海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

現役海外駐在員が教える「海外駐在員」として海外で働く方法とは

海外駐在員

海外で駐在員として働いてみたい!と思う方がこの記事を読んでいるのではないでしょうか。

今回は海外駐在員になる方法について、私の実体験と他のケースを踏まえてお話しさせていただきます。

海外駐在員になるのには2つのケースがあります。それは自ら望んで駐在員になるケースと、駐在員になる気はなくても会社から指名されてなるケースです。つまり「能動的」か「受動的」かです。

ここでは能動的、自ら進んで海外駐在員になる方法について紹介します。私の場合は「海外で働きたい、そして高い給料が欲しい」と思い駐在員になり、インドネシアに約5年、タイに1年の計6年赴任しています。

次は密かに中国の駐在員をターゲットに見据えて、タイで仕事をしています。

おすすめの転職サイト・エージェント

海外駐在員として働くメリット

海外駐在員のメリット

海外駐在員は、日本の本社から海外子会社へ派遣される会社員のことです。日系企業の駐在員の場合、現地子会社の社長になったり、現地の責任者になったりする場合が多いです。

そのため、裁量のある環境で自分自身の力を発揮し、現地スタッフをマネジメントしながら仕事を進めていくことになります。給料や待遇も良く、海外で力を発揮してみたい、海外で働きたい、でも現地採用は生活に不安があるという方におすすめなのがこの駐在員なのです。

海外ではさまざまな予期せぬトラブルがあり、それを経験し乗り越えていくことで、スキルアップ・キャリアアップにも繋がります。

近年では日系企業の海外進出により、海外経験やスキルのある人材が求められるようになっています。

30代、40代、50代は海外駐在員を比較的狙いやすいです。30代は基本力をもとに次のキャリアアップへ。40代、50代は今までの経験を活かして管理職へ。

逆に20代から海外駐在員になるのは難易度が高いです。

おすすめの転職エージェント

ビズリーチで良いオファーを待つなら、職務経歴書を詳細に書くことをおすすめします。

最短!海外駐在員を募集している企業に転職する

海外駐在員の募集

転職サイトを見ていると、入社後3ヶ月、日本で研修した後に海外の子会社へ出向するものや、入社後1ヶ月で海外勤務になるなどの求人を見かけることがあります。

一番早く海外駐在員になるのであれば、初めから海外駐在員を募集している企業に転職するのが、海外就職するまでの時間が短縮できるのでおすすめの方法です。

では、どのように海外駐在員の求人を見つければいいのでしょうか。

やはり、大手の転職サイトがおすすめです。JAC Recruitmentリクルートエージェントの求人を確認してみましたが、海外駐在員を募集している求人が多数ありました。海外駐在員枠は競争率が高くなるので、スピード勝負になることが多いです。

将来的に……と考えていても、今から転職サイトに登録しておき気になる求人をストックしておくと良いでしょう。これだけで年収が100万円以上違ってくることさえあるのです。

おすすめの転職エージェント

ビズリーチで良いオファーを待つなら、職務経歴書を詳細に書くことをおすすめします。

まずは仕事探しから海外駐在員への就職・転職活動が始まります。

駐在員案件は大手企業がほとんどです。ローカルな転職サイトに求人が出てくることはほとんどありません。信頼できる大手サイトを使い、海外駐在員の座を勝ち取りましょう。

次の一手!海外駐在員になるために海外に子会社がある会社を選ぶ

すぐに海外駐在員の求人を勝ち取れなくても、海外就職を諦める必要はありません。次の作戦は、海外に子会社のある企業へ転職することです。

現在は海外に子会社がなくても将来設立する可能性がある会社も中にはありますが、それでは不確実なので、やはり現在海外に子会社がある会社を選ぶのが無難です。

海外に子会社がある企業を選び、海外駐在員になるために準備し、海外へ派遣してもらうという方法を取りましょう。

海外駐在員として何が必要とされているかリサーチする

リサーチ

海外に子会社があっても、希望して簡単に行けるものではありません。まずは、その子会社でどういった人材が必要とされているかリサーチしてみましょう。

例えば、販売子会社の場合は営業や経理の人材が必要で、調達や企画、製造の業種はあまり必要とされていません。よって、営業や経理のスキルを磨くことが近道です。

逆に製造会社の場合は、もちろん営業や経理も必要ですが、それよりも製造の現場に精通した人がより重要になってきます。

このように、

  • 海外駐在員を募集している会社の求めているものを考える
  • 転職先の会社の子会社がどのような会社か調べる

ということが大事になります。

私の場合は元々営業職で採用され、海外の販売子会社に駐在員が多く赴任していることが分かっていました。よって営業という条件は備えていたので、あとは抜擢されるための工夫をしました。

