海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

格安で映画を楽しむ!上海で映画を見よう

  • 公開日:
  • 更新日:
映画

中国の上海でも映画は人気のある娯楽の1つです。上海は日本と比較して映画館の数も多く、料金もリーズナブルになっています。リーズナブルな料金設定ということもあり、多くの中国人が映画を見に行きます。

今回は上海で映画を楽しむ方法についてご紹介します。

映画はちゃんと見にいく中国人

中国といえば知的所有権についての解釈が柔軟であらゆるものが正しいルートを通らずに流通しているという側面があり、ソフトウェア、映画やアニメ、ドラマなどもその対象となっています。

上海市内にもDVDショップが多数存在し、柔軟な解釈によって多数の新作がほぼリアルタイムにリリースされている状況です。

それだけではなく、動画共有サイト等でもすぐに柔軟な解釈による配信が始まってしまいます。こうなると誰も映画館に足を運ばなくなるんじゃないか……?と思うところですが、上海の映画館、人気作品は人でいっぱいです。

料金が安いから映画を見にいく

映画

上海で映画館に皆が足を運ぶ理由のうち、最も大きいのはなんといっても料金が安いことではないでしょうか?日本の場合、レディースデーやレイトショー等特別な場合を除いて映画の大人料金は一律1800円ですよね?IMAXで3Dいこともあるかもしれません。

中国の映画料金は一律いくらという設定がないため、作品や時間帯、購入方法等によって料金設定が異なります。

実際のところ、どれくらいの料金で映画を見ることができるかというと、30元~60元位でしょうか?1元=17円として計算して510円~1020円位で見ることができるわけです。これは安い!

ちなみに中国でも2016年の大ヒット作となった“君の名は。”ですが、ある映画館では12月24日(土)の料金が53元、12月26日(月)の料金が48元となっていました。平日の方が若干安くなってますね。

ほとんどの映画が日本より先に公開

洋画についていえば本国と日本では公開に若干タイムラグがあり、日本は少し遅れて公開することが多いですが、中国はほとんどの場合日本よりも公開時期が早いです。

話題作を日本よりも先に見ることが出来る、という映画好きには堪らない環境と言えます。

チケットはネットで購入、映画館で発券

映画のチケットはもちろん映画館でも購入できますが、ネットで価格を比較し、最も安いところで事前購入し、映画館で発券するというのがお得です。

ネット上で座席の指定まで出来るようになっていてとても便利です。映画のチケット購入サービスはたくさんの会社が提供しているので、発券機もサービスの数だけ存在しています。

映画の発券機

これ全部が別のチケット購入サービスの発券機!

チケット料金支払い後にスマホに表示されるQRコードを発券機にかざすとチケットが発券されます。

映画の発券機

この日はティム・バートン監督の新作『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』を見ました。

映画のチケット

チケット代は30元!人気作家の待望の新作で、日本でも話題になっているこの映画が30元で見られるというのは、素晴らしい!

映画の売店

映画といえばポップコーンやコーラですが、チケットカウンター傍の売店でちゃんと売っています。私が良く行く最寄りの映画館は小さ目の映画館が複数入っているいわゆるシネコン型の映画館で、設備も非常にきれいです。

子供は身長130㎝以下は無料

日本の場合は小学生までは子供料金だと思いますが、中国の場合は身長130㎝までは無料、それ以上は大人料金となります。映画館は全席指定のため、無料で入場した子供分の席は当然ありませんので、大人の膝の上で鑑賞することになります。

しかし、席が空いていればそこに子供を座らせる場合がほとんどですので、もし自分の席に別の人が座っていたらチケットを見せて席を空けてもらいましょう。

中国人は映画にリアクションする

映画の鑑賞中ですが、中国人は内容に合わせて笑いが起きる等リアクションする傾向があるように思います。といっても鑑賞の邪魔になる程ではありません。

子供向けの映画の場合はより大きなリアクションを主に子供がするのと、話声が聞こえたりするのはご愛嬌でしょう。

中国ですので字幕版は中国語字幕、吹き替え版は中国語吹き替えとなってしまいますので、語学が苦手だとちょっと厳しいかもしれませんが、語学の勉強のつもりで映画を見る、というのも1つだと思います。

また、日本で映画が終わった後、エンドロールが終わるまで席を立たずに余韻を楽しむ人が多いですが、中国の場合、本編が終わると全員席を立ちます

というか本編が終わったらエンドロールが流れていても館内の電気がついてしまいます。個人的には最後の最後まで余韻を楽しみたいところなんですけどね。

まとめ

中国の映画料金は日本と比較してリーズナブル!身近で手軽なレジャーとして人気です。チケット料金は一律ではなく、作品の人気や上映日、時間帯等によって変動します。

チケットは映画館だけではなく、ネット上でのチケット購入サービスから購入できますので、複数の購入サービスサイトでチケット料金を確認し、1番安い値段で購入しましょう。

海外求人

【採用担当者の方】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

中国人の一大イベント!中国の春節(旧正月)とは

中国ではFacebookが使えない!中国版Webサービスの紹介

台湾に住む前に知っておきたい台湾語と中国語の違い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

うさおライター

投稿者プロフィール

上海在住8年目。
妻と娘に愛されるパパを目指して奮闘中。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る