海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

フィリピン・セブ島でのチップってどうやって払うの?チップが必要な時とは?

  • 公開日:
  • 更新日:
フィリピンでのチップ

近年、留学や旅行で大人気のフィリピン・セブ島。

日本人の観光客や留学生も年々増えているようです。ふらっとお店で食事をした後に支払いをしたあなた、そこで「チップ」は必要なのでしょうか。

日本にはない「チップ」文化ですが、フィリピンではどのようになっているのか事前に知っておきたいですよね!

一言でいうと、フィリピンにはチップ文化はありません。チップを必ず渡さないといけないわけではありません。しかし、シチュエーションごとで全くないというわけではありません。

そこで、今回はフィリピンでのチップについてご紹介します。

ホテルの場合

ホテルでのチップ

旅行者の方は必ずホテルに泊まるでしょう。

特に日本人は、物価の安いフィリピンではB&Bなどに素泊まりするというよりも、5つ星ないしは4つ星などのリゾートホテルに滞在する人が多いです。

その場合、チップは必要なのでしょうか?また、いつチップを払えばいいのでしょうか?

チップはサービスに対して感謝の気持ちを表現するために渡せば大丈夫です。例えば、部屋まで荷物を運んでもらったので30ペソ、ルームサービスを持ってきてくれたら20ペソなどという具合に渡す程度で構いません。

部屋掃除の担当者に顔を合わせたときに渡したり、チェックアウトの際にベッドのそばに置いておいたりするのもスマートでいいでしょう。

ジンベイザメ
アイランドホッピング

レストランの場合

レストランでのチップ

レストランではほとんどのお店で料金の10~15パーセントのチップを払うことになっています。お店によっては請求額の中にサービス料金が含まれています。その場合はチップは必要ありません。

そのため、請求書を確認するようにしてください。料金に含まれていれば個別に払う必要はありませんし、クレジットカードでまとめて支払うこともできます。

食事料金にサービス料金が含まれていない場合はスタッフに直接渡すか、またはテーブルなどにそっと置いておくといいでしょう。

タクシーの場合

土地に慣れない日本人観光客にとって一番重要となる交通機関はタクシーです。

タクシーは、サービス料金としてチップを払うことがほとんどです。観光客を狙って料金を上乗せしてくるドライバーがいますが、その場合は支払う必要はありません。

しかし、基本的には日本と同じでメーターに料金が表示されます。そのため、その料金に+α支払えば大丈夫です。

一番多い方法は、90ペソの料金に対して100ペソ渡して「keep your change(おつりは取っておいて)」と言うやり方です。これだとスムーズにやりとりができます。

こういう簡単な英語も覚えておくと、タクシーに乗る時にとても便利です。

関連記事:失敗しない!セブ島の交通機関の料金と利用方法(タクシー、トライシクルとジプシー)

カフェの場合

カフェでのチップ

カフェではチップを払うことはありません。有名なチェーン店スターバックスやコーヒービーンズなどでは、日本と同じようにオーダーした商品の会計だけで構いません。

ローカル店のカフェも同じです。お店によってはだいたいレジの横にチップボックスが置いてあります。もし、サービスが気に入ったりした場合は、そちらに気持ちだけ支払うことができます。

マッサージの場合

マッサージでのチップ

フィリピンではマッサージがとても安いです。1時間のマッサージが150ペソ(約336円)、オイルマッサージでも150ペソ(約560円)です。そのため、多くの人が気軽に利用しています。

マッサージのお店の場合は1人に1人施術者が付きます。会計はお店のフロントでしますが、施術終了後、担当者はチップを待っています。といってもチップはあくまでサービス料金のため、驚いて100ペソなどを払う必要はありません。

こちらも20〜30ペソ(約44円〜67円)程度お渡しすればよいでしょう。チップを多く渡しすぎても特別いいサービスをしてくれるわけではないので、覚えておいてくださいね!

まとめ

シチュエーション別でチップの必要な状況をご紹介しました。スーパーマーケットやファーストフード店、ジュース屋さんなど普段生活をしている中では、決してチップは必要ありません。

地元の人たちが集まるようなローカルショップや屋台なども同様です。状況に応じたスマートなチップの支払い方を覚えてくださいね!小銭を持ち歩いているとチップの支払いにとても便利ですよ。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る