海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

オーストラリアでこんな人に会ったら気をつけて!自分の身は自分で守る

  • 公開日:
  • 更新日:
ミステリーパーソン

外国に行くと危険なこともたくさんあります。騙されてしまった、金品を取られてしまったという話もよく聞きます。これは他人事ではなく、明日あなたの身にふりかかる可能性もあります。

海外に行けば、自分の身は自分で守らないと誰も守ってくれる人はいません。しかしどのようにして自分の身を守れば良いのでしょうか?ここでは注意したほうが良いオーストラリア人について解説します。

靴はどこ?裸足のオーストラリア人

オーストラリアのビーチ

日本人であれば、外に行くときは靴を履くことが普通です。しかし、オーストラリアでは靴を履かずに外を歩く人も時々見かけます。

そういう人はだいたい身なりも綺麗ではなく、少しヨレヨレしたような服を着ています。かといって、ホームレスではありません。そしてタバコを吸っているアジア人に近づき「タバコを1本くれ」と言ってくることが多いです。

オーストラリアのタバコは日本よりとても値段が高く、1箱25本入りで日本円2,000円程度します。なので、オーストラリア人は自分であまりタバコを買いたがらず、何も知らない親切そうなアジア人に向かってねだってきます。

しつこい人は「タバコを一口くれ」とも言ってきます。こういう人はドラッグをやっている可能性もあり、タバコや服にお金を使いたがらない傾向にあるそうです。

なのでタバコの箱などは鞄に入れて、他人に見せないようにしましょう。「これが最後の1本だから、あげることはできない。」などの理由をつけてきちんと断ってください。

もしかしたら危険なこともあるかもしれないので、そもそもあまり人通りがないところで、タバコを吸うのはやめた方が良いかもしれません。

田舎のバックパッカー用の宿周辺をうろつくオーストラリア人

ファームの仕事をするアジア人は、バックパッカー用の宿やシェアハウスに住む人が多いと思います。そのような地域に住んでいるローカル人は、ここに来ているアジア人はファームの仕事目的で住んでいるということを知っています。

なので大体早朝に出て、昼間に戻ってきて、夜は早くに寝るという生活スタイルであるということまで推測しています。そうするとその仕事に出ている時間は人があまり居ない=侵入しやすい、となります。

なので普段から宿泊施設付近を変な人がウロウロしている場合は、侵入して窃盗するチャンスを伺っているのかもしれません。

シティなどのシェアハウスであれば、住んでいる人によって仕事時間や生活スタイルが異なるので、比較的侵入することは難しいでしょう。

しかしアジア人という理由で狙われることもあります。なので普段からしっかり施錠をしないといけませんし、その宿泊施設に監視カメラなどがきちんと設置されているかも確認することが大切です。

田舎街の若者には要注意!

オーストラリアの道路

田舎街に住む若者にも注意した方が良いかもしれません。先ほどお伝えしたように、ローカルの人は田舎に住んでいるアジア人の生活スタイルをだいたい把握しています。

若者と言えば、珍しいものが好きですよね。誰も持っていないデザインの服であったり、ブランドの靴に興味があるようです。

オーストラリアは特に田舎であれば大型ショッピングモールがなく、オシャレな服やデザインはあまり見かけません。なのでアジア人が多く滞在しているバックパッカー用の宿やシェアハウスは狙われやすいと言えます。

一晩外に服を干しておくだけで、翌朝なくなっていることもあります。監視カメラを見ると、10代の若者が盗んでいたということもあります。若者といえども悪いことを考えている人は少なくないので要注意です。

盗られたくないのであれば、一晩を越して服や靴を出しっ放しにしないことは絶対条件です。

自分の住んでいる宿泊施設の周りに若いオーストラリア人がウロウロしていたら、自分の身の回りに気をつけましょう。

Facebookの家電製品には気をつけろ!

洗濯機

Facebookで家電製品や日用品が売られています。ホリデーや旅行で来た人であればこのような大型家電製品は買わないかもしれませんが、携帯や炊飯器などの小型製品は買う機会があるかもしれません。

これらは、買ったその場でで正常に動くか確認しないと、売られた製品はもしかしたら壊れているものかもしれません。

その商品の説明書きはきちんと読みましょう。例えば、冷蔵庫であれば「冷蔵部分は正常に動きますが、冷凍部分は壊れています。」と信じられない説明文があることもあります。書いてくれていたらまだ親切です。

私は、Facebookのページで日本円で約3万円の洗濯機を購入しました。しかし家に持って帰ったら壊れていました

大型製品は、家に持って帰らないと確認できないものもありますよね。

でも売り手は「壊れたものは売っていない。これまではきちんと作動していた。」の一点張りです。これらの売買は個人でもやりとりなので、きちんとした領収書などもありません。

私からしたら騙されたような気分です。しかし、そもそも中古なのでもちろん壊れる可能性もあることから、泣き寝入りをしてしまいました。

なので大型の家電製品であれば知り合いから譲り受けた方が良いかもしれません。またきちんと動くか確認できるのであれば、その場で確認した方が良いでしょう。

Facebookに参加した日付けが最近?

facebook

Facebookが一般的になったのは10年ほど前だと思います。しかし、登録された日付けが最近であれば怪しいです。もしかしたら、いくつかのアカウントを保持している可能性があります。

英語を学びたいからオーストラリア人と知り合いになりたいのも分かります。そんなときに突然メッセンジャーでメールが来ることがあります。「オーストラリア人と友だちになれる!」と浮かれず、きちんとプロフィールを確認しましょう。

知らない人とはあまり交流を深めないことをおすすめします。もちろん悪い人ばかりではないと思いますが、例えばFacebookに参加したのが最近の日付けで、写真も人物のものではない、友人関係も分からない、という人はやめましょう。

あなたが女性であれば特に注意が必要です。アカウントを複数持っていて、複数の女性に声をかけるためだけのアカウントを持っている人も存在します。

そういう人は偽アカウントを使って、卑猥なことを言ってくることもあります。迷わずにブロックし、絶対に会ってはダメです。

また自分のFacebookのアカウントの詳細を、他人から見ることができないように設定することをおすすめします。

Facebookはいまや海外交流が簡単にできるSNSですが、偽りのアカウントを作ることも簡単です。全ての人を信用しないようにしましょう。

まとめ

オーストラリアのビーチ

オーストラリア人はフレンドリーで話好きと言われていますが、やはり外国であって日本ではありません。一見親切そうに見える人と知り合いになったとしても、貴方とその人は知り合ってまだ間もないです。

外国で知り合った人をすぐに信用するべきではありません。アジア人だと英語もまだ苦手な人が多く、いずれは母国に帰ってしまう人も多いと思います。

何か被害に遭ったときに警察に行くのも「英語できちんと伝えることができるか不安」という理由から、結局何もしない人もいます。

騙そうとしている人やアジア人から何かを盗もうとする人は、そういうこともすべて視野に入れています。なのできちんと上記を踏まえた上で、自分の身は自分でしっかり守るようにしましょう。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

maimai

投稿者プロフィール

就労ビザ保有。オーストラリアのバンダバーグ在住

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る