Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

ヨーロッパで唯一!ディズニーランドパリへ行く前の事前情報まとめ

ディズニーランドパリ

子供から大人まで、誰もが大好きで幸せになれる夢のディズニーランド、全世界に6カ所のパークがありますが、ヨーロッパ唯一のパークが、フランスパリにあります。

その名もディズニーランドパリ(Disneyland Paris)。

当初はフランス人にはなかなか受け入れられず定着しなかったディズニーランドも、ユーロディズニーからディズニーランドパリに名前を変え、2017年4月にはついに開園25周年を迎えます。

フランスに来たら、ぜひ1度は遊びに行きたい場所である、ディズニーランドパリをご紹介します。

ディズニーランドパリとは

ディズニーランドパリは、アメリカカリフォルニア、フロリダ、日本の東京に続き、世界で4番目に開園したパークです。

開園10年目に、映画をテーマにした2つめのパーク『ウォルトディズニースタジオ』も開園し、現在は2つのテーマパークを楽しむことができます。

開園時間は季節によって変わりますので、オフィシャルHPでご確認頂くことをおすすめします。

ディズニーランドパリの魅力!日本との相違点!

ディズニーランドパリ

ディズニーランドパリの魅力について語っていきたいと思います。

前述の通り、2つのテーマパークがあり、ディズニーランドパークは、ほぼ世界共通で、日本のパークとも類似しているのですが、もうひとつのウォルトディズニースタジオは映画をテーマにしたパークで、日本にはないアトラクションなどもたくさんあります。

今回は、日本だけでなく、世界のどのパークにもないディズニーランドパリだけで体験できる2つのアトラクションをご紹介します。

Crush’s Coaster(クラッシュコースター)

ウォルトディズニースタジオ内にある、映画「ファインティングニモ」をテーマにしたジェットコースターで、亀の甲羅をイメージした4人乗りの乗り物に乗って、暗闇の中を海の中を泳ぐように駆け巡るスリル満点のアトラクションです。

FPは導入されておらず、待ち時間は長いのですが、その待ち時間の間に無料WiFiでゲームをして遊ぶことができるので、長い待ち時間も苦にならず、あっという間に過ぎていってしまいます。

Ratatouille、The Adventure(レミーのおいしいレストランの大冒険)

2014年7月に新しくオープンしたアトラクションで、ネズミの形をした乗り物に乗って、3Dメガネをかけ、自分たちもネズミになった設定で、レミーのレストランを大冒険、映画「レミーのおいしいレストラン」の世界観を体感することができるアトラクションです。

音楽や映像だけでなく、料理のにおいや温度変化も楽しめる、ドキドキワクワク、最高に楽しいアトラクションで、FPにも対応していますので、有効にお時間をお使いいただけます。

このアトラクションがあるエリアも、映画の中を再現していて、映画の中にトリップしてしまったのかと思ってしまいます。

このほかにも、たくさんの楽しいアトラクションがあるのですが、パリにしかにこの2つのアトラクションはぜひぜひお見逃しなく!!

キャラクターダイニング

ディズニーランドパリ

せっかくパークに遊びに来たからには、ぜひぜひ行ってみたいのが、「キャラクターダイニング」ではないでしょうか。

その名の通り、レストランでご飯を食べながらキャラクターグリーティングできちゃうという夢のような場所なのですが、パリにはパーク内、パーク外合わせて、3カ所のキャラクターダイニングがありますのでご紹介致します。

カフェミッキー

ディズニーヴィレッジの湖の近くに位置する「カフェミッキー」は、ディナータイムのキャラクターダイニングとして営業しています。

ミッキーやミニーを始め、さまざまなキャラクターに会うことができる、フレンチレストランです。

大人:前菜+メイン【35.99ユーロ(約4,490円)】、前菜+メイン+デザート【45.99ユーロ(約5,630円)】

子供:前菜+メイン+デザート+飲み物【23ユーロ(約2,800円)】

Inventions

ディズニーランドホテル内にあるシックなレストランです。

ディナータイム及び月曜~土曜までのランチは、ノーマルコスチュームのキャラクターに会えるキャラクターダイニング、日曜日にテーマを決めたサンデーブランチがあり、ミッキーミニーをはじめ、さまざまなキャラクターが、テーマに沿ったコスチュームで登場し、とてもかわいらしいです。

