海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

カンボジアで部屋を探す。カンボジアでのアパート生活とは

  • 公開日:
  • 更新日:
カンボジア

カンボジアに旅行で来ると普通はホテルに宿泊しますが、いざ長期間住むとなるとアパート探しから始まります。

最近は不動産屋さんも増えたので探しやすくはなりましたが、安いアパートは不動産屋さんが仲介していないことが多いので、自分で探すしかありません。

不動産屋さんが出来たのはここ数年での話で、アパートを貸したい人は手数料を払いたくないという思いがまだ強いようです。

地方からプノンペンに出てきたカンボジア人の若者はまずお寺に行きます。大きなお寺には地方からの若者を受け入れる住宅があり、最初はそこから都市生活がスタートします。

しかし地方出身者用の住宅に外国人は泊まれませんので、アパート探しから始めなくてはなりません。

一番贅沢な方法は一戸建てやマンションを買う事なのでしょうが、そんな余裕のある方は少ないと思うので、ここではアパート(借家)を探して借りることについて書いていきます。

大きく分けて一戸建て、サービスアパート、フラットと呼ばれる連なった住宅が対象になるでしょう。

カンボジアの一戸建て(ビラ)

ビラ

ビラと呼ばれ、文字通り一戸建てです。内戦前に建てられた一階がコンクリートと煉瓦製、二階が木造というものから、5部屋以上あるような立派なものまであります。敷地も広いことから1000ドル/月以上が普通です。

古いものは内戦前にフランス人や富裕層が住んでいたのだそうですが、綺麗に手直しされているので立派に見えます。

改造してシェアハウスにしたり、会社の事務所に使われていることもあります。中にはカフェになったりしていることもあります。

不審者が入ると困るので、防犯上警備員が雇われていることもあります。

フラット

フラット

幅5m・奥行10~15mが一軒の標準で中二階を含む4層くらいの連なった建物です。中には50軒も連なっていることがあります。市内中心部だと600ドルくらいから、郊外なら200ドルくらいから借りられます。

1階は車庫にもなる広間とキッチン、広間を望む中2階があります。そして2階、3階とあるのが一般的です。キッチンやリビング以外に5室くらいあるのと、ほとんどの場合各部屋にトイレとシャワーがあるので大家族向きです。

大通り沿いには外から見ると7階建くらいに見えるものもあり、違法建築で建て増しされたものもあるそうです。古い規格の建物なのでもちろんエレベーターはありません、体力に自信のない方には厳しい建物です。

このフラットの長屋に外から階段を作り各階をアパートとして貸している場合があります。ワンフロア250~300ドルが相場です。この規格の建物は新築でもエレベーターはありません。

階段が急で狭いため、家具が入らないなんてことはよくあります。鉄の外階段はいいのですが、建物に作り付けのコンクリートの階段は段差がまばらだったり、最後の一段が広かったり狭かったりするので注意が必要です。

ガードマンはいないので、大家さんが厳重に鍵を付けています。部屋に行くまでに4個くらいの鍵があるのは当たり前、1階に大家さんがいる場合は黙って深夜に帰宅すると締め出されるなんてこともあります。ご注意くださいね。

サービスアパート

カンボジアのマンション

いわゆる普通のアパートですが、建物の入り口にガードマンがいるタイプです。建物の基本構造はフラットと一緒ですが、レイアウトは日本のアパートに近い形です。

とは言え、コンクリートとレンガですから、デザイン的には日本人から見ると違和感はあります。

小さな部屋でもリビングが16畳程度、ほかにトイレとシャワールーム、小さなキッチンが付いています。全体にキッチンが小さいのは外食が多いからでしょうね。

郊外の安いところは200ドル以下からありますが、高層アパートは1000ドル超えもあります。市内中心部では300ドルから700ドルくらいが沢山あります。

プノンペンは建設ラッシュ、不動産バブルとも言われ、どこにいても建設工事が見て取れます。アパートを探すときには、隣で工事が行われていないかを確認することも大切です。

近頃は日系企業もビルを建設したり、ビル管理を行っている会社もあるので借りる前に周囲の方に意見を伺いましょう。

ローカルアパート各種

これらのほかに、4m×5m位の部屋の中に、トイレとシャワーとキッチンが付いたコンパクトなアパートなどは100ドル前後でたくさんあります。

郊外の工場周辺にはさらに小さな部屋に4人くらいの若者が住んでいることも珍しくはありません。

給料が残業しても200ドル以下ですから生活は大変です、それでも田舎から出てきた若者は両親に仕送りしています。日本の昭和30年代後半から40年代の「集団就職」を彷彿とさせます。

市内には、日本の昭和30年代を思わせる平屋の長屋もあります。狭い土地に窓から光も入らないような家が点在しています。何か建物さえあればその壁から屋根だけ付けたようなバラック小屋もあります。木造でもレンガでもなんでも。

バイクタクシーのドライバーなどの家族が肩を寄せ合うようにして住んでいます、スラム街とはちょっと雰囲気が違いますが、子供たちは共同生活で育っています。

ホテルに住む

外国人がホテルに住むというのは珍しくありません。安いホテルは20ドル/1泊以下でもありますから、部屋を借りるより手間がかからないというので、長期出張や駐在の方でもホテル住まいは珍しくはありません

男性で料理が苦手という方はいずれにしても外食になるので、掃除や洗濯をしてくれるホテルは快適なのでしょう。もちろんセキュリティーもしっかりしているので、選択肢としては十分可能性はあるのでしょう。

ホテルが一部を事務所に貸し出していることもあり、ホテルに住んで一切外に出ないという方もいます。ビジネスビルを借りて管理するよりも安上がりだという話を聞いたことがあります。

旅行代理店、物販会社の事務所等様々な業種が入っています。老舗ホテルの場合、治安やサービスなどの観点からできたシステムではないでしょうか。大きなホテルではよくあります。一階の一部だったり、地下だったり、別館だったり。

ほかには、会社でフラットを一棟借りて社員寮にしたり、シェアハウスも人気があります。フラットを事務所にして上階に住むというのもよくある例です。

まとめ

全体に共通しているのは、ホテルや近代的なビル以外は、ほとんど全ての窓の内側に鉄格子があることです。防犯上必要なのでしょうが、火事になると逃げ場がなくなります。日本人にはちょと怖い感じがします。

でも、基本的にコンクリートとレンガなので、階下の火事でも延焼はないようです。最初は驚きましたが、すぐに慣れました。窓から泥棒が入ることを思えば、これでいいのかもしれません。カンボジアの窓の鍵は簡単に壊れますので。

孤児院の取材に来た芸能人が「この鉄格子に子供たちが閉じ込められていたんですね」という発言をしており、正確に放送してほしいものだと思ったことがあります。

取材した女優さんはご存じなかったのでしょうが、通訳かコーディネーターは必ず現場にいたはずなので、編集時に意図的にセリフを残したとしか思われません。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

カンボジア就職!首都プノンペンで働くために知っておきたい9のこと

カンボジアで就職するときに確認したい7つの労働条件

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る