海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ニュージーランドで活躍する日本人アーティスト(Studio A&Co)

  • 公開日:
Studio A &CoのEikoさん

皆さんは、日本人がニュージーランドでつくっている工芸作品がお店に並んでいるのを目にしたことはありますか?

実は最近クラフトショップや、お土産屋さん、カフェやマーケットなどでも、沢山の日本人のクラフトアーティスト達が素敵な作品を販売するようになりました。

また、地元のニュージーランド人も手作り作品が好きな人が多いため、そういったお店で自分のお気に入りやプレゼントなどを探して、ちょっと珍しい日本人アーティスト達の作品を買っていくのを見かけます。

そこで、今回はニュージーランドで活躍されているガラス細工アーティスト、Studio A &CoのEikoさんにインタビューさせていただきましたのでご紹介します。

Studio A &Co

Studio A &CoのEikoさんはニュージーランドの南島、クライストチャーチ市から北へ約30分ほどドライブしたWaikukuという町にいらっしゃいます。

Waikukuにある工場跡を改築して作られたレンガ造りの建物、The Millがスタジオ兼ショップです。

日本人としてニュージーランドで制作に取り組む醍醐味、どういう生活ができるのかなどを素敵な作品とともにお伝えしていきたいと思います。

きっかけは、Fall in Love!

ガラス細工

ーまず、Eikoさんがガラス細工アーティストになったきっかけと、ニュージーランドに移住するまでの経緯を教えてください。

ガラスに興味を持ったのは、当時の仕事の同僚の結婚式に参列するために、1997年にオーストラリアに行ったホリデー中のことでした。

クラフトマーケットで偶然見つけた香水瓶に一目惚れしちゃったんです。その時に、ガラスっていいなあって思いました。

そしてその後日本に帰国してすぐに、働きながらガラスの学校(東京ガラス工芸研究所)に通いました。

ガラス細工

ーなんだかすごい行動力ですね。一目惚れからの一直線。まさに”恋する乙女”な感じがします。

ほんとそんな感じですね。

そして、その2年後の1999年にワーキングホリデー制度を使って、またオーストラリアに渡航しました。

到着してから1ヶ月も経たないうちに、オースガラスという2年に1度のガラス関係者(アーティスト、キュレーター、サプライヤー、ツールメーカー、バイヤーなど)の集まりがあったんです。

そこに私はガラスを教えてくれる人を求めて参加しました。そのプログラムの一環で、ガラス・ミュージアムのオープニングがあって、そこで今の夫に出逢ってしまったのです。

ーなんと!渡航して1ヶ月で、2年に1回しか開催されない大きなイベントがあった上に、そこで今の旦那様と出逢っちゃうなんて。

あの頃は、目標に向かって頑張ってたわー、私。

ー運命というか、引き寄せたというか、そんな感じですね。

ふふふ。そして、1年の遠距離恋愛後に日本で結婚して、夫の仕事の都合で2001年にニュージーランドに移住したんです。

その後、ランプワーキングのワークショップに参加後、家にスタジオを設置しました。

ーじゃあ、当時はご自宅で作品作りをされてたんですね。

そして、2011年の6月にStudio A&COを設立し、スタジオ兼ショップをこのThe Mill 内にオープンしたんです。

ーまさに、1つの恋が永遠の愛を呼んだ感じですね。なんだか私もとってもときめいてきてしまいました。

ニュージーランドで作品作りをすること

ガラス細工

ーニュージーランドで作品を作りをするにあたっていいところってどんなところですか?

今住んでいる所は周りが海と山に囲まれていて、誰もいない場所にもすぐに行けます。

自然をすぐ近くに感じられて、自然の恩恵を思い切り受けることができるんです。

ニュージーランド

ーアーティストとして作品作りに大事な、インスピレーションを受けやすい環境がすぐに手に入るってことですね。

だからエイコさんの作品は、とてもかわいらしいけど、なぜか自然と調和している感じがして、まるで木とか花とかの妖精が作っているような感じがするんですね。

では、逆に、ニュージーランドで作品作りをしていてちょっと大変なことってありますか?

そうですね。人口が少ない分、同業者との刺激が少ないことかな、と思います。

ーなるほど。どうしても人口の少なさはやっぱり影響しますよね。

そうですね。私の場合、ガラスの技を伝授してくれる作家さんがいなくて、同レベルで足踏みしている気がしているのが、とてももどかしいんです。

ー行動力があって、常に向上心を持ってらっしゃるEikoさんにとっては辛いところですね。

日本人アーティストとしてビジネスになる?

