海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

カナダ生活の悩みと対処法

  • 公開日:
  • 更新日:
悩み

私がいるカナダの冬は連日マイナス25~30度ですが、周りのカナダ人曰く「そんなに寒くない」冬らしいです!0度まで暖かくなると(決して暖かくはないのですが暖かく感じてしまうカナダマジック)半袖半ズボンで過ごすカナダ人に脱帽です。

初めてカナダに住んで、いろんな体験を通して毎日楽しく過ごしています。しかし海外生活では大変なこともあります。そんなカナダ生活での悩みと対処法をいくつかご紹介します。

英語という言葉の壁

もちろん言葉は壁になります

カナダに来てから現地の語学学校に3カ月通いました。学校では英語にも慣れて最初よりは自信もついたのですが、実際は学校の先生みたいにゆっくりはっきり話してくれる人ばかりではありません。

聞き返したり意味を聞いたりすると、あからさまに嫌な顔をされたりため息をつかれたりする時もあります。

特に困るのが銀行や病院だと思います。私はすごく大変な経験をしました。

自分の症状をうまく伝えられないし、お医者さんの言っていることもわからないし。「英語聞き取りが難しいなら書いてあげる」と親切に紙に書いてくれたのですが、達筆で全く読めず……。

しかし何度目かのある日、先生がgoogleの翻訳機能を使いながら説明してくれました。完璧な日本語訳ではなかったですが、難しい単語を理解できたのですごく役に立ちました。

今は便利なアプリやサイトがたくさんあるので、困ったときはフル活用してみてください。

郵便物を勝手に返送

メールボックス

外国に住んでいると日本では考えられないハプニングが起こります。

私は田舎の方に引っ越してしばらく郵便物が全然届きませんでした。期限が迫っている物があったので地域の郵便局に問い合わせました。すると見たことない名前だったので配送ミスだと思い全部送り返していたとのこと…

日本だったら確認のため電話をかけてくれるのに!と思いつつ、日本の常識や考え方をカナダに当てはめてはいけないなと思いました。

今では小さなコミュニティで新しく引っ越してきた自分の存在をアピールするためにホームパーティや地域のイベントへ積極的に参加するようにしています。

遅れたのは誰のせい?

他にもびっくりしたこともありました。

携帯電話を契約して3カ月間請求がありませんでした。メールで請求書が送られてくるはずでしたが何の連絡もなく、2,3回会社に問い合わせをしました。その度に「請求書の準備が遅れているだけなのでもう少し待つように」と言われました。

ある日会社から電話がかかってきて「契約して3カ月経つのに支払いが全くないので遅延料金を含む〇〇ドルをできるだけ早く払うように。」と催促されました。

私は何度も問い合わせをしたけど遅れているだけと言われた、と伝えました。しかし「支払いが遅れたという事実」はどうにもできないと言われ、遅延料金も払うことに。

納得はできませんでしたが遅延料金が2ドル(約180円)だったので払い、今はオンライン上で早めの支払いを心掛けています。

今回は大した金額ではなかったのでよかったのですが、次回からは「遅れているだけ」という言葉は信用せずに問題や疑問はなるべく早いうちに解決しようと思います。

カナダタイム

カナダ人

以前カナダ人の先輩に「明日朝9時ごろからトレーニング始めるね。」と言われたので、約束の9時に職場へ。待てど暮らせど先輩は現れず、来たのは10時半……。謝ることもなく何事もなかったようにトレーニングが始まりました。

そして同じ先輩に次の日は10時集合と言われたので、10時に職場へ。今日は遅れたから明日は遅め集合にして時間通りに始めるのかな、と思いきやまさかの11時半出勤……。

この先輩以外にも夕食に誘ってくれた友達が「ディナーは7時ね。でもその前にメールするから!」と言われて待っていると9時にメールが来て「今からディナーだから来て」と。

バスは遅れるのが当たり前なので、5分前行動が基本の日本人としては時間に緩いカナダタイムは時々イラっとします。ただそんな時は「あわてないあわてない ひと休みひと休み」と一休さんを思い出して落ち着くようにしています。

一口にカナダと言っても広いので、もしかしたら他の都市では時間に正確なのかもしれません。

もしみなさんが外国で時間のルーズさに戸惑うことがあれば「国が変われば時間に対する考え方も違う、ここは外国!」と割り切って受け入れることが大事だと思います。

まとめ

いかがでしたか?

海外にいると日本では考えられないようなことが起こりますよね。

笑って済ませられないこともあるかもしれませんが、一つ一つに腹を立てるのも疲れてしまいます。せっかく海外に来るなら「日本ではできない経験をしている」と思った方が楽しいと思います。

皆さんも、海外びっくり体験をエンジョイしてくださいね!

おすすめ

カナダ生活を満喫するために!行く前に準備しておきたい7つのこと

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための18の能力

どんな人が海外での暮らしを楽しむことができる?海外に適した人の8つの特徴

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

MaryMライター

投稿者プロフィール

現在カナダ在住で現地の田舎にあるリゾートで住み込みの仕事をしています。
大自然とカナダ人に囲まれて日本とは全く違う日常を生活中。
カナダ以外にもニュージーランド、オーストラリアでの居住歴あり。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る