海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

オーストラリア・シドニーの日系企業に転職!日本の会社らしからぬ雰囲気に戸惑いながらもキャリアアップを目指す

  • 公開日:
  • 更新日:
シドニー

オーストラリア最大の都市、シドニー。ハーバーブリッジや世界文化遺産のオペラハウスなど有名な観光スポットも多く、世界で最も美しい都市の1つと言われています。

また、シドニーは日本人に人気の海外就職先でもあり、実際にシドニーでは多くの日本人が仕事をしています。

シドニーの職場の雰囲気、シドニーの人たちの仕事ぶり、シドニーで働く日本人の休日の過ごし方などはどのようなものなのでしょうか。ここでは、シドニーの日系企業に転職した牧田さんの例をご紹介します。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

オーストラリアでの転職活動

シドニーの日本人対象の日本語新聞(駐在者や長期滞在者、永住者の情報集めの拠りどころ)にある求人欄と、日系の転職サイトJAC Recruitmentを使って仕事を探しました。

気になる求人を絞り込み、面接を受け、採用の連絡を待ちます。このように、応募から採用までの流れは日本と同じです。

私が応募した会社は日系企業だったので、履歴書は日本語で面接官も日本人でした。

日本でも人気就職先上位の企業に一発合格

入社が決まった会社は、日本では新卒者が望む人気企業上位の会社だったにもかかわらず1回の面接で合格をもらい、驚きながらのオーストラリア転職となりました。

オーストラリアの方が日本で人気のある企業に転職しやすいのかもしれません。日本の有名企業に転職したいなら、海外で挑戦するという方法もおすすめです。

オーストラリアの日系企業に転職した理由

オーストラリア

できればオーストラリアの現地企業に転職したく、小麦粉や豆などを扱う商社の面接に行きましたが、経験はさておき、それ以前に英語力の不足を感じました。オーストラリアのローカル企業で働くには「英語力」が必要なのです。

当然のように結果は不採用で、まずは「英語を使って仕事をする経験を積むこと」が必要だと痛感しました。

また、生活費で貯金が消えていく状況があまりに恐ろしく、とにかく何でもいいから仕事を探さなければと必死になっていたところ、日系企業の求人を見つけたのです。

現地企業は次のステップに

それらの理由に加え、「とにかくオーストラリアで仕事がしたい」「シドニーで働きたい」という強い気持ちから、まずは日系企業の現地法人に入社しました。

日系企業で働き英語の勉強をしながら、オーストラリアの現地企業へのキャリアアップを狙っています。

オーストラリアの日系企業へ転職してわかったこと

日系企業の雰囲気は日本の会社らしくない

シドニー

私が働くオーストラリアの日系企業では、皆がリラックスして仕事に取り組んでいます。

と書くとポジティブなようですが、一般的な日本企業のように、仕事に対し責任を持ってまじめに取り組む、またはまじめを装うことがあまり見られず、お互いのミスも笑い合って済ますような空気があります。そのため仕事の精度は下がり、効率も悪いように感じています。

日本人である上司も日本のやり方で進めることに難しさを感じているようで、オーストラリア人の屈託のない笑顔やのんびりした仕事の進め方を曖昧な笑いで眺めています。

日本で仕事経験を積み、オーストラリアで仕事をすると、そのギャップに驚かされます。日系企業であってもオーストラリアであればオーストラリアの雰囲気になるのだと感じました。

オーストラリアは毎日残業なしの「労働者天国」

オーストラリア

オーストラリアには「残業させると給料は○割増し」「休日出勤は給料の○倍」など労働について決められた法律があり、それがしっかりと守られています。

日系企業であってもオーストラリアのルールをないがしろにはできず、定時内で終われるだけの仕事量しか与えられません。仕事内容も非常に楽で、正直これでいいのかなと思うほど。

