仁川空港からソウル中心部へのアクセスと料金(バス・タクシー・鉄道)

韓国の地下鉄

多数の日本発LCC便も離着陸する韓国で最も大きな国際空港「仁川空港」。空港の名前である「仁川」は、韓国の首都ソウル特別市のお隣にある仁川市からとったもので、ソウルの中心から2時間以上離れた所にあります。

今回は、仁川空港から日本人観光客に馴染みの深い明洞や東大門などソウルの中心部までのアクセスに関する情報をまとめてみました。

おすすめ度No.1、空港バスで目的地に向う

仁川空港から市内まで

仁川空港からはソウル市内の各地域はもちろん、各地方都市に向う長距離バスがたくさん出ています。特にソウルの中心部に向うバスは、10~15分に1本の割合であり、到着ロビーから外に出ると目的地ごとにバス停がずらっと並んでいるので、荷物が多い場合も非常に便利です。

お値段は、バス会社や距離によって異なりますが、ソウル中心部までは、13000~15000ウォンほど(明洞駅までの所要時間は、通常約1時間半)。

運賃は、現金、T-MONEY(地下鉄、バスなど公共交通機関で使える電子カード)、空港で購入できるバスチケットなどがあります。現金の場合は、おつりが出ないよう事前に用意しておくことをお勧めします。

おすすめポイント

  • バス搭乗前の移動や乗り換えすることなく、目的地まで楽に行ける。
  • 高速道路を抜けソウルに入ると、漢江沿いを走る区間もあり景色が楽しめる。
  • 必ず座れる。(立ち乗りが禁止されているため、座席が埋まり次第、次のバスを利用)

注意点

  • 江南などのホテルに向う場合、夕方の時間帯は渋滞に巻き込まれる可能性大!
  • 車両内にトイレはありません。乗車前にトイレは済ませて乗車しましょう。

時間厳守の用事があるなら空港鉄道+地下鉄

韓国の地下鉄

仁川空港直通の空港鉄道に乗り、ソウル市内の地下鉄に乗り換えるというこちらの方法、

正直筆者は、よっぽどのことがない限りこのアクセス方法は使いません。何故なら空港鉄道や地下鉄のホームに着くまでの階段や道のりに疲れきってしまうからです。

ただ多くの旅行者が利用しているところを見ると、一度乗り間違えるとかなり時間をロスするバスに比べ、いつでも降りられ「修正がきく」と言う点は安心感につながるのかもしれませんね。

おすすめポイント

  • 事故など特別なケースをのぞき「時間通り」に移動できる。(仁川空港-明洞駅までの所要時間は、約1時間38分。)
  • 安い(仁川空港-明洞駅までT-MONEY利用で4,150ウォン)

注意点

  • ソウルの地下鉄は、結構深く、かなり地下まで降りることも。エスカレーターやエレベーターがない地下鉄駅も多く、荷物が重たい人にはお勧めできません。
  • 乗換駅によっては、駅構内の移動が複雑だったりかなり距離があったりすることも。

割高だけど、お年寄りや小さなお子様連れなら送迎サービスを利用するのも良し!

せっかくの楽しい海外旅行、観光を始める前に体力を消耗しすぎるのは、もったいないですよね。

特にお年を召したご両親や小さなお子様連れの旅行なら気になる部分ではないかと思うのですが、そのような場合はちょっと割高でもコールバンサービスを利用してみるのもありです。

日本から事前に日本語で予約可能で、日本語可能な運転手付き、飛行機の到着時間に合わせて空港で待っていてくれるので、安心かつ楽にご家族で移動が可能です。

料金は、4人乗り車両1台あたり8万5千ウォンほどで利用できるそうです。

注意点

仁川空港からソウル市内に向う場合、一般/模範タクシーに乗るメリットは特にないと言えるでしょう。

一般タクシーを利用した場合、通常、所要時間1時間弱、メーター料金は約5万ウォンですが、渋滞などにより時間も料金もこれ以上かかる場合が多々あります。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

一昔前なら韓国の空港にも悪質な客引きが多く、到着するや否やぼったくり被害に遭ったと言う話もよく耳にしましたが、最近は取締りが厳しくなり、そのようなことはあまりなくなりました。

しかし、どこの国でも同じですが、最低限の注意は必ず必要であることにかわりはありませんので、お忘れなく!

おすすめ!

韓国って日本人のことが嫌いなの?生活してわかった反日感情の実際

韓国のビザの取り方ガイド(ビザの種類、費用や期間)

韓国での部屋の探し方ガイド(必要なもの、お得な借り方、立地、相場)

 

韓国お役立ち

韓国ってどんな国?住んで分かる韓国の意外な3つの現実

韓国ソウルの物価ってどうなの?1ヶ月の生活費シミュレーション

知っておくともっとおいしい韓国焼酎の豆知識!地域別のソジュまとめ

 

韓国で新しい働き方をしよう!

実際の韓国企業の雰囲気は?韓国と日本の会社文化の違いを比較してみた(会社文化)

韓国で働くことになったら?韓国と日本の働き方の違いを比較しみた(働き方)

韓国で就職しよう!韓国就活で必須の「自己紹介書」と書き方ガイド

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

torumocoライター

投稿者プロフィール

8年間ソウルに在住した後、現在は地方都市での生活に挑戦中。韓国で大企業からベンチャー企業の立ち上げまで様々な形態で会社生活を経験。
現在は、フリーランスで韓国の社会、芸能などに関する記事の執筆や翻訳活動を行っています。昨年からちょっと足が短めのトイプーを家族に迎え入れ、悠々自適な韓国生活を満喫中。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. スイスの学校
  2. ニュージーランドの家
  3. 韓国の運転免許
  4. 中国の薬局
  5. インターナショナルな街ベルリン
ページ上部へ戻る