海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

スペインのスーパーマーケットには何がある?MERCADONAで買い物してみよう

  • 公開日:
  • 更新日:
ショッピングカート

スーパーマーケットは生活に欠かせない存在です。

スペインにコンビニエンスストアはありませんが、代わりに大きめの都市であれば街中でスーパーマーケットをよく見かけます。

プライベートブランドのバリエーションが豊富なスーパー、オーガニック製品を取り扱うスーパー、日曜日や祝日も開いているスーパー等それぞれ特徴があるので、目的や予算に応じて使い分けてみましょう。

スペインのスーパーマーケットの営業時間

基本的に日曜日と祝日はお休みです。月曜日から土曜日までの朝9時または10時〜夜21時30分または22時まで、というのが一般的です。

スペインのスーパーマーケットで売られているもの

日本と同様に食料品、生活用品、お酒、お菓子等が売られています。スーパーによっては文房具や化粧品を置いている場合もあります。

生魚カウンターがないスーパーもある

小さいスーパーには生魚カウンターがないことがあります。すでに切ってある魚がパックで売られている場合もありますが、それもない、つまり生の魚が売られていないスーパーもあるので、魚を買いたいときは注意が必要です。

冷凍の魚(バカラオ=鱈やサーモン)、エビ、イカ等はある程度売られていますが、生魚に比べると割高です。

細切れ肉は売っていない

日本では細切れ肉のような薄い肉が売られているのが当たり前ですが、スペインでは薄く切られた肉は売られていません。

パックで売られている肉類は、ひき肉、ブロックまたは生姜焼きより少し厚めに切られたくらいのものです。精肉カウンターで「薄く切ってください」と頼んでも、日本の薄切れ肉、細切れ肉ほどの薄さにはなりません。

日本食を作るなら薄く切られた肉を使いたくなるタイミングは多々ありますが、ここは外国と思って他のやり方で調理する方法を見つけるようにしたいですね。

お肉、お魚、野菜、フルーツは量り売り

野菜

お肉は日本でも量り売り(500g300円のような形式)ですが、スペインでは魚、野菜、フルーツも同様に量り売りです。日本のようにジャガイモ1個39円、のような売られ方ではありません。

例えばバナナ1.29ユーロ/キロのような形で並んでいます。購入したい量を取ったら自分で量りにかけて、機械から出てくる金額のついたシールを袋に貼るか、レジで店員さんが量って金額を計算します。どちらの方式なのかはスーパーによって異なります。

生魚コーナーで売られているお魚も量り売りなので、頼むときは重さを指定します。お魚はあまり小さい単位だと売ってくれないことがあるので、0.5kg(medio kilo)か1kgで頼むとスムーズです。

この量り売りは、安いのか高いのかの感覚がなかなかつかめなくて、慣れるまでに時間を要すかもしれません。私はそうでした。ちなみにスペインの野菜とフルーツは日本より安いものが多いです。先日スーパーでトマト1.99ユーロ/2kgで売られていたのを見ました。

スペインにある主なスーパーマーケット

地域ごとに特色がありますが、スペインにある主なスーパーマーケットをご紹介します。

MERCADONA

MERCADONA

スペインのスーパーといえば、みんな大好きMERCADONA。

大型店舗が多く、あらゆるものが揃うのが特徴です。日本で郊外型のスーパーに慣れている人は、MERCADONAに行くと落ち着くかもしれません。

生魚カウンター、精肉カウンターがあり、お店によっては生ハムを切り売りしているカウンターがあります。もちろんパック済みの魚や肉も売られています。

品揃えの多さがMERCADONAの強みと言えるでしょう。

Dia

diamarket

低価格の商品を展開しているイメージのDiaは店舗数が多いです。店内はあまり広くないので、住宅が密集した地域にも店舗展開しており、リーズナブルなスーパーというイメージがあります

生魚カウンター、精肉カウンターはありませんが、パック済みの肉は売られています。魚は冷凍のものが売られています。

2個買うとそのうちの1個が50%引きになる、というプロモーションや、tarjeta Diaというメンバーズカードを持っていると対象商品が5%引きになる、というプロモーションをよくやっています。

LIDL

LIDL

テレビCMを積極的にうっているLIDLは、食料品以外に家具の取り扱いもあります。

「アジアの心」または「アジアの心臓」というブランド名でオリエンタルな食料品も提供しています。ごま油、寿司用の米や海苔、生姜の漬物(ガリのようなもの)、オリエンタルな料理に使えそうなソース類が売られています。

