Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

韓国人との国際結婚、韓国に住んで感じた日本とまったく違う3つのこと

韓国人との国際結婚

私は4年前、韓国人と結婚し異国である韓国へと引越してきました。実際に韓国で結婚生活を送ってみて、日本との文化の違いにとまどったことがたくさんありました。もちろん今もあります。

そこで今回はそんな筆者の韓国人男性との国際結婚の実体験を通して感じたことを3つ、ご紹介します。

韓国での食生活はどうなるの?

韓国の食生活

結婚して韓国に来て生活をしていると、だんだんと暮らしも韓国式になっていきます。(中には家の中は完全日本式にしている方もいます)

まず生きていく上でかかせないのは食事。韓国の食材というと、誰しもが想像するのはキムチですよね。

キムチはほとんど毎回食卓にあがりますし、キムチがないとご飯が食べられないなんて人もたまにいます。なのでほとんどの家庭の冷蔵庫にはキムチが常備してあります。

そして、もうひとつ意外だったのが、韓国の食生活は汁物を中心として考えることです。

なので汁物のレシピがとってもたくさん!汁物さえ毎回ちゃんと作っていればおかずは毎日同じでもいいそうで、そういう食文化から韓国は常備菜を作り冷蔵庫にストックしておくことが多いです。

日本は対象的に毎日おかずをしっかり作り、汁物は代わり映えなく毎回味噌汁でもおかしくはないですよね。筆者はその感覚で毎日食事を作っていたので、一度たっぷり汁物を作って数回連続同じものを出したときはブーイングがきました。

食事を準備するほうとしては、毎日おかずを作らなくてもよく、汁物さえ用意すればいい韓国式の食事が楽なので、今では食卓も韓国式となりました。

周囲との付き合い

韓国人との付き合い方

韓国に来て一番日本と違うと思ったのは、周囲との付き合い方かもしれません。

例えば、幼馴染で集まって飲むというシチュエーションだとしても、その場に自分のパートナーや一緒に遊びたい友人がいれば連れていき、一緒に飲んだりするのは当たり前です。

日本では決まったコミュニティの中に、境遇の違う人を連れていったりはなかなかしないと思うので、最初はこれにびっくりしました。

しかし、慣れるとかなり交友関係が広くなりますし、共通の話題が増えるので楽しいです。実際、私の友人と主人の友人が仲良くなり、個人的に連絡を取ったりもしているようです。

義家族との付き合い

韓国人と結婚すると一番苦労すると言っても過言ではない、義家族とのお付き合い。

私は運よく(?)あまり干渉もされず自由にしていますが、中には義家族との付き合いのせいで耐えられず日本に帰ったり、離婚までしてしまう人までいます。

義家族との付き合いで代表的なのは「安否電話」

韓国語では「アンブチョナ」といい、「安否」という言葉が入っているので何事かと思われるかもしれませんが、要はこまめに義両親と電話をすることを指します。

このアンブチョナ、嫁の立場としては正直すごく億劫なものなので嫌がっている人も多いです。ですが義両親の立場からすると、このように連絡を取ることで気にかけてもらっていると感じるのだそうです。

そして、旧正月と旧盆もよっぽどの事情がない限り欠かすことはできません。この2つの行事をまとめて「名節(ミョンジョル)」といいますが、この名節の時期が近づくと欝っぽくなる人や離婚問題までに発展したりする夫婦も……。

以上のことだけでも、義両親との付き合いはとても濃くとても深いのです。

まとめ

もちろんそれぞれの家族で差はあるものの、だいたいの韓国の家庭がこのような感じです。

楽しいと感じるか、大変だと感じるかは個人差があるものの、韓国に嫁いできた日本人女性はみんな強くなっていくような気がします。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

韓国での現地採用はどうなの?就職あれこれ(職種、職業、給与など)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Heidi

Heidiライター

投稿者プロフィール

韓国人と結婚し、釜山に移住。
現地企業で働いている兼業主婦です。
韓国の情報はもちろん、釜山に住んでいるからこそお伝えできる情報もたくさん盛り込んで記事にしていけたらなと思っています!

ページ上部へ戻る