海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

カンボジアの子供たちの日常とは?住んでみて分かった、日本では考えられない驚きの環境と文化

  • 公開日:
  • 更新日:
カンボジアの子供

カンボジアの街なかを見渡せば、赤ちゃんから学生までさまざまな年代の子供たちであふれています。

それもそのはず。カンボジア人の多くは早くて10代後半で結婚し、子供をたくさんつくります。一家庭に子供が5~6人いるのは普通で、中には10人という家庭も。自分が老いたときに面倒をみてもらい、生活を支えてもらいたいからだそうです。

では、そんな大家族の中で育つ子供たちはどのような日常を過ごしているのでしょうか?

カンボジアでは子供も含めて家族みんなで助け合う

カンボジアでは年長の子が年少の子のお世話をしている姿をよく見かけます。大家族のカンボジアでは家族全員が助け合って生活しているため、子供たちも小さい頃から家事を手伝うのが普通です。

カンボジアに限らず、貧困家庭の子だくさんはよくある話ですよね。冒頭で紹介したように、貧しいからこそ子供をたくさんつくって安心を得たいと考えているのでしょうか。

しかし、カンボジアの現状としては、経済的な厳しさから子供たちを学校に通わせられないどころか、食事すら満足に食べさせてあげられないという苦しさがあります。当然、衣類もあるだけまし。ただの布を体にまとわせているだけのような子供もいます。

カンボジアでは子供は親と一緒に暮らさない

カンボジアの子供

プノンペンでは共働き世帯が主流です。そういった家庭は当然、子供をどこかに預けなくてはなりません。子供がある程度大きくなれば一緒に生活できますが、それまでは1歳くらいになると実家の祖父母に預けられてしまうことが多いようです。

子供が親に会えるのは年にほんの数回なんていうのもざら。けれど子供たちは、祖父母たちと一緒に家畜のお世話をしたり畑仕事を手伝ったり、のびのびと田舎で楽しく過ごしているようです。

カンボジアの子供たちのポケットにはいつもお金が

民家の周辺ではいつも子供たちが仲良く集まって無邪気に遊んでいます。しかし、よく見ると日本では考えられないような光景も。子供たちの服のポケットを見てみてください。たいていはお金が入っています

500リエル(約12円)ほどではありますが、日本人の目から見ると違和感があるのではないでしょうか。それはまるでお金をポケットに突っ込んでいる大人のよう。

そして、そのお金の使い道は自分の大好きなお菓子を買うことです。少し言葉が話せるようになったばかりの小さい子でも、お金を片手に裸足で近くの駄菓子屋さんに走って行くのが日常となっています。

子供たちのお金と食べ物に対する感覚とは

そんなカンボジアの子供たちの様子を見ていると、お金や食べ物のありがたみを学べるのかな?と少し不安になります。親もまた、子供が駄々をこねるとお金をあげて機嫌をとっているようです。日本でそういうことをすると常識がないと思われてしまいますよね。

お金をもらった子供たちはげんきんなもので、すぐに泣き止み、さっそく駄菓子屋さんへと走ります。そして買ったものは店先ですぐに食べてしまい、お菓子が入っていた袋が散乱します。買ったお菓子も好みに合わなければ一口だけ食べて平気でポイ捨てします。

カンボジアの立ちション文化を育てる?子供のトイレ習慣

カンボジアの子供

日本ではちょっと考えられませんが、人の往来があっても男性が道端で「立ちション」をしている姿をよく見かけます。カンボジア人の男性はどうやら尿意を我慢するという意識が薄く、その慣習は赤ちゃん時代にまでさかのぼります。

赤ちゃんはオムツをつけておらず、4、5歳になってもパンツは穿きません。上半身だけ服を身に着け、下はすっぽんぽんという子がたくさんいます

家の中がどこでもトイレに

小さい子は家の中でもところかまわずおもらしをします。椅子や床で気持ちよさそうに寝ている子のおしりが濡れ始めても、周囲の人は嫌な顔一つしません。近くにある布巾でささっと拭って、その布巾自体もその辺に放置して終了です。

もちろん遊んでいる子も同じです。おしっこがしたくなればその場でしてしまいます。来客があったとしても誰も気にも留めません。例えば椅子がおしっこで濡れていたとします。それを布巾で簡単に拭ってから、そこに座るよう客にすすめることも普通です。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ~日本と比べず大らかな気持ちで見守る

子だくさんのカンボジアはまるで一昔前の日本のよう。訪れたらきっと懐かしさを感じるにちがいありません。

ただし、世界的に見ても清潔な日本で暮らす私たちがその感覚のままカンボジアで生活を始めると、かなりのストレスになるでしょう。

もちろん、日常的に見ているとそれなりに慣れてくるものです。もしもカンボジアで暮らすことになったら、これがカンボジア人にとっての普通なのだと大らかな気持ちで日々を過ごすのが一番だと思います。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

カンボジア就職!首都プノンペンで働くために知っておきたい9のこと

カンボジアで就職するときに確認したい7つの労働条件

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る