海外駐在員に抜擢されるには

世界地図

海外に派遣される駐在員は、会社の代表として海外に派遣されるので、何か秀でたものがなければいけません。

私の場合は営業成績で結果を出して社内へアピールするのはもちろん、自主的にTOEICの学習を続け、定期的に公開テストを受講して点数を会社に報告することで語学力を数字にして提示し、いつでも行けますよということをアピールし続けました

結局目標が叶うのに6年かかかってしまいましたが。

他の会社で能動的に駐在員になった方のケースでは、毎年1年に1回全社員に、

  • 現状の仕事に満足しているか
  • 海外勤務可否
  • 配置転換希望の有無等を確認する面談

などがあり、その場で海外で働きたいという希望を表明して認めてもらい、実現した方もいます。

とにかく、自ら望んで海外駐在員になりたい方はまわりの従業員より何か秀でたものがあることが必要で、それを会社にアピールすることが大事です。

海外駐在員になれば給料・待遇はアップする

海外駐在員は日本の企業を代表して、海外の子会社や関連会社、工場、駐在員事務所などに出向くことになります。

日本の給料にプラスして、海外で生活するための駐在手当や住宅の提供、外国語習得のための授業料の補助、海外旅行保険、日本帰国時の往復の航空券、場所によっては危険地手当などのサポートがつきます。

目安の年収

年収500万円〜1,200万円程度の求人が多い印象です。企業によっては1,000万円〜1,500万円にて募集しているところもあります。

今までの経験やこれからの人生設計を考えながら、仕事を探してみましょう。また、貯金もしやすく、駐在員生活で1,000万円以上貯めることも難しくありません。

給料の振り込み先も「日本の銀行口座」と「海外の口座」に分けられるので、奥さんにバレないようにこっそりへそくりを貯めている駐在員の方もいます。

おすすめ転職サイト】

その他の方法で海外駐在員になる方法

パスポート

それはずばり現地採用です。現地採用は、日本の本社の面接プロセスが不要で、現地の人材紹介会社に登録して求人がある企業を紹介してもらうのが一般的です。

この場合、2つのパターンがあります。

  • 1つ目は海外駐在員枠として現地で採用される
  • 2つ目は現地採用としての採用から日本採用の駐在員に切り替えてもらう

ただ海外で働きたいというだけで現地の企業が採用してくれることはありません。やはりここでも企業が必要としているスキル・経験を持っていることが条件になります。

現地採用から駐在員になるまで

ただし、念頭に置いていただきたいことがあります。現地採用の場合、日本の本社から駐在員として赴任する場合よりはるかに収入が少ないということです。

本社から派遣されてくる駐在員は日本の給与額に海外赴任手当が支給されるので、この合計額と現地採用での給与を比較すると30%から50%は変わります。

またボーナスも日本の会社から支給されるわけではなく現地の会社から支給されるため、駐在員と比べるととても少ないです。

給与の優先順位より、早く海外で働きたいという方は現地採用の社員を目指しましょう。待遇や給料がしっかりしているところで働きたいという方は海外駐在員を狙いましょう。

まとめ

海外駐在員になるには、駐在員を募集している求人に応募することが最速です。まずは駐在員求人を探しましょう。

もし、現在働いている会社に駐在を狙うライバルが多く、すぐに海外駐在員になれなければ、海外に子会社のある企業に転職です。高待遇の駐在求人は競争勝負になります。一歩早めに動き出せばライバルに勝てます。

  • すぐに海外で働きたいなら転職する
  • 自社に駐在枠があるなら狙ってみる

海外駐在員になるには

海外駐在員の案件は絶えず変化しています。駐在員を狙うなら転職サイトに登録が必須です。特に日系大手の案件は大手の転職サイトにしか出てきません。

海外駐在員求人はスピード勝負なので、まず登録し、気になる求人情報をストックしておくことが大事なのです。

登録3分程度、利用は無料です。登録したからといっても、面接や必ず転職しなければならないということはありません。

将来的に考えている方は、試しに登録しておくと良いオファーが届くかもしれません。

【必ず登録すべき転職サイト】

ビズリーチで良いオファーを待つなら、職務経歴書を詳細に書くことをおすすめします。

転職成功者のほとんどが上記サイトを利用しています。いい条件のスカウトが来た時だけ転職するなどして、自分の可能性を広げましょう。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る