ニュージーランド

ー次に、日本人であるEikoさんが、ニュージーランドでアーティストとして活動すること、特にビジネスをすることについて教えてください。

ニュージーランドには、日本人と接したことがあるという人が多くて、潜在的に日本人のイメージを「器用で繊細、色彩感覚もよく、礼儀正しい」と、とてもポジティブにもっているという、ありがたい環境です。

ガラス細工

もうこれは先人の日本人の方々のおかげなんですけど、このおかげで、最初から私の作品をポジティブな目で見てくれることが多いんです。

ーあ、それわかります。日本人というだけで、ちょっと他の国の人達と扱いが違うっていうことありますよね。

日本人にとっては、嬉しいですよね。期待されすぎるとちょっと困ることもありますが。

それから、ニュージーランドでは工芸品の物価が日本より高いので、ここで活動する方が生計が立てやすいっていうのも利点の1つですね。

ーなるほど。確かに、買う側から見たら、ニュージーランドではちょっといいなあって思った手作りの物は特に、結構なお値段するなあという感じがします。

しかし、日本での工芸品の物価が逆に安すぎるのかもしれないですね。アーティストとしてビジネスをするには、いい環境みたいですね。

通勤時間3分

ガラス細工

ーEikoさんが思う、日本での生活とニュージーランドでの生活との違いについて教えてください。

ニュージーランドは日本より生活のペースがゆっくりしています。

そして、通勤時間や労働時間が、日本で会社で勤めていた頃よりずっと短いです。私の場合ですが、通勤時間は3分、労働時間は1日6時間です。

そして、その他の時間で、趣味や、家庭菜園、家のリノベーションなどに時間を費やせます。

ー通勤時間3分は魅力的ですね。もちろん、渋滞も満員電車に揺られることもない。

ないない!このスタジオ兼ショップが家のすごく近くなんです。

ーここ、本当に素敵な所ですね。昔は工場だったんですよね。

そうです。The Millは、昔フラックス(アマ)でロープを作っていた工場を改築して作られた、レンガ造りの公共の場になっています。

私のStudio A&Coの他に、カフェやアンティークショップ、セカンドハンドの洋服屋さんが入っています。

カフェ

ークライストチャーチからも30分ほどですし、遠からず近からずの距離がいいですね。不便すぎもせず、でも、山も海も近くて、ちょっと人里離れた生活もできて。

そうですね。自分の居心地のいい空間に向かって進めることが、ここで生活する上でいいところかな。

ー時間とともに、空間においても自由があるということですね。素敵!アーティストにとって、この自由さは大事ですよね。

最後に一言!

ガラス細工

ー最後に、これからニュージーランドで生活しようと思っている方達に一言お願いします。

やりたいと思ったこと、人から誘われたり、何かチャンスに巡り合ったら是非チャレンジしてみてください!

ー異国で1つの素敵な香水瓶に一目惚れして、それから努力されて目標にひたすら向かってこられたEikoさんのお言葉、身にしみます。自分のトキメキを素直に受け入れるということは、とても大事なんだなと思いました。

今日は本当にありがとうございました。

こちらこそ〜!

Studio A&Co(The Mill 内)

Studio A&Co

まとめ

Eikoさんの素敵な作品に囲まれながらのインタビューでしたが、お話を伺っている間ずっとそのガラス細工たちにキュンキュンさせられっぱなしでした。

きっとあの香水瓶に一瞬で恋に落ちたEikoさんの、その時のトキメキが作品の1つ1つに詰め込まれているからに違いないと思います。

そして、Eikoさんの自由なライフスタイルやアーティストとしての向上心には、本当に学ぶことがたくさんでした。

ガラス細工が好きな方、手作りのものが好きな方、最近ちょっとトキメキが足りないなと感じている方も是非、少しドライブしてStudio A&CoのEikoさんに会いに行ってみてください。

きっと、いい出会いがあると思いますよ。

Eikoさんの作品は、ウエブサイトやInstagram、Facebookで見ることができ、日本への発送もしてくれるそうです。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
PoLoMama

PoLoMama

投稿者プロフィール

かれこれ13年程NZに住んでます。シェフの主人にくっついて各地転々とし、今はクライストチャーチで、2児のママなりました。ガイドブックにはあまり載らない、生活に根付いた情報を発信しています。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る