ご飯はいずれもビュッフェスタイルのフレンチで、豪華なシーフードたっぷりな前菜から本格的なメイン、目にも鮮やかなきれいなデザートまで、本当にお楽しみにいただける内容となっています。

大人:ディナー・平日ランチ【59ユーロ(約7,220円)】、サンデーブランチ【68ユーロ(約8,300円)】

子供:ディナー・平日ランチ【33ユーロ(約4,040円)」 サンデーブランチ【37ユーロ(4,530円)】

Auberge de Cendrillon

ディズニーランドパーク内にあり、シンデレラをテーマにしたレストランです。

ランチタイム及び土曜日のディナータイムに、シンデレラ+2人のプリンセス+1人のプリンス、ネズミのスージーとパーラに会うことができるレストランで、ドレス姿に変身した小さなプリンセス達が、本物のプリンセスと夢の様なひとときを過ごすことができます。

前菜・メイン・デザートがセットになっているシッティングスタイルのフレンチレストランで、どのお料理も本格フレンチで、まるで☆付きレストランの様なお味が楽しめます。

大人:ランチ・ディナー【68ユーロ(約8,290円)】

子供:ランチ・ディナー【37ユーロ(約4,530円)】

ディズニーオフィシャルホテル

ディズニーリゾート内には7つのオフィシャルホテルがあります。

パークまでの無料シャトルバスと無料Wi-Fiのサービス、開園の2時間前からパークに入園でき、キャラクターグリーティングや一部のアトラクションを楽しめるエキストラマジックアワーという特典もあります。

Disneyland Hotel(ディズニーランドホテル)

ディズニーランドパークのエンドランスの上に建っているこちらのホテルは、立地条件も良く、内装も高級感に溢れ、女子に大人気の ホテルですが、もちろんお値段もお高いです!

予算1泊600ユーロ~(約7万3,000円)

 

Disney’s Hotel New York(ディズニーホテルニューヨーク)

NYをイメージした近代的な雰囲気で、パークまで徒歩10分で、ディズニーランドホテルの次にパークに近いホテルです。

予算1泊450ユーロ~(約5万4,900円)

 

Disney’s Newport Bay Club (ディズニーニューポートベイクラブ)

パークまでは徒歩15分ほどで、その名のとおり、ビーチリゾートをイメージしたホテルとなっています。

予算1泊400ユーロ~(約4万8,800円)

 

Disney’s Sequoia Lodge(セコイアロッジ)

パークまでは徒歩15分ほどで、アメリカにあるセコイア国立公園にあるロッジをイメージしたホテルです。

予算1泊350ユーロ~(約4万2,700円)

 

Disney’s Hotel Cheyenne(ディズニーホテルシャイアン)

パークまでは徒歩20分と遠いですが、オフィシャルホテルの中で最安値のホテルです。アメリカ西部をイメージして作られたホテルになっています。

予算1泊200ユーロ~(約2万4,400円)

 

Disney’s Hotel Santa Fe(ディズニーホテルサンタフェ)

パークまで徒歩20分と遠いですが、こちらもオフィシャルホテルの中で最安値のホテルになっています。アメリカ南西部の雰囲気で、カーズなどのキャラクターも導入されています。

予算1泊200ユーロ~(約2万4,400円)

 

Disney’s Davy Crockett Ranch(ディズニーデイビークロケットランチ)

パークから車で15分と、車がないと利用不可能なロケーションにあるバンガロータイプのホテルで、パークへのシャトルバスはありません。

以上7つがディズニーリゾートパリにあるオフィシャルホテルです。

せっかくだったら、豪華なお城の様なディズニーランドホテルに泊まりたい……けれど、予算の都合もあるし……少し遠くても安いホテルに泊まろうか?迷ってしまいますね。

あなただったらどこのホテルを選びますか?

