海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

スイスでスマホを使うには?プリペイドSIMカードの購入方法

  • 公開日:
  • 更新日:
SIMとスマホ

今の時代スマートフォンを持っているのは当たり前、というよりも手放せない存在です。海外という知らない土地だからこそスマートフォンでの情報収集が欠かせません。

海外で日本のスマートフォンを利用するにはWi-Fiか現地のSIMカードが必要です。スイスの駅や空港、お店の中は多くの場合は無料Wi-Fiが利用できます。しかし街中では滅多にありません。

この記事ではスイスでWi-Fiがなくてもスマートフォンを使えるようにするためのプリペイドSIMカードの購入方法を紹介します。

おすすめ海外レンタルWiFi

チューリッヒ空港にて

成田空港からの直行便でたどり着く先、スイス・チューリッヒ国際空港。入国の手続きをすべて終えて空港を出るとすぐに「Airport Center」という文字と鉄道の案内が見えてきます。

このAirport Centerには大きなショッピングエリアと駅が併設されています。

Airport Center

入って右側にSalt、左側にswisscomとSunriseという通信会社のお店があります。スイスで1番大手の会社はswisscomという名前です。次にSunrise、Saltという順です。3つの会社ともこのAirport Centerにあるので好みの会社を選ぶことができます。

※ジュネーブ空港には1つもショップが無いようなので街で購入することになります。

私の場合、swisscomで購入しようと行ってみたらSIMカードが売り切れていて買えませんでした。行った時刻は14時ころだったので遅くはないです。8月だったので旅行客が多く品薄だったのかもしれません。そのため隣にあったSunriseで購入しました。

(ちなみに3つのお店ともam 8:00 ~ pm 9:00まで営業しています)

スイスのSIMカード会社の種類と特徴

スイスに来たことがない人は、どの会社を選べば良いのか全くわからないと思います。ですので簡単にではありますが、上記の3つの会社について説明していきます。

swisscom

日本でいうとドコモ的存在の会社です。特徴もドコモと同様で、スイス国内で最もLTEで繋がる通信可能範囲が広く、山岳リゾートや人里離れた場所へハイキングに行く方には向いています。

販売店の数も一番多く街中でも購入しやすいのですが、デメリットは一番費用が高いところです。

最もメジャーな「NATEL easy smart」というSIMカードを初めに購入する時19.9スイスフランを支払います。そのSIMカードには20スイスフラン分がチャージされています。

通信料は1日に2スイスフランかかるので10日分チャージされていると思ってください。データ通信を使用しなかった日のお金は引かれないので、街の無料Wi-Fiスポットを上手に活用すれば無駄にチャージ額を使うことを防げます。

SIMカードの有効期限は1年なので、それ以上スイスに滞在する時は現地の携帯を購入した方が良さそうです。

Sunrise

スイスではswisscomに次ぐ第2位の通信会社です。Sunriseもswisscom同様、データ通信を使用していなければ自動的にチャージ金額が引き落とされることはありません。

Sunriseの基本プラン「Sunrise Air Bag」というSIMカードは初めに20スイスフランを払います(SIMカード代+20スイスフランのチャージ)。通信料は1日1.2スイスフラン。1日の無料データ通信は20MBで、それ以上使用すると速度が落ちます。

この基本プランにヨーロッパ周遊オプションであったりデータ通信オプションを足していくので、オプションを付けるとなると割高です。

Salt

こちらは3番目に大きな会社です。立ち位置的には日本のソフトバンク。かつてはOrangeという名前だったようです。他社より安い価格なうえデータ通信が無制限で使用できるサービスを提供しています。

Saltの「PrePay」というSIMカードは20スイスフランがチャージされたものが10スイスフランで購入できます。通信料は1日1.99スイスフランで無制限です。

国内外にも電話は可能です。日本に電話をするなら1スイスフランで4分ほど通話できます。電話番号はチャージしていない状態でも6か月間有効です。

Saltは安いですが、swisscomとSunriseのようにデータ通信を使用していない日はチャージが引かれないというシステムはなく、初日から毎日自動的に1.99スイスフランが引かれてしまうので注意が必要です。

スイスでのSIMカードの買い方&使い方

レジ

どこのお店でも購入の際にはパスポートの提示が求められます。SIMカードを利用するには個人情報の入力が必要なようです。お店の人には「プリペイドのSIMカードがほしいです」と伝えれば大丈夫です。スイスは英語が通じるので英語でOKです。

