海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

大学を中退してイタリアへ修業!私がイタリアで料理人として働き始めた理由

  • 公開日:
イタリア

私は元々調理師学校に行っていたわけでもなく、普通の大学生でした。しかし元々料理が好きで、小さい頃から料理人になりたかったこともあり、大学に行きながら厨房のバイトを始めました。

さらに高校の頃から海外に留学することを夢見ていた私は、大好きな料理をやりながら海外に行く手段は無いのかと考え始め、大学を中退してイタリアに料理修行に行くという選択をしました。

これは大学時代お世話になった教授の後押しもあっての決断でした。

大学入学後、たい焼き屋でバイト

桜

高校卒業後、私は都内の大学に入学しました。高校の頃から日本を出たいと考えていたので、私の目標は大学を橋渡しにして海外に留学をすることでした。

私は大学入学後、たい焼き屋でバイトを始めました。そして私がバイトを始めて2週間ほど経った時、急きょ店長が別の人と交代することになりました。これが私の運命を変える出来事になるとは想像もしていませんでした。

店長と将来の夢について語る

あるとき私は新しい店長と将来の夢について話をしていました。私は小学校の頃から料理人になりたかったのですが、進学校に通っていたこともあり、現実を突きつけられ料理人の夢を諦めていました。

そのことを店長に伝えると、「レストランで働いている知り合いがいるから、バイトできないか聞いてみようか?」とまさかの返事が返ってきました。

冗談で言っていると思ったので、私は適当に「よろしくお願いします」と言って苦笑いをしたのを今でも覚えています。

それから数日後、店長は本当にその知り合いに連絡してくださり、私はレストランに面接に行くことになりました。

面接では自分で作った料理の写真などを見てもらい、自分がいかに料理をやりたいかを伝えた結果、見事そこでバイトを始めることができました。

初めて料理の世界に触れる

ナイフとフォーク

正社員ではなくバイトとしてでしたが、私にとって初めての厨房は新鮮なものでした。まず包丁の使い方、包丁を使うときの立ち位置、まな板の使い方から指導されました。

自炊はよくやっていたのですが、いかに自分が料理のことを何も知らなかったかを思い知らされました。

先輩達に怒られてばかりの毎日でしたが、このような環境で毎日過ごすにつれて、私の中でどんどん料理人になりたいという思いが強くなっていったのです。

決断のとき

そうして毎日厨房のバイトをしていた結果、気付いたら大学には行かなくなっていました。ですが学費を出してもらっている親のことも考え、ここで1度人生の大きな選択をしなければならないと覚悟しました。

大学入学前から留学をしたかったが、今のままバイトをしていたら単位が足りずに留学はできない。しかし大学に行くとなると、料理の道をまた諦めることになる。

世間一般の人間なら大学に行くことを選ぶでしょう。ですが私は、このまま大学に行くよりも料理の道に進みたいと思いました。

さらには海外に行くことも諦めたくない、そんな私が選びとったのは、イタリアに料理修行に行くという、あまりに突拍子もない回答でした。

イタリアの料理学校入学

イタリアの建物

イタリアで生活する方法は2通りあります。まず一つ目は向こうの学校に入学して学生ビザを取る。もう一つは就労ビザを取って向こうで就職する。

ですが、今の時代、イタリアで就労ビザを取るのはなかなか難しく、ほとんどの人がとりあえず学生ビザを取り、向こうで仕事を見つけ、その後、就労ビザに切り替えるパターンが多いです。

私はイタリアの料理学校に入学して学生ビザを取得し、インターンシップを利用して、向こうで料理修行をするような計画を立てました。

いざイタリアへ

そして忘れもしない、2017年1月、私はイタリアでの修行生活をスタートさせたのです。

まずイタリアに着いてからは、警察署や市役所を回って必要な書類を提出し、滞在許可証の作成の申請をしました。滞在許可証は日本でいうマイナンバーのようなもので、イタリアで生活する場合ビザよりも重要なものとなります。

イタリアでの理想と現実のギャップ(生活編)

イタリア

イタリア生活を始めた上で何より問題となったのは言語。私は英語は話せたのですが、それでもやはりイタリア語が話せないというのは、大きな障害になりました。

正直日本にいた時は、最悪英語でどうにかなるだろうと高をくくっていたのですが、そんなことはありません。イタリア人達は、ほとんどがイタリア語で話しかけてきます。英語もイタリア語訛りなので、何を言っているのかほとんど理解できません。

学校に行っている2ヶ月の間は特に問題はなかったのですが、大変なのはその後。家も仕事も自分で探さねばならず、イタリア語を習得するのは必須でした。

イタリア語習得のためバー通い

私はとにかく勉強するよりも実践で覚えようと思い、暇さえあればBarに通いイタリア人たちと話をしてイタリア語を覚えました

私は学校が終わってからの2ヶ月の間、トラブルが立て続けに起こり、家と仕事がありませんでした。その間の引越し回数は合計で24回。

お金も日に日になくなり、公園やマクドナルドで寝たりもしました。周りは誰も助けてくれず、自分の力でどうにかするしかありません。

しかし、このようなギリギリの経験をしたからこそ、私はイタリア語をすぐに習得できたのかもしれません。

その後私は無事に家と仕事を見つけることができましたが、これは実際に現地で仕事をしようとしたからこそできた、留学するだけでは経験できない貴重な体験だといえるでしょう。

イタリアでの理想と現実のギャップ(仕事編)

包丁

私は2ヶ月の住所不定無職を経験した後、フィレンツェにあるフェラガモグループの五ツ星ホテルのレストランで働くことになりました。

日本ではバイトの経験しかなく、イタリア語がちゃんと話せる訳でもない。その状態で星付きのレストランに飛び込むのは無謀でしたが、やってダメだったらそのとき考えようと思い、そこで最初の社会人生活をスタートさせました。

料理修行スタート

最初は本当に苦労しました。何を指示されているのかわからない、何を怒られているのかもわからないという言葉の問題。

聞きたいこともあるのに、どう聞けばよいのかもわからない。やらなきゃいけないことがわかっても、今度は技術が追いつかず失敗やミスばかり。

何度も挫折しかけましたが、それでも諦めずに一生懸命仕事をしました。そうしたら同僚達も私に心を開いてくれるようになり、レストランにもどんどん馴染むことができました。

まとめ

フィレンツェ、ローマ、ピエンツァの3都市で働き2年が経つ頃には、イタリア語は全く問題なく話せるようになり、イタリア料理の知識や技術も2年前よりはるかに身につきました。

イタリアで働き始めたきっかけはほんの些細なことでしたが、偶然が重なり続けた結果、今の自分がいるのだと思います。イタリアでの様々な経験は、料理人としてだけではなく、自分という人間の成長のための大きな糧となってくれました。

最近の日本人は海外に出るのを敬遠する人が多いですが、皆さんも海外で仕事をしてみませんか?今までと違う世界が見られるようになりますよ。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

イタリアで働くには?日本人向けの求人とイタリアでの就職・転職について

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
ミルク

ミルク

投稿者プロフィール

上智大学文学部を中退後イタリアに渡りローマ、フィレンツェなどの都市で2年間料理修行。現在は日本で働いています。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る