海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

必見!海外で働くために自分をアピールできる英文履歴書の書き方

  • 公開日:
  • 更新日:
キーボード

海外で働きたいと思っているものの、何から準備すればいいのか悩んでしまっている人も多いかと思います。

海外で働くには共通言語である英語が大切だからと英語の勉強をまず取り組む傾向にありますが、実は履歴書が大変重要であることをうっかり忘れがちです。

履歴書は日本語版のものでなく英語の履歴書を用意する必要があるため十分時間をかけることが大切です。またせっかく作るのですから採用側の目にとまるような内容にしたいものです。

ここでは英語圏の海外で働くために自分をアピールできる履歴書の書き方をご紹介します。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

日本の履歴書と英文履歴書の違い

履歴書

日本の履歴書と英文履歴書の違いですが、まず気をつけたいのは英文は最新の事項から書いていくということです。日本の履歴書は過去から現在という流れで書くと思いますが、英文は逆ですので注意が必要です。

また生年月日や性別などは一般的に書くことはありません。家族の有無も求められることはありません。これは海外では年齢や性別を聞くことによって差別と捉えられることもあるので履歴書には求められません。

学歴も大学や大学院は書くことが一般的ですが、それ以外の高校や中学まで遡って書く必要はないです。

英文履歴書に書く内容は

履歴書

英文履歴書に書く内容で一番大切なことは、これまでの職務についてです。会社名や役職を書くだけでなく、自分自身が何をしていたのか、どれだけの部下がいてどのようなプロジェクトに参加していたかなど、かなり詳細に記載するといいでしょう。

外資系企業や日系企業でも現地採用の場合は、日本企業のように転職の回数などは気にしません。逆に転職をしてステップアップしていることが分かるように記載する方が、キャリアアップしていると評価されるでしょう。

どのようにアピールすればいい?

会議室

履歴書はどの人が見てもわかるような表現や記載をする方が望ましいです。よって、できるだけこれまでの実績を客観的に判断できる数値を織り込んで表現するといいでしょう。

例えば所属長であったのであれば部下の人数、営業部門であれば年間売り上げ、プロジェクトマネジャーであればプロジェクトの総額、管理部門であれば総額いくらの経費削減を実現したかなどを引用すると説得力があります。

また日系企業に応募するのであれば、日本人としての仕事の対応ができることをうまく履歴書に表現しましょう。

例えば日本からの駐在員と一緒に本社との会議に対応できることや、本社から求められる日本語の書類作成や報告書をまとめることができるなどです。

外国人には難しい日本向けの仕事の対応ができるということは日系企業にとっては大きなアピールポイントになります。

資格は書いた方がいい?

オフィス

さまざまな人種がいる海外で人材評価の目安になるのは資格です。資格を持っているのであれば、どのようなものでもいいのでできるだけ記載することをお勧めします。

日本にしかない資格であっても、書くことが望ましいでしょう。面接の際にその資格の話題になることもあります。

資格ではないマイクロソフトのワード、エクセルのレベルや使用できる言語についても記載しましょう。英語は得意ではないということで書かない人も多いのですが、海外で働くには英語は必須ですのでそのレベルを記載しておきましょう。

また自分自身の専門分野の仕事をする際に利用したことのあるソフトウェアも記載しておくと面接の際に話が弾みます。

例えば会計ソフトではどういうものを利用した経験があるか書いておくと、採用先の企業もどの程度のスキルを持っているのか判断しやすくなります。

面接の際の注意事項

窓の外の風景

履歴書をもとに面接は行われます。面接でのアピールの方法としては、これまでの自分自身の経験と新たな仕事の共通点をできるだけポジティブに説明しましょう。

海外の企業は社員を育てようという観点で採用するよりも、即戦力を求める傾向にあります。これまでの職歴がすぐに生かせるということを強調すると、採用側もプラスにとらえます。

面接では給与などの条件面についても確認されることがあります。すでに募集要綱に金額などが表記されている場合もありますが、確認されたときは希望を伝えるようにしましょう。

オファーレターでも確認&交渉

面接をクリアすると通常オファーレターが届きます。

これには条件面を詳細に確認してから、サインをするように注意しましょう。通勤車のガソリン代や手当などの細かい部分もオファーレターの段階で交渉します。一旦オファーレターにサインした後、条件を変えるということは難しくなります。

また、評価時期が年に1回か2回ありその際に雇用条件を見直す機会がありますが、オファーレターの内容をベースに行いますので最初が肝心になります。

まとめ

パソコン

海外で働くために自分をアピールできる英文履歴書の書き方をご紹介しましたが、英語で履歴書を書くには時間がかかりますので、こまめに更新するようにしましょう。

転職の面接は急に決まったりすることもよくあり、それから履歴書を作成しているとタイミングを逃してしまうことがあります。

また履歴書をこまめに更新していることで今までの自分自身の仕事の振り返りができ、いざ面接が急に決まった時でもこれまでの職歴が自然と頭に入っていて慌てることがありません

この記事を参考に、自分をアピールできる履歴書を日頃から意識して作成してみてください。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【最新版2019年】海外転職におすすめの転職サイト・転職エージェントまとめ

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

tmk

投稿者プロフィール

アメリカ在住。米国カリフォルニア州サンフランシスコ、英国ロンドン、米国ハワイ州にて経理、財務、総務の仕事経験あり。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る