でも、大丈夫!

どこのホテルに泊まっても、やっぱりここは夢の国、ディズニーマジックを体感できること間違いなしです。

予約は、オフィシャルサイトからもできますし、お電話でも可能です。頻繁にプロモーションをして、安くなっておりますので、そんな機会を利用することをお勧めします!

ディズニーランドパリまでの行き方

パリから・空港からパークまでの電車での行き方を簡単にご説明します。

ディズニーランドパリは、RERA線の終点、Marne-la-vallee駅にありますので、パリからの主な移動手段はメトロ(地下鉄)とRERA線を乗り継ぐ形になります。

パリには14本のメトロが走っていますが、RERA線とは、La defense、Charles de Gaulle Etoile、Auber、Les Halles、Gare de Lyon、Nationと交わりますので、RERA線に乗り換え、終点まで行って下さい。

RERA線は途中で2つに行き先が別れるので、乗り換えの際、しっかりと行き先を確認し、Marne-la-vallee行きに間違わずに乗るようにしましょう!

シャルルドゴール空港からは、TGV(新幹線)で10分ほどで着いてしまいますが、パーク行きのTGVの本数は少なく1時間に1本~2本ほどです。

また、バスも出ていますが、バスだと1時間ほどの所要時間がかかります。

ディズニーランドパリの基本情報

チケット料金と年間パスポート料金(2016年11月現在)

パークチケット料金

  • 1Day:2パーク(大人90ユーロ、子供82ユーロ)
  • 1Day:1パーク(大人75ユーロ、子供67ユーロ)
  • 2Days:2パーク(大人140ユーロ、子供126ユーロ)
  • 3Days:2パーク(大人174ユーロ、子供159ユーロ)
  • 4Days:2パーク(大人212ユーロ、子供192ユーロ)

年間パスポートの料金

  1. 年間パスポート(Classic)大人・子供:135ユーロ
  2. 年間パスポート(Fnatay)大人・子供:179ユーロ
  3. 年間パスポート(Dreams)大人・子供:223ユーロ

子供料金は3歳~11歳に適用されます。(3歳未満は無料)

「1パーク」チケットは、ランドかスタジオどちらか1パークを選んで入園するチケットです。「2パーク」チケットはどちらのパークにも自由に出入りすることができるチケットです。

 年間パスポートは3種類あり、Classic(年間280日間入園可能、80日の除外日あり)、Fantasy(年間320日間入園可能、40日の除外日あり)、Dream(365日毎日入園可能)となっていて、開園2時間前から入園できるエキストラマジックアワーの利用や、ショッピングやレストランでの割引、ホテル宿泊時の割引など、年間パスポートならではの特典がいくつもあります。

チケットの購入の3つの方法

①事前にインターネットで購入できるオンライン販売を利用すると、早割や平日割引などの割引チケットを購入することができ、購入後プリントアウトしたものを持っていけば、そのままチケットとして使用できます。

②パーク入り口のチケットブースで購入するのが、1番シンプルな手法ですが、割引はききません。

③オフィシャルホテルに宿泊すると、宿泊日数分のチケットが人数分ついてきて、エキストラマジックアワーを利用することもできます。

まとめ

いかがでしたか?

ご紹介してきたのは、ディズニーランドパリを楽しむための、ほんの一部の情報だと思いますが、ここから先は、ぜひ、ご自身で遊びに行かれてみると、夢の国の魔法は無限大に広がっていくことと思います。

詳細は発表されておりませんが、3月半ばからは、ディズニーランドパリ25周年のイベントが始まり、今までにない新しいイベントが盛りだくさんの様です。

ご家族で、お友達と、恋人と、ぜひぜひ遊びに行ってみてくださいね。

海外求人

【採用担当者の方へ】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

フランス人ってどんな感じ? 移住して感じた魅力と驚き6つ

有給は年37日間!のんびり過ごすフランスのバカンスの仕組み

フランスでワーホリ、思いがけないパリでの歯科治療体験

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

ページ上部へ戻る