海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

オーストラリア、パースのカフェについてご紹介!おすすめカフェ5選

  • 公開日:
  • 更新日:
カフェ

オーストラリアというと、「海」「カンガルー」「マヌカハニー」など様々なイメージがあると思いますが、「コーヒー」もオーストラリアの文化の1つなんです。仕事前にコーヒーを買うのは当たり前。

大学によっては「コーヒーブレイク」というちょっとした休憩時間があるほど、オーストラリア人には必要不可欠なドリンクの1つです。(ちなみにビールも必要不可欠です!)

今回はオーストラリアのコーヒーに注目し、私がパースで今までに行ったおすすめのカフェもご紹介したいと思います!

コーヒードリンクの名称について

カフェ

日本では「アイスコーヒー」「ホットコーヒー」と呼ばれている冷たいコーヒーと温かいコーヒーもオーストラリアでは違う呼び方に変わります。

日本で言うミルクの入っていないアイスコーヒー・ホットコーヒーは「アイス・ロングブラック」「ロングブラック」と呼ばれます。

注文時の注意

アイスコーヒー(Iced Coffee)といって頼むと牛乳入りのコーヒー+アイスクリーム+ホイップクリームという激甘ドリンクが出てくるので気を付けてくださいね!

ホットコーヒーと言うと「暖かい飲み物」という意味になるので「どの暖かいコーヒーがいい?カプチーノ?ラテ?」と定員さんに尋ねられると思います。ノーマルなブラックコーヒーが飲みたいときは「ロングブラック」とオーダーしてくださいね!

日本では見かけないフラット・ホワイトとは

もう一つ、オーストラリアには日本では見かけないコーヒーの名称があります。それはFlat White(フラット・ホワイト)です!

ラテと聞くと「牛乳が多めなんだなー」カプチーノだと「フワフワなミルクの泡が乗っているんだろうなー」などイメージが湧くかと思いますが、フラット・ホワイト?なんだそれ?と思いますよね!

フラットホワイトとは、ラテよりもコーヒー感が強い・ミルクの量が少ない飲み物のことを言います!こういうことから、ローカルのカフェではグラスの大きさを変えて、フラットホワイトとラテを提供しています。

私が以前働いていたカフェでも、ダイニングのお客様に提供するグラスの大きさはラテ用がフラットホワイトの倍ほどありました。テイクアウトのお客様には、エスプレッソのショット量を変えて提供していました。

オーストラリアに来た際には、ぜひフラットホワイトを試してみてくださいね!

カフェでのオーダーの仕方

カフェ

オーストラリアではコーヒーを自分流にカスタマイズできます。

例えば、すごくアツアツなコーヒーが飲みたい!という時は「温度熱めでお願いします!」と言ったり、通常はカップの淵までミルクを入れるけれども、コーヒー感の強いのが飲みたいから「カップの4分の3までミルクを入れてください!」というように、自分流のわがままオーダーはオーストラリアでは当たり前です。

カスタマイズしてみよう

dash of milk(ダッシュ・オブ・ミルク)というと、ほんのちょっとだけのミルクが入るので、ロングブラックにダッシュミルクでとオーダーすると少しミルクの入ったホットコーヒーになりますよ!

砂糖の量はオーダーする際に聞かれるので「ノンシュガー」「ワンシュガー」「ハーフシュガー」「ワン・アンド・ハーフシュガー」など自分の好みの量をバリスタの方に伝えてくださいね!

お客様がバリスタにリクエストする事が多い、というのがオーストラリアと日本の違いかなと思います。

お金を払っているのはお客様ですからね!当たり前の事だとは思いますが、コーヒーに関しては結構こだわりが強いのがオーストラリア人かと思います。

以前バリスタとして働いていた時、オーダー表に「Hot Hot Hot Hot」と書いてあった時は「あー、熱々のコーヒーが飲みたいんだなー」と思ったり、「ラテ+1ショット」とオーダー表に書いてある時は、「あれ?これはフラットホワイトじゃないの?」と思ったり……

マネージャーに「これってフラットホワイトだよね?」と聞いたら「このお客さんはこうやってオーダーしたいの」と……色々なお客様がいらっしゃいましたね! 

ディカフェと呼ばれる「カフェインレス」コーヒーを提供しているカフェも多くあるので、あまりカフェイン取りたくないけどコーヒー飲みたいなーという時に利用してみてくださいね!

人気のチャイ「PRANA CHAI」とは?

カフェ

私以前「飲料専門家」の先生にドリンクについて色々と教わっていた時期がありまして、その時にチャイというものを知りました。

チャイとはインドから来た飲み物で、ミルクと茶葉とスパイスを煮詰めて作るドリンクのことです。カフェインも入っているので、コーヒーの代わりにもなりますよ!

オーストラリアでチャイは、どのカフェでも販売されているほど人気のある商品です。皆さんも聞いたことがあるかもしれませんが「PRANA CHAI」というオーストラリア発祥のチャイブランドもあるほど!

セイロンティー・オーストラリア産の蜂蜜・様々なスパイスを混ぜ合わせたPRANA CHAIは無添加。保存料・着色料・添加物は一切使用していないそうです!

オーストラリアはアメリカに続く肥満大国第2位ですが、ヘルシー志向の方が多く、PRANA CHAIのような「保存料・添加物」が入っていない商品は人気があるのです!

チャイを飲むとホッとするような、温かいココアを飲んだような気分になるので、仕事で疲れた時、朝の出勤前などにカフェに行って飲んだりしています。

日本でもPRANA CHAIは購入可能ですし、取り扱っているカフェもあると思うので、ぜひホッとする気分を味わってみてください!

