海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

タイらしさたっぷり!平日限定のチャトゥチャック市場の植木市に行ってみた

  • 公開日:
  • 更新日:
チャトゥチャック市場

ウィークエンドマーケットとも呼ばれるチャトゥチャック市場。その名の通り週末に開催される市場で、観光客にも大人気のスポットです。

実はこのチャトゥチャック市場、開催されているのは週末だけではありません。地元の人々の間では、水曜日と木曜日に開かれる植木市としても有名です。

仕事をしている私たち現地採用にはなかなか縁のない市場ですが、今回祝日が水曜日にあたったので出掛けるチャンスができました。

ちょうど、ベランダに置く背の高い目隠し用の観葉植物がほしいと思っていたところでした。ブーゲンビリアやプルメリアなど、ベランダを華やかにしてくれる植物も気になります。

友人と2人で、朝から植木市の散策に出かけることにしました。では、平日のチャトゥチャック市場、植木市をご紹介しましょう。

チャトゥチャック市場へ行く準備

チャトゥチャック市場

週末のウィークエンドマーケットに行ったことのある方はご存知でしょう。広い敷地の屋内店舗のスペースを、メインの通路がぐるりと外周を囲んでいる形です。

植木市では屋内の店舗は全て閉まっており、メインの通路に所狭しと観葉植物などが置かれています。サボテンや小さい観葉植物から庭に植える大きな樹木まで、植物ならなんでも揃うのがこの植木市です。

晩のうちに雨が降り朝から曇っていたこの日は、絶好の市場日和でした。天気が良い日はチャトゥチャック市場に向かないというのは、現地人なら誰でも知っているでしょう。そう、チャトゥチャック市場はとても暑いんです。

週末のウィークエンドマーケットでも、たまに具合が悪くなり倒れる人がいます。まして植木市は屋外の通路のみで日陰も少なく、空調の効いた店舗もありません。

吸収率のよい飲み物での水分補給は必須ですし、できれば日傘ではなく帽子を用意したいところです。私は日傘を持っていったのですが、失敗したと思いました。

植木市では車も通路を通ります。人と車が行き交う通路では、危なくて日傘を広げることはできませんでした。

もし植木市へ出掛けることがあるならば、ウィークエンドマーケット以上の暑さ対策をして行くことをおすすめします。ポカリスエットを2本鞄に入れて、いざ植木市に出発です。

小さい植物エリア

植物

まずはサボテンや多肉植物、小さい観葉植物のエリアから周ることにしました。一緒に行った友人のターゲットは、室内用の多肉植物と色のきれいな花の鉢植えです。

手のひらに乗るような小さな多肉植物は10バーツや20バーツ、日本円にすると50円前後ととても安く、ついつい数を買ってしまいます。

小学校の頃教室で育てたヒヤシンスの球根などもありました。このエリアでは、変わった植物を見ることができます。

ウツボカズラやハエトリソウなどの食虫植物は、日本のガーデニングショップではなかなかお目にかかれませんよね。ドリアンやジャックフルーツの木なども揃い、南国らしさ満点です。

私と友人はここで、ちいさなプルメリアの木や砂漠の花と呼ばれるアデニウム、ブーゲンビリアやパキラなどをゲットしました。

値段もびっくりするほど安く、値切る気も沸かないほどです。あまりの安さに買いすぎてしまい、見始めてから30分ほどで両手が塞がってしまいました。

大きい植物エリア

この日の一番の目的は、ベランダに置く背の高い植物をいくつか買って帰ることでした。

大きい植物のエリアに向かうと、そこにはいつものチャトゥチャック市場の面影はありません。屋根より高い木が通路の両端に並び、まるで植物園のような光景です。

購入した大きな植木は、車に積んで持ち帰る人がほとんどです。私もこの日は、後部座席に積んで帰るつもりで車で来ていました。店舗によってはデリバリーもしてくれますし、タクシーを呼んでくれる店もあります。

私のお目当ての背丈160センチほどの植物は、なんとひとつ150バーツ。4つ購入しても600バーツ、約2000円です。安いですね。

後で車で取りに来ることを告げ、両手いっぱいに買ってしまった小さな植物も預けておくことにしました。身軽になった私たちが、車を取りに向かう道中で更なる買い物をしてしまうのは言うまでもありません。

このエリアでは、数メートルもある大きな樹木が見ものです。南国らしい、扇形の大きな葉が特徴の旅人の木などもあります。

どうやって持って来たのか、普段はどこに在庫を置いているのか、不思議でなりません。

その他の植木市(オートーコー市場)

植木

バンコクに住む人が、ガーデニングをしたいと思ったら来るのがこのチャトゥチャックの植木市。ですがこの植木市、平日にしか開催されないのが残念なところです。

土日で植木を見れる場所はないの?という方には、チャトゥチャック市場の向かいにあるオートーコー市場がおすすめです。

オートーコー市場は食品が主ですが、ガーデニング用品を扱っているエリアもあります。庭に植えるような大きな樹木はないものの、お手ごろなサイズの観葉植物は十分揃っています。

実は植木市に行った週末、テラコッタのプランターを買いにオートーコー市場へも行きました。プランターを買うのなら、チャトゥチャックの植木市よりもオートーコー市場のほうが種類が揃っています。

植木市とオートーコー市場を梯子して、植物もプランターもお得なお値段でたくさん揃えることができました。

ベランダが華やかになり、とても満足しています。

まとめ

最近のバンコクではサボテンや多肉植物などが流行っています。街中でうられているのを見かけることもありますが、お得に購入できるのはやっぱりこのチャトゥチャックの植木市。

この植木市には大きなサボテンや変わった植物もあるので、見ているだけでも楽しいです。

水曜日と木曜日にお休みができたら、是非足を運んでみてくださいね。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

初めてのバンコク就職!タイで現地採用として就職・転職してみよう

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る