海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

スイスへ移住!小さな国際国家スイス生活の5つの魅力

  • 公開日:
スイス

そびえ立つアルプス山脈、美味しいチーズ。スイスについてどんなイメージを皆さんお持ちですか。ヨーロッパにはイギリス、フランス、スペインなど日本人に大変人気の高い観光地があり、スイスはその陰につい隠れてしまいがちです。

しかし、平和的で真面目な国民性を持つ日本人にはぜひスイスに来ていただきたいです!その理由とスイスの魅力を今から存分にご紹介していきます。

スイスへのアクセスのしやすさ

飛行機

この章では日本からスイスへのアクセス、スイスから他のヨーロッパへのアクセスの2点について紹介します。

日本からスイスへのアクセス

日本からスイスへは、成田空港第1ターミナルからスイス最大の都市チューリッヒへ直行便が毎日1本運航しています。所要時間は12時間30分前後。価格は季節によって変動しますが、夏は20万円前後、冬は7万円前後となっています。

そして、到着するチューリッヒ空港からチューリッヒ市内へは電車で10分程度とアクセスがとても良いです。長時間のフライトは非常に疲れるので、空港の立地の良さは重要なファクトです。

スイスから他のヨーロッパ諸国へのアクセス

スイスから他のヨーロッパ諸国へ行くにはチューリッヒ空港、ジュネーブ空港、バーゼル空港が利用できます。

easy jetやライアン航空、ブエリング航空などたくさんの格安航空会社が利用できるので、時期によっては往復2千円台でロンドンなどに行くことだってできます。

そしてヨーロッパならではのバスや電車を使った陸移動でも、外国へ行くことができます。旅行のチケットを取る際には「skyscanner」と「GOEURO」の2つのアプリがおすすめです。

スイスの過ごしやすい気候

スイスの自然

ツェルマットやモンブラン、アイガーなど世界有数の山々に囲まれたスイス。「どうせ寒いんでしょ?」「雪がすごく降りそう」という ”冬=極寒・豪雪の地” という印象が少なからずあるでしょう。

しかし、私の住むスイスの首都ベルンでは、雪が降る日は多くはなく、長靴を履いて雪かきが必要なんてことはありません。気温は冬でも日中太陽が出ている時間帯であれば氷点下になることは稀です。

冷え込むのは朝と夜ですが、建物の構造が日本とは異なり、温かい空気を常に感じることができます。家の中であれば半袖で過ごせる人もいるくらいです。夏は日本のようにじめっと蒸し暑いわけではなく、からっと晴れてむしろ清々しいです。

降水量についても問題ありません。ヨーロッパの気候は青空が見える晴れた日が少ないとしばしば言われていますが、スイスは雲一つない晴れの日がたくさんあります

日本の様なザーッと降る雨は少なく、小雨が多いので、街ゆく人は雨が降ろうと雪が降ろうと小さな折り畳み傘で済ませてしまいます。傘をささずに歩く強者も街にはたくさんいます。

スイスの治安の良さ

スイスはずばりとても治安の良い国です。日本もこのように言われることが度々ありますが、実際に住んでみてスイスの方が安全なのではないかと思うほどです。

現在ヨーロッパはテロや難民移住問題に直面しています。しかし永世中立国であるスイスには貧しい移民が流れてくることが少ないようです。

スイスのお隣の国、フランスやイタリアでは移民が多く、アジア人を狙ったスリやぼったくりが多発しています。そして街ではホームレスの姿をよく見かけます。

このような事件はスイスでは滅多に起きません。スイス人は生真面目で個人主義的なところがあるので、危ない事件や他人への関心が少ないのかもしれません。

安全な環境に慣れている日本人にとっては、同じく安全なスイスの生活が抵抗なく過ごしやすいと思います。

スイスクオリティ

ここではスイスの特産品についてご紹介していきます。

アーミーナイフ

アーミーナイフ

アーミーナイフはこれ一つで栓抜き・はさみ・ナイフ・缶切りなど多様な機能を持ちます。一般に売られているものは、スイス軍隊が使用していたものが日常使いにリメイクされています。

ハイキングやアウトドアを楽しむことができるので、スイスでは一つ持っていると便利でしょう。

時計

時計

スイスといえば時計が有名です。スイス生まれの時計ブランドには「ロレックス」「オメガ」「スウォッチ」「フランクミュラー」など、挙げていたらきりがありません。

スイスで時計産業が盛んな理由は、16世紀にヨーロッパで行われた宗教弾圧の影響や、精密機器を作るにはキレイな空気と水が必要だからなどの理由があるようです。スイスで人生の記念となる1本を買ってみてはどうですか。

オルゴール

オルゴール

透き通った繊細な音を奏でるオルゴールもスイスの特産品です。一言にオルゴールと言っても、お土産に最適な数千円のものから、数百万円もする芸術品まであります。専門店によっては曲とケースを自由にカスタマイズできるそうです。

刺繡製品

刺繡製品

アルプス山脈が近い地方の冬は雪で閉ざされる事があるため、刺繍やレース編みの文化が栄えました。ハンカチやコースター、小物入れはお土産にぴったりです。ただし、最近は中国製の物が出回っているので注意が必要です。

メリハリのあるスイス人

スイスの犬のオブジェ

スイス人の過ごし方を知る前に、まずはスイス人とはどういう人達なのかお伝えします。

スイス人は自身で「時間にとても厳しい」と言います。その言葉通り電車やバスの交通機関が遅れることはほぼないです。学校の授業も開始時間ぴったりに始まります。

日本ではこれが当たり前の事ですが、ブラジルやポルトガルなど、他の国出身の先生の授業はいつも10分遅れです。国が違えば文化が違います。異文化は時にストレスを感じるため、そういった意味でスイスと日本の共通点がある事は重要です。

さて、こんな生真面目なスイス人の1日を大まかに紹介します。

まず、朝が早いです。日本なら朝のラッシュは8~9時といったところでしょうか。一方スイスは、7時台が非常に混んでおり8時を過ぎれば少し落ち着いてきます。

ランチタイムは11~13時の間です。小学生~高校生は昼ご飯を家で食べる習慣があるので、学校から一度帰宅して再び学校へ向かうという感じです。

そして、帰りのラッシュは16時半~18時前までです。朝が早いだけあって夕方から夜の早い時間にかけて帰路に着くようです。部活動や残業が普通にある日本人には、早く家に帰れる事は羨ましいですよね。

ちなみにスーパーや洋服のお店も19時には閉まっている場合が多いので、買い物を早く済ませる必要があります。

日曜日はキリスト教徒であるスイス人にとっては全てが休みです。仕事も学校も休み。なんとお店も休みです。みんなが家で家族団らんをする日となっています。

日曜日だけでなくとも、スイス人は日本人よりも家族と過ごす時間を多く持っているように思えます。

常にせかせかしている日本の生活とは違い、働くときは働く、そして家族との時間を大事にするときはする、というようにメリハリがあってとても良いなと私は思います。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。スイスでの生活が想像できましたか。

簡潔にまとめるとスイスは「海外への旅行が手軽にできる立地」「恵まれた気候と雄大な自然」そして「真面目で家族との時間を大切にする人々」といった感じです。

日々何かに追われるような日本人とは違い、スイスではどこか余裕があり落ち着いた生活が送れるかもしれません。スイスに興味が沸いた方、ぜひこの際に一度スイスへいらしてみてはどうですか。きっとスイスに住み続けたくなってしまいますよ。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

スイスで働きたい人必見!スイス就職案内、どんな求人が多い?

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る