海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

フランス留学のための住居の探し方

  • 公開日:
  • 更新日:
学生寮

留学準備の際に直面する問題の一つに、住居探しが挙げられます。ビザ申請をする時に、フランスでの滞在先の住所を申告しなければなりません。フランスに行かずに滞在先を探すことは、難しいことのように思われるでしょう。

しかしインターネットでどんなことでも情報収集ができる今日、日本にいながらにしてフランス留学中に滞在する住居を探し、住むための手続きができるのです。

今回はフランス留学準備のための住まいの探し方についてご紹介します。

フランス政府学生支援機構CROUS(クルース)で住居探し

フランスの部屋のベット

フランス政府の運営するCROUSはフランスの大学生に対して住まいを始めとする学生生活をサポートをしてくれる機関です。

学生の国籍は問わず、フランス国内の大学生全員を対象にしている支援機構であり、語学留学であってもこの機関のホームページから住まいを探すことができます。

フランスでは各大学内にある学生寮が日本よりも充実しており、多くの大学生がこの学生寮に住んでいます。しかし留学生の場合は交換留学や国の給付型奨学金制度で留学している学生が優先的に大学寮に住むことができるようになっています。

私費や語学留学で滞在する学生は大学寮へ入居することは困難です。

しかし大学外にも学生向けの寮はあり、寮によってはインターネットで直接入居の申込ができます。各寮のホームページには問い合わせ先が記載されていますので、直接コンタクトを取ることをおすすめします。

迅速な回答をメールでもらうことができれば、その寮がきちんと信頼できる寮なのかという判断材料にもなります。

CROUSについて紹介ページ(在日本フランス大使館HP)

http://www.ambafrance-jp.org/CROUS

CROUS住居探し専用HP

http://www.etudiant.gouv.fr/?#

大学や語学学校のホームページで住居探し

フランス

各大学や語学学校などのホームページにも学内外の住居について紹介されているページがあります。各学校の近辺にある学外の寮が中心に紹介されています。

学外の寮の場合は学校からの距離やアクセス方法なども事前にきちんとリサーチし、なるべく通いやすい立地にある住まいを選択することをおすすめします。

また学外の寮の場合は市内にあるいくつかの学校の学生が共同で住んでいるので、留学中に多様な国籍の学生たちと交流がしたい方には様々な出会いが経験できるので良いのではないでしょうか。

日本人向け海外掲示板から住居探し

移住、留学、仕事で赴任など様々な理由でフランスに住んでいる日本人はたくさんいます。そんな現地在住の日本人向けに住まいに関する情報交換ができるインターネット掲示板があります。

現在契約している住人が引っ越しするので新しく契約してくれる人やルームシェアメイトを探しているなどといった情報が公開されています。

場合によっては、日本語で問い合わせすることも可能なケースもあるのでフランス語が少し不安な方にも便利です。

ちなみにフランスでは学生の場合ルームシェアが一般的なので、日本のように個人でアパートの1室に住むというケースは滅多にありません。

多様な国籍の学生たちと共同生活することは留学中の貴重な体験にもなるので、もしルームシェアができそうであれば、一度挑戦してみても良いかもしれませんね。

みんなのjimomo:http://paris.jimomo.jp/realestate/

フランス掲示板:https://kaigai-bbs.com/fra/thread/rent/

フランスの一般の学生寮ってどんなところ?

学生寮

私は学生時代にストラスブールに留学していました。私が実際にどのように住居を探して手続きをしたのかご紹介します。

先ほどにも挙げたCROUSと語学学校(IIEF)のホームページ上で紹介してあるストラスブール市内にある学生向けの寮をいくつかインターネットで探しました。

寮にもよるのですが、インターネットで申込できるところもあればできないところもあり、また通う語学学校からの立地条件等も考慮しながらどこの寮にするのか決めました。

最終的にインターネットで入居申込ができ、語学学校にも徒歩で通えるAMITELという寮を見つけることができ、そこに決めたのです。

もちろん手続きの流れやきちんと対応してくれるところなのかホームページだけでは判断できないので、メールでもコンタクトをとりました。

メールでのやり取り、回答も早く、丁寧に受答えしてくれたので、先方の対応の良さもAMITELに住居を決めた理由です。

またAMITELの場合は市内にある様々な学校の学生や留学生が住んでいるだけでなく、仕事により短期でストラスブールに滞在している社会人のフランス人を始め、様々な人たちが住んでいました。

留学生として学生以外の人たちと友達になり、交流できる機会というのはなかなかないので、様々なバックグラウンドの人たちと出逢えるのは学外にある寮の良いところではないでしょうか。

語学学校情報

  • 学校名:IIEF (Institut International d’Études Françaises)
  • 住所:22 rue René Descartes – 67000 Strasbourg
  • 公式サイト:http://iief.unistra.fr

住居情報

まとめ

日本にいながらにしてフランス留学中の住まいを探すことが本当にできるのか不安な方は多いかもしれません。しかしフランスは留学生が多いので、日本よりも学生向け住居が充実しており、インターネットでも十分情報収集ができます。

事前に部屋を訪れて確認できない、先方の担当者と直接手続きについて話ができないなど不便な点はありますが、そういった場合はきちんとメールで疑問に思う点などを確認することをおすすめします。

安心して留学生活を送ることができるように、快適な部屋が見つけられると良いですね。

 

海外求人

【採用担当者の方】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

フランスで初めてのワーホリ!書類作成、ビザか申請から渡航まで

フランスのおすすめ語学学校Cavilam(カヴィラム)

4ヶ月履歴書を送り続けた!フランスで現地採用の面接体験

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
shoko

shokoライター

投稿者プロフィール

現在教育関係の広告代理店でフランス人向け日本留学企画の担当として勤務する会社員。
フランス留学と出張の経験を活かしてライターとしても活動開始。これまでに旅した国は16カ国。

ページ上部へ戻る