カンボジアでは何を食べるの?意外に何でもあるシェムリアップの食事情

シェムリアップの食事

海外移住の際、「食」は誰もにとって大きな関心事ではないでしょうか?

現地の食事が口に合うかどうか、食環境を楽しめるかどうかは、その国の住みやすさを決める要素にもなりますよね。

カンボジアではクメール料理が楽しめますが、お米とおかずを一緒に食べるというスタイルが日本人のスタイルと同じで、好みの料理も見つかりやすいです。お隣の国タイに比べると辛い味付けの料理がそれほどないので、「東南アジア=スパイシー」と思う方には意外かもしれませんね。

では、シェムリアップに暮らすとどんな食事が楽しめるのでしょうか。

今回はカンボジアのシェムリアップの食事情をご紹介します。

普段カンボジアで食べられるクメール料理とはどんなもの?

カンボジアのマーケット

カンボジアの主食はお米です。私たち日本人には嬉しい限りですよね。

筆者はアメリカに留学していたことがあるのですが、毎日温かい白米を食べられるのがどんなに幸せなことかその当時噛みしめていたので、異国であるカンボジアでも手軽に美味しいお米が食べられるのはとてもありがたいです。

カンボジアのお米は細長く水分が少なめで、香り高い品種が多く、水分の少ないお米は、スープと一緒にさらりと食べたり、炒めたりするのに適しています。

ここシェムリアップでは、トンレサップ湖でとれた魚をよく食べます。魚を発酵させたプロホックという、日本でいう味噌のような国民的食材があり、これがスープやおかずの味付けによく使われていたり、そのままご飯と食べたりもします。

もし、どローカルな味と食事の雰囲気を楽しみたいなら、お総菜屋さんに行ってみましょう。

町のいたるところで店頭に鍋を並べている場所がそれです。蓋を開けて覗いてみれば、現地の人が普段口にする魚のスープや、野菜炒めなどを選んで食べることができます。持ち帰りもオーケー。

白ご飯とおかず一皿であれば、1ドルほどで済むところがほとんどです。

カンボジアの朝ごはん「クイティウ」

写真はカンボジアの朝ごはんの定番、「クイティウ」。米から作られた麺にだしの効いたあっさりスープが朝食にぴったり。

ここでは多様な米の麺が好まれています。

カルボナーラにカオマンガイ……多国籍な外食も楽しめる!

シェムリアップで食べられるのは何もクメール料理だけではありません。

フレンチ、イタリアン、メキシカン、コリアン、中華、和食、インディアンなど、世界各国の料理を外食で楽しむことができるんです。

なぜこんなにも多国籍の料理が町に溢れているのかは定かではありませんが、外国人在住者が長期滞在するときにいきつくビジネスの形が自国の料理なのかな?と想像します。

どんな理由や背景があるにしろ、シェムリアップにいてこれだけいろんな国の料理が楽しめるのは嬉しい限り!

先日食べて美味しかったのは、手作りパスタを使ったカルボナーラ。ちょうどいい細さと湯で加減のパスタに濃厚なクリームが絡み合っていて絶品でした。

カオマンガイ

ランチでよく行くお店はタイ料理で、お気に入りは写真のカオマンガイ。

こちらはなんと2.50ドルという安さ!鶏肉と、刻み生姜の入ったガーリックライスが食欲をかき立てます。

こういった外食のお値段はもちろん注文する品にもよりますが、10.00ドル前後でメイン料理+飲み物を注文することができるお店が多いです。

また、記念日やお祝いにぴったりな雰囲気のよいレストランでのコース料理や、4つ星・5つ星ホテルのディナーなどもシェムリアップでは楽しむことができます。

カンボジア生活で恋しいのは、やっぱり日本食

なんだかんだと言って、カンボジアに長く滞在していると恋しくなるのが日本食……。

海外で暮らすと、日本の食事は自分の体にとてもよく合っていて、単に味の美味しさだけでなく、心を和ませてくれるものなのだということを実感します。日本食が食べたくなったら自分で作るのがてっとり早いかもしれません。

 

調味料は町のスーパーで手にはいる

味噌、料理酒、みりん、日本のお醤油、マヨネーズといった日本の調味料は「ラッキーモール」や「アンコールマーケット」といった町のスーパーで手に入れることができます。

白ネギや、豆腐、うどん、納豆など和食の定番食材もだいたいスーパーで見つかります。家で食べる手作りの和食は、口にした瞬間「ほっ」と落ち着きますし、何よりパワーの源になります。

代表的な日本食と言えば、「SUSHI」。シェムリアップにも寿司を食べられるレストランがいくつかあり、外国人も寿司が大好きです。

一方で、日本人が経営する、とんかつやカレーライスなどおなじみの家庭料理が食べられるお店もあり、在住日本人のよりどころとなっています。

まとめ

いかがでしたか?

現地での生活を健康に送るために大切な食事。

カンボジア人と現地の食事にトライするもよし、ホームシックにならないように和食を自炊するもよし。気分転換に他国の料理を楽しむもよし。

食生活を充実させ、カンボジアでの生活をより快適に過ごせるといいですね!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

カンボジアの生活を知るにはローカル市場!プサーには魅力がいっぱい

東南アジアに行くなら絶対にここ!カンボジアで体験出来る素晴らしい3つの体験

カンボジア人の習慣?ちょっと驚くカンボジアの子供たち

 

カンボジアお役立ち

知っておきたいカンボジアの治安、盗難被害に遭わないために

月4万円台で生活可能!カンボジア1か月の生活費シミュレーション

大学を出てすぐ新卒の私がカンボジアで生活することを選んだ理由

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
池内桃子

池内桃子ライター

投稿者プロフィール

大学生の時、カンボジアサーカスに地元で出会い、カンボジアを訪れるようになる。
大学卒業の翌年、日本語教師の仕事を機に移住。
現在はカンボジアサーカスの営業職を務める。カンボジアで好きなのは、ハンモックに揺られてのんびりと過ごす時間。2016年、在住5年目突入。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. フランス人
  2. フランス生活
  3. workingholiday
  4. 海外で働く
  5. 馬車:delman(デルマン)
  6. 結婚

おすすめ記事

  1. 人生は一度
  2. ワット・サンパシウ(ドラえもん寺)
  3. フィリピンでのチップ
  4. イタリア
  5. マニラの市場(マーケット)
ページ上部へ戻る