こだわりが無い人や、どのプランが良いかわからない人が多いでしょう。滞在期間を伝えれば店員さんが良いものを選んでくれるはずです。

余裕がある人は月にインターネットをなんGB使いたいか、通話をどの程度するか伝えたらさらに自分に合ったものをすすめてくれると思います。

最近では日本でもSIMフリースマホが流通し始めました。ですが、通常はドコモ、au、ソフトバンクで契約したスマホは「SIMロック」が掛かった状態です。ロックが掛かっていれば海外でせっかくSIMカードを買っても利用することができません。

契約から半年や100日など契約によって違いはありますが、一定期間を過ぎればロックを解除してくれます。

しかし、注意が必要です!それは対応周波数です。通信会社が使用する周波数とスマホの受信可能周波数が異なる場合、SIMカードを挿しても電波を受信することができません。必ず確認をしておいてください。

ロックが初めから掛かっていないSIMフリースマホはそのような手間がかからないのでとても便利です。安いものは1万円以下で購入することができます。

格安SIMフリースマホに抵抗がある人はiPhoneでもロックが掛かっていないものが売っているようなので探してみてください。

SIMカード購入体験談

私はチューリッヒ空港のSunriseで「yallo」というSIMカードを買いました。SIMカードについてほとんど調べずに行ったので店員のお兄さんには「SIMカードがほしいです。1年滞在する予定なんです。」とだけ伝えました。

すると「50スイスフランね」とのことでした。内容はSIMカード代 + 1か月 5GB だったかと思います。

パスポートを渡して個人情報を登録してもらい、スマートフォンに差して設定までしてくれました。お兄さんのおかげで入国してすぐに使えるようになりました。ものの10分くらいです。

最後にPINコードと携帯番号などが書かれたカードを渡されたのですが、これはスマホを再起動する時に必要なので無くさないようにしましょう。

短期滞在では最初さえ乗り越えれば大丈夫ですが、長期の人はSIMカードをチャージしなければなりません。SIMカードを購入してから毎月SMSでお知らせがきます。

チャージしたい時は家の近くの系列のお店(私ならSunrise)に行って、送られてきたメッセージを見せながら「〇スイスフラン分チャージしたいです。」または「〇GB分使えるようにチャージしたいです。」と伝えれば大丈夫です。

yalloのサイトでは自動引き落とし設定やオンラインでチャージもできるようです。いろいろお得なオプションも提示してあるので、じっくり研究してみてください。

私はスイスに来るまではスマホはiPhone 6を使っていました。ですがiPhoneでは6までが海外のSIMカードが使えないらしく、慌てて格安SIMフリースマホを買ってスイスに来ました。おかげで面倒な手続きは無く楽でした。

今は格安のものでも画素数が細かかったり、素早い指紋認証機能や、使用感をandroidっぽくもiPhoneっぽくも設定で変更できたりするので、なめちゃいけないなあと思いました。

まとめ

スマホ

海外に慣れていらっしゃる方はSIMカードを買う時どのようなプランが自分にいいか分かっていらっしゃると思いますが、そうでない方も大勢いますよね。私もその一人です。

この記事はそのようなSIMカードの知識ゼロの方に少しでも、なんとなくでも理解していただけたらいいな、と思って書きました。

スイスはEU圏ではないので、スイス国外へ旅行する時スマホが使えなくなってしまいます。

ですが日本よりも外国が身近にあるのがヨーロッパ。海外データローミングのプランが発達しています。頻繁にスイスから他の国へ行く人はそのようなプランを選択しましょう。

私もまだまだSIMカードについては勉強不足です。ただ一つ言えるとすれば、案外なんとかなるという事です。スイス人は仕事をきっちりこなすので、分からないことがあれば思い切って質問しましょう。丁寧に答えてくれます。

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

海外でインターネット環境を確保しよう

海外での滞在で海外レンタルWiFiがあるとインターネットが使えるので、とーっても助かります。

ネットが使えればスマホで情報を検索したり、LINEで連絡できたり、簡単に海外の写真を投稿できます。SIMフリーのスマホを持っていない場合は海外レンタルWiFiが便利です。

おすすめ海外レンタルWiFi

接続方法も簡単で、パスワードを入力するだけで滞在先の国でスムーズに利用できます!安心の定額プランもあり、料金を抑えて使用できるのです。例えば、1日約600円から利用可能。友人とシェアする使い方もありですね!

あると便利な海外レンタルWiFi、手続きも簡単なので気軽に活用してみましょう!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

スイスで働きたい人必見!スイス就職案内、どんな求人が多い?

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る