海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

韓国で暮らすなら知っておきたい日本人が気をつけるべき韓国の食事マナー

  • 公開日:
  • 更新日:
キムチ

韓国は日本よりも上下関係の厳しい国。そして他人のマナーに対しての目も厳しく、マナーができていないと育ちが悪く見られたり、周りの人を不快に感じさせてしまう恐れもあります。

外国人に対してはそこまで厳しくないものの、韓国のマナーを知り、身につけていると一緒にいる韓国人の方も喜んでくれます。また食事マナーを知ることで韓国の文化もより深く知る事ができます。今回は食事やお酒の席で気をつけるべきマナーをご紹介します。

姿勢

あぐら

座敷の席の場合、あぐらをかくように座るのが韓国スタイルです。また、片膝を立てても問題はありません。女性がスカートをはいている場合も、あぐらをかいて座って問題ありません。

配膳・準備

料理の配膳

ご飯茶碗が左、汁物は右へ置きます。

これは日本と同じです。冷たいおかず、乾燥したおかずは左に置き、熱いおかず、水分の多いおかずを右に置きます。野菜は左側、肉類は右側に置きます。

料理の配膳

食堂などカジュアルなお店は、テーブルの側面にカトラリーの入った引き出しがある場合が多いので、食事を待ってる間に自分でスプーンと箸を出して準備します。

スプーンとお箸は右手に縦に並べます。右側にお箸、左側にスプーンを置きましょう。箸置きが無い場合は紙ナプキンの上にお箸とスプーンを置きます。

圧縮タイプのおしぼり

圧縮タイプのおしぼり

通常おしぼりなどのお手拭きは出ない事が多いですが、たまに圧縮タイプのおしぼりが出ることがあります。圧縮タイプのおしぼりは、席に置いてある水をかけ、ふやかして使用します

海外就職求人サイト
海外就職

食事の順番

料理を食べる時、スープやキムチの汁を先に飲み、その後おかずに手をつけます。スープ類を飲む際はスプーンで飲みます。

水キムチ

水キムチ

水キムチといって汁気が多く、辛味のないキムチが韓国ではよく出てきます。このキムチの汁部分に乳酸菌が多く含まれ、美容にも良いと言われているので、水キムチが出てきたら是非汁まで飲んでみてください。

カトラリー(スプーン、お箸の使い方)

スープ類、ご飯をスプーンで食べ、おかずをお箸で食べます。日本とは違い、お味噌汁もスプーンを使って食べます。スプーンとお箸は同時には使用しません。箸を使用するときはスプーンを置き、スプーンを使用するときは箸を置きます。

箸の持ち方は日本とほぼ同じです。箸に関するマナーは日本ほど厳しくはありません。箸で食器を引き寄せる「寄せ箸」は韓国でも禁止です。

箸

取り箸はありません。おかずをとるときも、鍋を食べる時も自分の箸やスプーンで取ります。

スプーン

食器に箸やスプーンが当たって音が鳴らないようにします。箸やスプーンを使用後、食べ物が付着しないようにします。

食事中に箸を休める際や、食べ終わった後はスプーンやお箸を食器の上には置かず、元の位置にもどします

スプーン

食事中の注意事項

食事中はできるだけ席を立たないようにしましょう。

器、食器を手で持ってはいけません。韓国の食器はステンレスが主流なので、熱くて持てないことから、このマナーができたといわれています。スープ類を飲む時も食器を持ち上げず、置いたままの状態でスプーンで飲みます。

ヌードル食事中は音を立てないようにしましょう。日本人は特に麺類を音を立てて食べる習慣があるので気をつけましょう。

おかずとご飯はどちらか片側から食べるようにします。遠くの食べ物や調味料を取りたいときは、席を立たず近い人へ声をかけましょう。そして、両手で受け取るようにします。

スープへご飯を入れることは韓国ではマナー違反になりません。汁物を注文すると大抵ご飯がついてきますので、スープと混ぜて楽しみましょう。ただしご飯の器にはスープを入れないようにしましょう。

魚などを食べる際、口に骨が入ったら、顔をそむけ周りに見えないように、紙ナプキンへ出します。咳やくしゃみをする際は人がいない方へ顔を向け、口をおおってできるだけ静かにするように心がけましょう。

人前や食事中に鼻をかんではいけません。どうしてもかみたい場合、席を立ちましょう。食べ残しは問題ありません。中国と同じく多めの料理でもてなす文化なので、基本的に食事の量が多めです。

上下関係

着席、離席は一番立場(や年齢)が上の方が先です。目上の方より先に着席、離席をしないようにします。

一番目上の方が口をつけた後、他の人も食べ始めます。飲み物も同様です。食べるペースは一番目上の方と同じくらいのペースで食べるようにしてください。

お酒を注ぐ際は目上の人から注ぎます。片手でビンを持ち、もう片手でその手を支え、注ぎます。注いでもらう際には両手でグラスを持ちます。

アルコールお酒を飲む際は、立場が上の方へグラスの底が見えないように、横を向いて飲みます。そしてグラスを持つ反対の手で口元を隠します。

お酒の飲み方

お酒の注ぎ足しは禁止です。

お酒を注ぐ際はグラスが空になってからにしましょう。またグラスが空いていないうちに相手が自分にお酒を注ごうとしたら、すぐに残っているお酒を飲み干し、両手でグラスを差し出し注いでもらいます。