また種類はあまりありませんが、オーガニック食材も取り扱っています。LIDLもリーズナブルなスーパーのイメージがあります。

Carrefour Express/Carrefour Market

Carrefour Express/Carrefour Market

Carrefour Express、Carrefour Marketの強みは日曜、祝日も開いている店舗があることです

スペイン人は昔からその習慣に慣れているかもしれませんが、毎日開いているスーパーが普通である日本人の私たちからしたら日曜、祝日にスーパーが閉まってしまうことは、ときとしてとても不便です。

他の全てのスーパーが閉まってしまうスペインにおいて、これほど心強い存在はありません。なんと、マドリードには24時間空いているCarrefour Marketもあります。

他のスーパーより少し高いイメージのあるCarrefour Expressですが、実際はそんなことはありません。よく比較すると、他のスーパーより安く売っているものがあったりします。

例えば、電子レンジで温めれば食べられるToritila de patata(スペインオムレツと呼ばれているジャガイモが入ったオムレツ)は、Diaで1.99ユーロで売られていましたが、Carrefour Expressでは1.69ユーロでした。

大きめのCarrefour ExpressやCarrefour Marketでは、調理済のお惣菜のようなもの、お弁当のようなもの、軽く火を通すだけで食べられるものが売られていたりします。

スペインのスーパーでは日本のお惣菜のようなものはあまり売られておらず、当然ですがお弁当もありません。料理する時間がないときや短期ステイのアパートで軽く食べたいときに、調理済の食べ物が売られているCarrefourが近くにあるととっても重宝します。

大きめの店舗ではオーガニック食材も取り扱っています。

Super Sol

Super Solは生魚カウンター、精肉カウンターどちらもあります。Super Solもプライベートブランドを展開しており、品揃えは割と豊富です。MERCADONAほど種類はありませんが、一通りの食料品、日用品は揃います。

ALDI

中心部から少し離れたところに店舗を持つことが多いALDIは、オーガニック食材の取り扱いが他のスーパーに比べて豊富です

卵、クッキー等のお菓子、ソース類、パスタ類、お米、乳製品、ジュース等があります。ピコス(グリッシーニのようなもの)やラスクに付けて食べられそうなクリーム、スペルト小麦の飲み物、野菜ジュースはとても美味しいですよ。

精肉カウンター、生魚カウンターはありません。パック済の魚や肉は、種類はあまりありませんが売られています。

ALDIは自社製品のポテトチップスの種類が多いです。ノーマルな塩味、ギザギザの断面のチップス、パプリカ味、オリーブオイル味、コンソメのような味、野菜チップス等ポテトチップス売り場では悩むくらいです。

洋服や小さめの家電も売られています。清潔感のある店内と、レジの人の対応がいいので、好きなスーパーの一つです。

ご紹介した以外にもスーパーはあります。地域によって展開しているスーパーが異なるので、自分の住んでいる地域でお気に入りのスーパーが見つかるといいですね。

MERCADONAで買い物してみよう

ご紹介したスーパーの中で品揃えが豊富なMERCADONAについて、もう少し詳しくご説明します。

MERCADONAの食料品

MERCADONAの食料品

たいていの食料品は揃い、野菜も種類が豊富です。MERCADONAの食料品のプライベートブランドは「HACEN DADO」(アセン・ダード)で、リーズナブルな価格で商品を提供しています。HACEN DADOのインテグラル(全粒粉)のピコスはとても美味しいですよ。

その他にHACEN DADOブランドで美味しいのが、tomate frito receta artesana(手作りレシピのトマトソース)です。tomate fritoは通常のタイプも売られていてそちらの方が安いですが、この手作りっぽい感じのtomate fritoは味が濃くどろっとしていて美味しいです。

HACEN DADOの製品ではありませんが、MERCADONAで売られているチーズの中では、「OLD AMSTERDAM」というオランダのチーズがとても美味しいです。少し燻製のような香りのする薄いオレンジ色の熟成チーズで、お酒のお供にピッタリです。

MERCADONAの野菜

MERCADONAの野菜

野菜、フルーツが売られているコーナーでは、その日のお買い得品を見つけるようにしましょう。日によって値段が異なるので、要注目です。例えばバナナ(platano)は0.99ユーロ/kgのときもあれば1.29ユーロ/kgのときもあったりします。

ほうれん草は適度な大きさにカットされて袋に入った状態で売られています。味は日本のほうれん草を想像して食べるとちょっと違うかもしれません。

ほうれん草に似たアセルガ(acelga)という野菜もあり、こちらは袋詰めのものとカットされる前のものの両方が売られています。小松菜のような味の緑野菜で、生でサラダとして食べることもできます。

日本人には嬉しい大根(nabo)も置いてあります。大根おろしってたまに食べたくなりますよね。日本の大根のように長いものではなく、ジャガイモのような形の大根です。

MERCADONAの肉

MERCADONAの肉

MERCADONAには他のスーパーに比べるとたくさんの種類のお肉が置いてあり、パック(生または冷凍)で売られています

このパック済の肉コーナーには鶏肉、牛肉、豚肉、七面鳥の肉が置かれています。部位ごとにカットされた状態、またはひき肉の状態で売られており、planchar(焼く)用、freir(揚げる)用と、ご丁寧に用途が記載されています。

