海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

台湾留学のすすめ!台湾で中国語を勉強しよう!

  • 公開日:
  • 更新日:
台湾

台湾の公用語は中国語です。私も実は台湾留学を考える前までは、台湾では台湾語や広東語が話されていると勘違いしていました。

多少、台湾特有の言い回しがあることはありますが、基本は標準中国語であり、アメリカ英語とイギリス英語の違いのようなものだと思います。そのため、台湾でも中国本土で通用する中国語を問題なく学ぶことができます。

中国語留学を考えている方に、台湾の語学学校について紹介したいと思います。

台湾留学をおすすめする理由とは

台湾

まず、台湾には親日家が多く、日本に興味を持ってくれている人、日本語が話せる人が他の国に比べて多いので、たとえ中国語が話せなくても親切にしてくれる人が多いです。

そして、台湾は文化的にも日本に近い国であり、食べ物も日本人の好みに合うものが多く、食品や日用品等も日本の製品が手に入りやすいこと、交通機関も便利、衛生面、治安面などに関しても日本と変わらないくらいに綺麗で安全であることから、とても暮らしやすい環境であるということが言えます。

もちろん完全な標準中国語が話されているところで学びたい、日本とは異なる中国の文化をどっぷり感じたいという人には中国留学がおすすめですが、実際に中国は特に大都市だと大気汚染が深刻で、衛生面も台湾と比べて綺麗とは言えず、私も中国へ旅行に行くたびにお腹を壊したり体調を崩したりしています。

さらに中国はインターネット規制もあるので、日本の家族や友人と連絡を取りづらくなってしまうことも事実です。

そのため、日本人にとって、住みやすさ、安全面などを総合的に考えると中国よりも台湾がおすすめです。

台湾留学で学べる中国語

中国と台湾の中国語の違いですが、冒頭で述べたように、文法的な違いは全くなく、少し台湾訛りのようなものはあっても、それが中国本土で通じないことはありません

私も日本で標準中国語を勉強してから台湾に来ましたが、大きな違いは感じません。

また、漢字については、中国では簡体字、台湾では繁体字が使われているのでこちらは大きく異なってきます。台湾で使用されている繁体字は旧字体であり、日本の漢字はどちらかというと繁体字に近いので、日本人にとって読みやすいのは繁体字です。

台湾の学校で簡体字を学ぶことはできませんが、複雑な繁体字を覚えてしまえば、簡体字も自分で勉強していくことは難しくはありません。私も繁体字と簡体字は両方読み書きできるようになりました。

台湾の語学学校

台湾の語学学校

台湾の語学学校ですが、ほとんどが大学付属の語学センターになります。プライベートの語学学校もありますが、数は少なく値段も高くなるため、大学の語学センターを選ぶ人が多いです。

学校の数は台北が一番多いですが、台中、台南、高雄にも複数あります。

基本はグループクラスであり、春・夏・秋・冬学期と開始時期も決まっていて、1学期は約3ヶ月です。学校によっては個人クラスも設けているので、個人クラスのみでも、またはグループクラスと合わせて追加で受講することもできます。

台湾

大学の中にあるので、図書館やジム、学食などの設備が使用できたり、また、申し込めば大学の宿舎に滞在したりすることもできます。

通常、生徒は日本人や韓国人の割合が高い傾向にありますが、学校によってはかなりインターナショナルで、私の通っている学校にも、アメリカ、オーストラリア、フランスなどといった国からの生徒もいれば、タイやベトナム、インドネシアなど東南アジアの生徒も多く、世界各国から留学生が来ています

台湾留学のグループクラス

会話

事前に中国語レベルのチェックがあり、レベルごとにクラス分けがされます。グループクラスでも、どの学校も5~10人と少人数制のクラスが徹底されているため、発言の機会も多く、先生も1人1人をよく見てくれます。

私の学校では授業は文法、リスニング、リーディングに分かれていて、発音もその都度直してくれます。

大半の学校が1日3時間、週に15時間の授業なので、アルバイトなどをしながら通うことが可能です。授業料は1学期(約3ヶ月)で100,000円前後のところが多いです。

グループクラスのメリットとしては、クラスメートと情報交換をしたり、一緒に学ぶことができ、中国語を学ぶ外国人の友達ができること、国際色豊かな学校であれば、色々な話題が出て授業はより面白いです。

デメリットは、グループなので自分のペースで授業が進まないことです。少人数とは言え、他のクラスメートが回答したり、直されたりしているのを待っている時間は短くはありません。

また、漢字を一から学んでいる外国人に比べると、漢字を知っている日本人は読み書きに強いので、そこだけレベルが合わないこともあります。また、学期ごとなので自分の好きなタイミングで入学できないこともデメリットです。

台湾留学の個人クラス

勉強

1対1の個人クラスは、プライベートな語学教室か、個人クラスを設けている大学の語学センターで受講することができます。

授業料は1時間2,000円程度からと、台湾の物価的には高めですが、短期間で学びたい人にはこちらの方がずっと進歩は早いです。

メリットは、やはり自分のペースで集中的に勉強できること。先生と話す時間も断然多くなるので、会話力も上がります。また、好きなタイミングで開始できて、1日何時間、いつにするか、自分の都合に合わせて自由に受講できることも魅力です。

デメリットは、授業料が高いこと、他の生徒との関わりがないので友達ができにくいところです。

台湾の大学へ正規留学

大学

大学に正規入学するとなると、中国語が台湾人並みにペラペラに話せないと難しいのではないかと思われがちですが、外国人枠があるため、優遇して入学させてもらうことが可能です。

実際に私の周りにも、中国語は基礎レベルであるけれど正規大学生である外国人の友人も数人います。やはり、最初は苦労すると思いますが、卒業時にはきっとペラペラです。

外国人向けの奨学金制度も学士、修士共に充実しているようなので、学位取得と同時に中国語を勉強したい方にはおすすめです。

まとめ

台湾でのおすすめの勉強方法は、まず基本的な発音や文法を学校で習い、ある程度ボギャブラリーが増えてきたら、台湾人の友達をたくさん作って話すことが一番だと私は考えます。

日本人に対して友好的に接してくれる台湾人は多く、また日本語を学びたい台湾人も多いので、語学交換をするのもおすすめです。中国語留学を考えている方、ぜひ台湾留学も視野に入れてみてください。

海外留学

留学は賢い情報収集から!「留学くらべ~る」で無料パンフレットを取り寄せ♪

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

ページ上部へ戻る