基本的に女性がお酌をすることはありません。会話する際、目上の方の目をじっと見ながら話すと失礼にあたりますので、適度に目を外しながら喋りましょう。

席次

席次の考え方は日本と同じで、入り口から見て奥側が上座になります。

食事代

韓国では基本的に割り勘で支払うことは少ないです。接待の場合は接待する側が全額支払います。プライベートの食事の場合は目上の方が全額支払い、二次会や三次会があった場合は相手がお返しに支払います。

昇進、結婚、誕生日などお祝いの際は、良いことがあった本人が全額支払います

カード社会なので屋台以外では大抵カード払いが可能です。万が一割り勘で会計する際も、別々にカード払いが可能です。

韓国人に聞いた日本の気になる食事文化

麺やスープをすすって食べる音

韓国の食事にも麺類が多いのですが、食事中は基本的に音を立てないことがマナーとなっているので、麺類を大きい音ですすっている人をみると「日本人だ」と思うそうです。

プロトコールという国際マナーでも音を食べて食事をすることはNGですので、海外で働きたい方は音を立てずに食事する習慣を身につけましょう。

お酒は飲みきってから注ぐ

韓国ではグラスが空いてからお酒を注ぐ文化ですが、それを知らない日本人のせいでお酒を飲み過ぎてしまったという話をよく聞きます。

まだ半分くらいお酒が残っているのに、日本人が注いでこようとするので、急いでグラスを空け注いでもらい……を繰り返していていくうちに飲み過ぎてしまうそうです。

特に韓国は上下関係が厳しく、目上の人からお酒を勧められた場合、断りづらい文化です。グラスが空いてから注ぐこと、無理にお酒を勧めないことを心がけましょう。

お通しが無料

韓国料理

多めの料理でおもてなしするのが韓国の文化なので、日本より品数も量も多いです。基本的にメインの料理のみ注文すれば、サイドメニューは注文する必要がないくらい無料のおかずが出てきます。

上の写真もケジャン(蟹)とポッサム(蒸した豚肉)の2品しか注文していません。そして大抵おかわりも無料です。韓国の方が日本に来ると、お通しや漬物が有料なことに驚くそうです。

日本人に聞いた韓国で驚いた食事文化

分け合う文化

韓国では「豆一粒でも皆で分け合う」と言われているくらい分け合う文化が浸透しています。友人同士でいる際に1人がアイスクリームを買ったら、そのひとつのアイスクリームをその場にいる友人皆で食べていて驚いたという話を聞きました。

職場でお菓子などを食べる場合も皆で分け合います。皆がいる前で何か食べたい時は分けるか、全員分買うようにしましょう。

直箸、直スプーン

韓国では取り箸はないので、鍋やおかずななど、皆で食べるものもすべて直箸です。美味しいおかずがあった時、直箸でおかずをとり、こちらのご飯の上に乗っけてきたという話もあります。

辛いものが苦手と話したら、その人の箸でキムチの表面についてる唐辛子をそぎ落とし、「こうしたら辛く無くなるから食べてみて」と、皿に乗っけてきて驚いたという話なども。

様々聞きますが、韓国人の方は好意でそのようにしてくれているので、頂いたものは食べるのが懸命です。

お酒の量が多い

乾杯

韓国のビールには様々な種類がありますが、基本的にスッキリとした味わいのため、ビールに焼酎を入れて飲むことが多いです。ソジュ(焼酎)+メクチュ(ビール)なので、頭文字を取ってソメといいます。

大学生はもちろん、社会人でもソメを一気飲みすることが多いので、そこまでお酒が強くない人でも鍛えられていきます。飲み会の途中で何度も乾杯をします。

まとめ

日本と同じくお箸を使う国なので、基本的に他の外国人よりは簡単にマスターできるでしょう。

上記の食事マナーが完璧に守れていなくても、外国人ということで優しく見てくれる方も多いです。しかし逆に外国人なのに韓国のマナーを習得していると好印象を持たれますので、早いうちから韓国のマナーを習得することをおすすめします。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【韓国求人】韓国就職したい日本人向けの求人サイトまとめ!韓国での働き方や暮らしの関連情報も

韓国で働くには?日本人の韓国就職・転職まとめ(職種、職業、給与、求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
HIROKO

HIROKOライター

投稿者プロフィール

サロン経営や鍼灸治療院勤務を経験。
現在は韓国・ソウルへ拠点を移しフリーライターとして活動中。韓国の情勢、流行についてリサーチし、発信している。東洋医学や健康関連の記事も多く執筆する。

海外移住・生活のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. グッドポイント診断
  2. 楽天カード
  3. 旅行バッグ
  4. 海外就職求人サイト
  5. シティ
ページ上部へ戻る