仕事を円満にすぐ辞めたい人のスムーズな会社の辞め方

海外へ転職したい。会社の辞め方と知っておきたいこと

ふとした瞬間に「あぁ、仕事を辞めたい」と思ったことはありませんか?

仕事を辞めたくる理由は様々ですが、「今の仕事が合わない」「海外に行ってみたい」「留学してみたい」「待遇が良い仕事が見つかった」という理由で仕事を辞めることは珍しいことではありません。

自身のステップアップとしても仕事を辞める際のスムーズで円満な辞め方を紹介します。

「仕事を辞めたい」といつ伝えるべき?

仕事を今すぐ辞めたいと思ってもすぐに辞めることはできません。民法では、退職する2週間前までに「仕事を辞めたい」と退職することを伝える必要があります。

しかし、会社の就業規則等では「1ヶ月前までに」となっていることもあるので、まずは就業規則の確認をしましょう。

会社は空いた仕事のポジションを埋める為に人事異動や求人広告などの採用活動や業務の引き継ぎを行います。

それらを考慮するとやはり1ヶ月前〜2ヶ月前程度には「辞める意志」を伝えておく事をおすすめします。何事も早めの準備がベストです。

しかし、今、この記事を読んでいるあなたは「とにかくすぐに仕事を辞めたい」という人が多いのではないでしょうか。

かと言って、速攻で無理矢理辞めると、裁判沙汰になることもありますし、会社から辞める月の給料をもらえなかったという人も知っています。

 

辞めるベストなタイミングは?

会社の退職日は企業の「給料計算の締日」に合わせることをおすすめします。

会社側にとっては給料の計算が楽になり、自分の仕事をした分の給料もきっちりと回収することができるからです。締め日後も数日仕事を続けてしまうと、会社側も給与の計算が面倒です。

円満に辞めるには、「給料計算の締日」に合わせるようにしましょう。

辞める意志は誰に伝えるべき?

では、会社を辞めるにあたり誰に伝えてどのように辞める意思を伝えるのがよいのでしょうか。まずは直属の上司に伝えましょう。

流れとしては

  1. 上司に率直な辞める意思を伝える
  2. 後日、退職届を上司に渡す

という段階を踏むことがマナーです。

悪い例としては

  1. 同僚等から上司に伝わる。
  2. メールや電話だけで済ませる。
  3. 退職届を出さないで辞める。
  4. 即退職届を出す。
  5. 上司を飛び越えて、その上の上司や人事に言う。

仕事を辞めるとしても礼儀ありきです。円満退社をするためにも、ここは心を鬼にしてマナーに徹してみましょう。もし、有給があるのであれば、ここで一気に有給休暇を消化するという方法もあります。

スムーズに仕事を辞めるためには?

会社を辞める意思を決め、辞意を伝える場合、どのタイミングで伝えるべきなのでしょうか。

もし、平日(月曜日〜木曜日)に辞める意志を伝えると大抵の場合は引き止められ、翌日も引き止められ、翌日も……ということになることが多いです。

会社を辞める意志が弱いとそのままズルズルと会社に残ってしまう場合もあります。

なるべく引き止められないようにする対策としては、金曜日の午後辞める意志を伝え、後日退職届を提出するとスムーズです。土日が休みなので、2日間上司に会わなくて済みます。

「こういう理由があるので、仕事はいついつを最後に辞めます」とはっきりと伝えることが大切です。

とはいえ、「この仕事がつまらない」「給料がやすい」「この上司がイヤ」など理由を説明しにくい場合はほとんどだと思います。

そういった場合にはとにかく嘘でもいいので、とにかく辞めなければいけない理由を伝えてみましょう。

「母が病気で介護が必要なので、地元に帰ります」など、ありがちですが意外と使えるフレーズです。

退職理由を質問されることもあるので、想定される質問に対して回答を準備しておくことが、お互いぎくしゃくしなくて良いでしょう。

facebookなどに「会社を辞めたぜ!へへーん」といったことなど、身近なところからバレることもあるので、なるべくSNSで公表せずに済ませることが仕事を辞めるコツです。

仕事を辞めたあとのために準備をする

いますぐ辞めたいと思っても一度冷静になって、次の仕事を見つけてからでも遅くありません。転職先の企業の面接を受けて、辞めるまでの時間を潰しましょう。

次の転職先企業に伝えておくべきことは

  1. 今の会社を辞める予定の日程
  2. 入社する意思表示をしっかりと示す

上記の2つをしっかりと転職先の企業に伝えておきましょう。転職先の企業側も仕事を辞めるには時間がかかることを理解しているので、ある程度は融通が利きます。

逆にいつ転職先の企業に入社できるかも不明な場合は、転職先の企業から内定をもらいにくくなります。

仕事を辞めたい!と思っても、まだ次の仕事が決まっていない場合は、辞める前に次の仕事を決めておくと資金繰り(生活費とか)がスムーズです。

会社を辞める日のために準備をする

会社を明日やめるとなった場合でも良いように事前に以下の準備をしておきましょう。

 

後任への引き継ぎ作業

いままでの仕事で残っているのもを片付けましょう。中途半端にしておくと円満退社に支障をきたします。引き継ぎも大切です。しっかりと引き継ぎ者と連携をとり、進捗や作業手順をまとめて円滑に進めましょう。

 

仕事用のデスクを整理

デスク周りには、あなたの持ち物があると思います。退社日に一気に片付けるのではなく、前もってちょこちょこと片付け私物は家に持ち帰るようにしておくと、最終日が楽です。

会社へ返却するもの

  1. 健康保険被保険者証
  2. 前払いの交通費・通勤定期券
  3. 社員証・社章・バッジ・名刺
  4. 制服・ノートパソコン等貸与品

が会社へ返却しなければならないものです。返さない場合は、窃盗罪になる可能性があるので、自分の物以外は返却しましょう。

会社から受け取る物

  1. 離職票
  2. 源泉徴収表
  3. 雇用保険被保険者証
  4. 年金手帳
  5. 未払い賃金
  6. 退職金

があります。しっかりと受け取っておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

新しく入社する人もいれば会社を去る人もいます。会社側と辞める側のどちらも円満な退社をしたいものですよね。仕事はその会社ですることだけが全てではありません。機会を求めていろいろとチャレンジしてみましょう。

仕事を辞める時にも社会人として適切な節度とマナーをもって、気持ち良く仕事を辞められるといいですね!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

海外就職や海外転職に成功した人がやっていた4つの事前リサーチとは?

20代から視野に入れたい海外就職の4つのメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. 海外就職
  2. バンコクのコンドミニアム
  3. 中国遼寧省で無農薬野菜の現場
  4. ネパール
  5. ロイクラトン祭り
ページ上部へ戻る