海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

実際にカンボジアに就職して知った、カンボジア人の働き方と職場事情

  • 公開日:
カンボジア

カンボジアで就職し、実際に働き始めて働いて数年経ち、少しずつ現地の人たちの働き方というものがわかってきました。

それを知らなかった当初は戸惑うことも多々ありましたが、カンボジア人の仕事の場面における特徴や行動パターンがある程度見えてくると、それに合わせることができるようになってきました。

職場でも自分が異文化圏にいるということを常に思い知らされますが、相手のことがわかってくると、それを受け入れるための準備ができるようになります。

今回の記事では、カンボジアで実際に働いてみてわかった、カンボジア人の働き方や職場事情をご紹介したいと思います。

カンボジアでは1にも2にもまず電話

「アロ、チュムリアップスゥオ」(もしもし、こんにちは)

カンボジア人はとにかく電話で用事を済ませたがります

「○○の値段はいくらですか?」といった些細な質問から、「●月×日に上司が出張でシェムリアップに来るんですが、ミーティングをお願いできますでしょうか」といったようなアポ取りまで、なにかにつけて電話をかけます。

人によって好みもありますが、8割以上の人がどんな用事でも、緊急であろうとなかろうと電話で伝えて済ませようとすることがほとんどです。

ただ、文字に書き残しておいた方がいい大事な情報は「すみませんが、再度メールをいただけますか」とお願いすることがよくあります。

電話だとすぐに事が済ませられるので便利ですが、音の聞こえ具合や電波の状況によっては聞こえづらかったり、お互い第二外国語である英語で話すので発音が聞き取りづらかったりということもあります。

ですので、メールでのフォローアップは欠かせません

カンボジアのお昼休みは2時間

カンボジア

カンボジアでは一般的に午前8時始業の8時間勤務という労働時間です。お昼休みは午後12時から2時までというところがほとんどです。

お昼を外の食堂などで済ませるカンボジア人も多いですが、それ以上に家に一旦帰ってお昼を取る、という人もたくさんいます

シェムリアップ市内は町の規模が小さいので片道15分ほどバイクを走らせれば帰宅できる人が多いのです。

お昼をとったら少し昼寝をして、午後出勤の前にシャワーを浴びる…と、日本人に比べると、カンボジア人はなんともゆったりと昼休みを過ごしています。

お昼休みは一番暑い時間帯なので、あくせく動かない、というのがいいのかもしれませんね。

カンボジアの縦社会

カンボジアでは役職や階級、年齢などがとても重視されており、物事の決定権は基本的にマネージャークラスの人々にあります。

ですので、私も社内外で質問をした際、「ボスがいないからわかりません」「ボスに聞いてから返事します」という回答をもらい、些細なことでも返答をもらうまで時間を要するということが多々あります。

また、上司が帰るまで下の者は退勤しない、などといった傾向も見られます。自分より年齢や立場が上の人を「ボン(~さんの意)○○(名前)」と呼ぶ習慣もあります。

カンボジアの家族・仲間意識の強い職場

私の勤めている職場の人間関係は比較的良好で、勤務後に皆で飲みに出かけたり、休みの日に会ったり、会社で内輪向けのイベントが組まれたりと、社員同士の仲が良い傾向があります。

個人的には、その背景に家族を大切にするカンボジアの文化があるのかなと思っていますが、お互いの居心地がいいことに越したことはありませんね。私にとっても、これがカンボジアでの働きやすさの一つとなっています。

カンボジア人は休みをしっかりとる

家族と過ごす時間をとても大切にするカンボジアの人たち。お正月やお盆休みは国の祝日に指定されており、その前後に有休を追加して、長い人だと一週間ほど休みをとって、実家に帰ります。

また、日本に比べるとカンボジアは祝日の数が多く、日本が年間16日なのに対して、カンボジアはなんと27日(2017年)!それに加えて有休が年に18日あるので、上手に計画すればたっぷりと休暇をとることができます。

ただ、シェムリアップでは観光・サービス業に従事している人が多く、カレンダー通りに休みをとれない、というジレンマを抱える人が多くいるのも事実です。

まとめ

日本とカンボジアでこんなにも違う働き方・労働事情。カンボジアで働くことを考えている方、就職が決まった方への参考になれば幸いです。現地の人の事情をよく知り、柔軟に対応しながら気持ちよく一緒に仕事ができるといいですね。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

カンボジア就職!首都プノンペンで働くために知っておきたい9のこと

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る