使うか、考えてみると楽しいですよ!

ベトナム就職・ベトナム転職をするには

ベトナム就職の状況は絶えず変化しています。今すぐの海外転職を考えていなくても、まずは転職サイトに登録しておくと良いでしょう。

いざ転職したいときに「興味のある求人」に出会えないこともあります。事前に登録し、気になる求人情報をストックしておくことが大事なのです。

こちらに掲載されている求人は待遇もしっかりしているものが多いです。

転職成功者のほとんどが上記サイトを利用しています。

登録したからといって必ずしも転職する必要はありません。いい条件のスカウトが来た時だけ検討するなどして、自分の可能性を広げ、人生をより豊かにしましょう。 

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【ベトナム求人】未経験からでもベトナム就職を狙える転職サイトまとめ

ベトナムで働くには?ベトナム就職・転職したい日本人向け就職情報まとめ

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
浅倉まみ

浅倉まみ

投稿者プロフィール

福岡県出身。約1年半日本のIT企業で働いた後、ベトナムのホーチミンへ海外就職。猫派です。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る