海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

タイに移住にはビザが必須!知らないと困るビザのまとめ

  • 公開日:
  • 更新日:

今回はタイへ移住する際のビザ関連についてまとめてみました。

海外の人がタイに長期移住をする際には、何かしらのビザが必要です。ビザ無しで滞在出来る期間は30日間と決まっており、それを過ぎての居住はオーバーステイと言われ、年々罰則が厳しくなっています。

今回はタイの基本的なビザの種類や取得方法、その他手続きなどをご紹介します。

タイが長期滞在しやすかった理由

タイが長期滞在しやすかった理由のひとつが「ビザ無しで滞在出来る期間は30日間」でした。

これは便利なシステムで、30日間の滞在期限が切れる前に、たとえばベトナム、カンボジア、シンガポール、ラオス、マレーシアなどの隣国に出国します。

そして、またタイに入国することを繰り返すことをビザランといい、ビザを持たない長期滞在者の必殺技でした。

タイのビザの種類について

まずビザの種類についてご説明します。

ビザには『ツーリストビザ』『エデュケ イションビザ』『ビジネスビザ』『ノンイミグラントビザ』『ロングステイビザ』 『永住ビザ』があり、それぞれ取得雨目的が違い、期間も異なります。自分の目的に応じたビザを取ることが必要です。

ツーリストビザ

観光目的で滞在する際に取るビザです。ツーリストビザには、シングル(3ヶ月)とダブル(6ヶ月)の2種類があります。現在はダブルの取得は厳しくなっており、取れるか取れないかは、行ってみないとわからない状況です。

尚、ミニバスツアーを利用してのツーリストビザ取得回数は、連続しての取得が困難となっている為、一度利用した人は、一回飛行機にて他国へ一度出国をしてからの再入国をして、再度ビザランへ行かなければなりません。

エデュケイションビザ

語学留学目的で滞在する際に取るビザです。EDビザとも言われています。これは、通う学校から必要書類を事前に作成してもらい、それを持ってビザランへ行き ます。最長で現在は6ヶ月です。

こちらも以前は1年間のビザが取得出来ましたが、現在は出来るか出来ないかはやはりその時にならないとわからない状況です。

しかし、6ヶ月は確実に取得できるとのことです。尚、このEDビザは、延長が可能で、その際は、他国にビザランに行かなくても、その地域のイミグレーションオフィスへ行き、必要書類が揃っていれば代金を支払い延長が可能です。しかしこれも今はどのくらい延長可能かなどは、確かな情報はありません。

ビジネスビザ

タイにて就職した際に取るビザです。これは雇い側が書類を用意してくれ、それをもってビザランへ行きます。ビジネスビザは、1年間の有効のビザが取得出来ますか。

こちらも2タイプあり、1年間ごとに延長で、その地域のイミグレーションオフィスへ行き代金を支払って延長出来るタイプ

もしくは、1年間は有効ですが3ヶ月ごとに一度他国へ出国しなければならないタイプ(出張ビザに近いタイプ)があります。それぞれ企業側のビザ申請によって決まる為、就職決定後、その企業へどちらのタイプか確認が必要となります。

ノンイミグラントビザ

配偶者がタイで仕事をしている人や、子供がタイで仕事をしている人などが取得するビザです。このノンイミグラントビザにはいろいろなケースがあります。取得方法や、必要書類なども、それぞれ変わってきて、とても複雑、且つ、時間もかかるケースが多いです。

書類も、沢山必要な為、事前に自分のケースを在タイ日本国大使館へ問い合わせすることをおススメします。※1

#1. 在タイ日本国大使館ホームページ  日本語対応可能

ロングステイビザ

日本にて年金取得者などが取ることの出来るビザです。

こちらは取得するのにとても厳しい決まりが多数あります。年金を取得していて、タイで仕事しなくても生活していけると言う証明や補償がないと、取得できません。こちらも、必要な手続きは在タイ日本国大使館へ問い合わせすることをおすすめします。※1

永住ビザ

タイ人と結婚して、3年以上経過した人が取得出来るビザです。タイにて結婚するだけでもとても大変な手続きが必要ですが、その後、毎年その地域のイミグレー ションオフィスにて(確認の為ではないですが)更新手続きが必要なです。

また、3年以上経過してやっと永住ビザが取れます。永住ビザ取得後も、1年に1回はイミグレー ションオフィスへずっと出向かなければならない決まりがあります。

タイのビザ取得方法は?

それぞれのビザは、初回取得方法は同じです。

まず一つ目の取得方法は、事前に日本にあるタイ大使館へ出向き、必要書類を用意した上で、申請し取得可能です。しかし、現在タイのビザシステムが厳しくなっており、日本で事前に何らかのビザを取得するのは、ほぼ困難に近い状況です。

そこでおすすめするのが、タイ入国後に取得出来る『ビザラン』システムです。 これは、ツアー会社が行っているビザを取得する為のツアーで、タイ近隣他国へミニバスで向かい、一度出国し、そこのタイ大使館にてビザを取得して帰って来るという内容です。

一般的にはマレーシアのペナンへ行くツアーが主流となっています。期間は2泊3日で、ビザ代金は別ですが、4500バーツ前後です。 

90日レポート

これは、全てのビザ取得者がしなければいけないレポート提出です。タイに連続 して90日滞在した際に、その地域のイミグレーションオフィスにて、現在の住まいはここですといった報告をするのです。90日間ごとに永遠です。

これを忘れると、罰金、もしくは強制退去にもなりかねません。用紙がイミグレーションオフィスに用意してあるため、それを記入して提出するだけです。費用はかかりません。

まとめ

タイ滞在に対してのビザ規制は、年々厳しくなってきています。

また、ビザ更新や期限を過ぎてしまった際の罰則も厳しく、滞在に際しては、ビザほ必修且つ、とても大切な手続きになります。

著しく決まりや期間、取得する際に必要な書類などが変わっていますので、時間に余裕をもって、在タイ日本国大使館へ確認す ることをおすすめします。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【タイ求人】未経験からでもタイ就職を狙える転職サイトまとめ

タイで働くには?日本人がバンコクの日系企業・外資系企業に就職する方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る