また、毎日定時で帰れるので仕事の後の予定も立てやすく、プライベートを楽しむ時間は十分にあります

日系企業では日本人とオーストラリア人の仕事量に差がある

日本の会社とのやりとりや、サービス対象者が日本人である場合のやりとりは、日本語ができる日本人に仕事が振られることが多いです。

一方で、オーストラリア人がする仕事は「管理的な仕事」や「会社としての対外的な仕事」のみ。

会社側にしてみれば、オーストラリア人よりも英語がある程度できる日本人の方が使いやすいという結果になり、仕事量に偏りが生じてしまうこともあります。

日本人永住者にとっては、心は半分オーストラリアの国民であるためこういった差はよけいに辛く感じるようで、ストレスを抱えている人も多くいます。

環境が気に入らなければ経験を積んで転職

もちろん企業や業務内容によっても違うため一概には言えませんが、やはり日本人がオーストラリアの日系企業へ転職することには多少の苦労がつきものだと言えます。

ただし、オーストラリアでは日本よりも転職が一般的なので、経験を積んだらより良い仕事環境や給料アップを目指してどんどん転職することが可能です。

オーストラリアで転職した私の休日の過ごし方

オーストラリア

休日は日本人のいない場所に行き、オーストラリア人のように過ごしています。

例えば、ベアトップが当たり前の海岸で思い切って水着の上を取って寝転んでみたり。また、シドニーには広くて素晴らしい公園が多いので、よく散歩をしています。ただし、ひとりでいるとナンパに遭います。

日本人は年齢より若く見られるという噂を証明するように、一度ナンパされたときはかなり年下の子からでした。私は25歳なのに、その男の子は明らかに高校生。シェアメイトの友達には大笑いされました。

オーストラリアで転職するには

転職サイトを利用する

最初にも簡単に紹介しましたが、私はJAC Recruitmentを使い転職活動しました。日系の大手転職エージェントです。基本的な使い方は日本での転職活動時と同様です。

JAC Recruitmentでは慣れない履歴書の作成をサポートしてくれたり、企業情報を共有してくれたりするので、初めての海外転職活動でも安心です。

デメリットは、求人数が限られるところ。やはり転職はタイミングが大事と言われる通り、タイミングが悪いと希望の求人が見つからないこともあります。

海外転職に興味があるならまずは日系の転職サイトに登録し、日頃から求人情報をチェックするのがおすすめです。また、現地のローカルサイトも同時に使い求人を探してみてください。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

履歴書(CV)とカバーレターを作成

オーストラリアでの就職・転職活動には、CVと呼ばれる履歴書と、意気込みをアピールするためのカバーレターが必要です。もちろん、いずれも英語で作成します。

日本のようにひな形を売っているわけではなく、自分で自由に作成しますが、やはり書き方の基本やコツはあります。よく研究し、面接につながりやすい応募書類を準備しましょう。

面接対策をしっかりと

日本語でも緊張する面接、英語だとなおさらです。その緊張感の中で最大限の自己アピールをするためには、事前の対策が肝心となります。

志望動機や職務経験など想定される質問に対する回答を具体的に考え、シミュレーションしましょう。応募した求人広告の内容を読み込み、自己アピールに活用すると効果的です。

また、あいさつや握手の仕方なども練習しておくと安心して面接に臨むことができます。

新卒での就職は可能?

オーストラリアには、日本のような新卒一括採用システムはありません。

新卒者の多くはスタート時は契約社員になることが多いです。そこからスキル、経験など実績を積み上げて正社員になることができます。

まとめ~ギャップはあれどもスキルを磨くことは可能

日本人がオーストラリアで働く場合、多くの人が日系企業の現地法人に転職するという方法を取ります。しかし日系企業とはいえ、働いているのはオーストラリア人がメイン。理想と現実、実際に働いてみるとギャップを感じることはたくさんあります。

日本での転職でも言えることですが、会社とは相性があります。まずは日系企業で働いて英語スキルを磨き、現地企業にも採用されるレベルを目指しましょう。選択肢が広がり、きっと相性の良い会社に出会えるはずです。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る