パースのおすすめカフェ5選

Bocelli Cafe

Bocelli Cafe

シティのど真ん中に店を構えるBocelli Cafeはパースの老舗。手作りジェラートが人気でいくつかの賞も取っています!

お店は屋外にあります。しかし、屋根の下でブランチやランチ、コーヒーブレイクを楽しめるので雨の日でも大丈夫ですよ!お店は古くからあるような雰囲気。日本の喫茶店に来たような、落ち着く空間です。

「カジュアルなバリスタ」ではなく、イタリア系のかっちりとした風格のあるバリスタの方がコーヒーを作っています。ミルクフォームの舌触りもGOOD!!!いつ行っても美味しいコーヒーがいただけますよ!

コーヒー系フラぺも販売していて、私は「モカフラぺ」を注文してみました。

フラぺと聞くとスターバックスの「フラペチーノ」を思い浮かべてしまい、甘ったるいのかなぁと思いきや、大人なビターな味で最後まで飽きずに飲めました!甘いのが苦手な方にもおすすめできます!

ジェラートは試食可能!どの味にしようか悩んでいる方はぜひ味見してみてくださいね!

Little macha girl

Little macha girl

お店の名前にMatchaと書いてあるので、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが…そうです!このお店は「和」をコンセプトにしたカフェになっています!店内は白と緑で統一されていて、清潔感があります!

Little macha girl

メニューには通常のコーヒーに加えて「ほうじ茶ラテ」「抹茶ラテ」など日本茶を使ったアイテムも販売されています。ケーキやマフィンにも抹茶やほうじ茶が使われている商品がありますよ!

店内は白と緑で統一されていて、天井には折り鶴がぶら下がっています。

Little macha girl

可愛いですよね!

この日、私は「ほうじ茶ラテ」「抹茶マフィン」「抹茶ブラウニー」を買いました!ブラウニーの上には抹茶のチョコレートが乗っていて、少し苦味のある生地に甘いチョコレートがマッチしていて、すごく美味しかったです。

日本人には馴染みのある抹茶やほうじ茶をパースで堪能できるのは嬉しいですね!

CHU BAKERY

CHU BAKERY

シティからバスで10分ほどの所にあるCHUベーカリーはパンとデザートが人気のお店です。テイクアウトオンリーのこじんまりとした店内ですが、多くのお客さんで毎日賑わっています!

インスタグラムで朝からデザートやパンを作っている工程をストーリーで流しているのですが、見る度に「美味しそうだなぁ」と食欲をそそられてしまいます。

また、従業員同士の仲の良さも見られて「いい雰囲気のお店だな!」と行きたくなるような気持にしてくれるのもGOODポイントですね!

クロワッサンが大好きな私は「チョコクロワッサン」「クロワッサン」「ココナッツクロワッサン」の3種類を食べましたが…どれも生地がサクサクで美味しかったです!

ココナッツクロワッサンだけは中にはいっている餡が私には甘すぎて3口でギブアップでしたが…次の日も美味しくいただけました!

公園とカフェ

お店の目の前には大きなパークがあるので、パンやコーヒーをCHU BAKERYで買ってピクニックをするのもいいと思いますよ!

TOASTFACE GRILLAH

(※写真は全て姉妹店の「LiL’ TOSASTFACE」になります)

LiL' TOSASTFACE

このカフェはトーストがすごく美味しいんです!パースで1番美味しいといっても過言ではないと思います!お値段も高くて9ドルとお手頃価格。

「クラシック 5ドル」は私のおすすめです!カリッカリッに焼かれたトーストにチェダーチーズが良く合います!少し小腹が空いた時に丁度良いサイズですよ!

LiL' TOSASTFACE

最近パースバスポート付近に「LIL’ TOASTFACE」という姉妹店もオープンしました!

LiL' TOSASTFACE

2人分ほどのスペースしかないのですが、本店と同じく、美味しいサンドイッチがあり、レギュラーサイズのコーヒー3ドル、ラージサイズのコーヒー4ドルで提供しています。朝の観光前や、学校、仕事前などにぜひ寄ってみてくださいね!

Harvest Boulangerie Patisserie

Harvest Boulangerie Patisserie

ここのベーカリー屋さんは日本人の方が経営されています。従業員の方も日本人なので、日本語で対応してくれますよ!その場で焼かれているパンは地元の方からも愛されていて、行く度お店は多くの人で賑わっています!

ここでも私は大好きな「チョコレートクロワッサン」を買いました!コーヒーを注文した方は、小さいカップケーキが貰えるのですが、このケーキが美味しすぎて…10個入りを買いたいくらいでした!

Harvest Boulangerie Patisserie

場所がスカボロビーチ近くなので、朝食をハーベストで取ってゆっくりしてから海で遊ぶのも良いと思いますよ!

小さいカップケーキ、本当に美味しいのでぜひドリンクも一緒に注文してみてくださいね!

まとめ

パースでは、フィッシュアンドチップ屋さん、アジアンレストラン、マッサージ屋さん、宝くじ屋さんなど、色んな形態のお店でコーヒーが売られています。しかも、どこもちゃんとエスプレッソマシーンを使ってコーヒーを提供してくれるんです!

そんな環境で育ったらコーヒーにうるさくもなりますよね!

パースに来た際には色々な場所でコーヒーを味見して、自分のお気に入りのショップを見つけてみてくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

オーストラリアのシドニーで海外就職!日系企業でも雰囲気はやっぱり外国企業

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る