パック済で売られている肉に対して「骨を取り除いてほしい」等の要望があれば、精肉カウンターで処理してもらえます。

MERCADONAの生ハム

MERCADONAの生ハム

生ハム売り場では、その場で生ハムを切ってもらって買うことができます。もちろん、パックされた生ハムも売られています。日本で買うと高い生ハムですが、スペインでは気軽に食べられる価格で売っているので、生ハム好きさんには嬉しいですね。

MERCADONAの生魚カウンター

MERCADONAの生魚カウンター

生魚カウンターでは、氷の上に並べた状態で魚が売られています。値札に10.95ユーロ/kgのような記載があるので、係の人に購入したい魚と量を伝えます。イカ等さばくのが難しいものは、お願いするとさばいてくれます。

売られている魚介類はサーモン(salmón)、鱈(bacarao)、メルルーサ(merluza)、イワシ類(sardinaやboquerón)、アジ科のjurel、イカ類(choco、calamar、chipirón)、タコ(pulpo)、スズキ科のlubina等です(仕入れ状況によって異なります)。

野菜と反対で、魚は日本で買うより割高な印象があります。

MERCADONAのパン

MERCADONAのパン

MERCADONAで売られているバゲットは、店内で作られています。タイミングが合うと、焼きたてのバゲットを買うことができます。1本0.6ユーロ程で、3本入りで1.1ユーロくらいと、とてもお買い得です。

パンはパン屋(panadería)で買う人も多いですが、ハシゴする時間がないときはスーパーで他のものとまとめて買えたら便利ですね。

MERCADONAのお菓子

MERCADONAのお菓子

クッキー、チョコレート、ポテトチップス等のお菓子ももちろんHACEN DADOブランドのものがあります。

写真左下の黒い袋に入ったポテトチップスは、Lay’sのgourmetという少し高いポテトチップス(堅揚げのポテト)を真似したもので、Lay’sより安く売られています。堅くて美味しいです。

右下のオレンジの袋に入ったポテトチップスは波型のチップスで、これもはまります。真ん中の紫の袋に入ったポテトチップスはフライドポテトの形をした「じゃがりこ」のようなチップスで、ケチャップにつけて食べたくなります。

MERCADONAのお酒

MERCADONAのお酒

スペイン産ワインは1本1ユーロ弱のものもあります。3ユーロ程でも美味しいワインを買うことができるので、スペインワインに是非注目してみてください

熟成期間によってCrianza、Reservaと表記が異なります。Reservaの方が熟成期間が長いです。

シェリー酒は、辛口のfinoやManzanilla、かなり甘口のPedro XimenezやCanasta、甘口のMoscatel、その他、Cream、Oloroso等の複数の種類から選ぶことができます。

スペインのワイン生産は、その生産量がフランスやイタリアを抜いて1位になったこともあるくらい盛んです。是非スペインのワインやシェリー酒をたくさん試してみてください。

ビール

ビール

ビールも複数種類の取り扱いがあります。ちなみに私の住んでいるアンダルシアではCruz Campoが一番人気です。Cruz Campoだと1缶0.5ユーロちょっと、1ケース(24缶)購入しても8.4ユーロです。とても安いですよね。

MERCADONAの日用品

MERCADONAの日用品

日用品は「BOSQUE VERDE」(ボスケ・ベルデ)という名前のプライベートブランドを展開していて、こちらも低価格です。洗剤や柔軟剤はびっくりするビッグサイズで売られているので、業務用かと思うほどです。

上の写真はまさに柔軟剤の写真ですが、香りの種類もいくつかあって、プライベートブランドとはいえその実力は侮れません。

MERCADONAの美容品

MERCADONAの美容品

MERCADONAは化粧品や美容品の取り扱いもあります。化粧品店に比べると種類は多くありませんが、リーズナブルな価格で購入することができます。香水も低価格のものやスポーツブランドのものを取り扱っています。

まとめ

スーパーマーケットは家の近くに複数軒あることもしばしばです。いくつかのスーパーに足を運んでみて、目的と都合に合わせて使い分けると良いでしょう。

日本では売られていないものや、日本では高いものが安く売られていることがあるので(生ハムやひよこ豆等)、スーパーに通う中でいろいろ観察してみると面白いはずです。

お酒を嗜むなら、スペインワインやシェリー酒を愉しむのもお忘れなく。

あわせて読みたい

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
moni

moniライター

投稿者プロフィール

2015年6月よりスペインのセビリア在住。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る