海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

海外でプロスポーツ選手になろう!カンボジアでプロサッカー選手として働かないか?

  • 公開日:
  • 更新日:
サッカー

私は現在、カンボジアでプロサッカー選手として活躍しています。もちろん、「プロサッカー選手」は誰もが簡単になれる職業ではありませが、挑戦する価値はあります。そして、カンボジアサッカーはとても魅力的です。

海外、カンボジアで働くことはどんな良いことがあり、どのような魅力があるのかを話していきます。

どうしてカンボジア?

大学4年生になり就職活動をする中、「やはりサッカーを続けたい」と思いました。日本ではプロサッカー選手になれないと考え、海外でチームを探しテストを受け、カンボジアでプロサッカー選手になりました。

カンボジアは発展途上国といわれていますが、私が住んでいるプノンペンは、数年ですごく発展してきています。

それでもまだまだ「地雷」や「貧困」といったイメージが抜けないのも事実で、町を出れば足のない人や、服を着ていなくやせ細った子供もよく見かけます。

私はそのイメージを変え、発展していくカンボジアを肌で感じたいと思っていました。そしてサッカー人気が強いカンボジアでプロサッカー選手として子供に夢を与え、元気にできればと思いカンボジアを選びました。

カンボジアサッカーの人気と未来

カンボジアではサッカーが一番人気のスポーツです。町ではストリートサッカーをしている子供がよく見かけられ、プロチームのユニホームを着ている子供もいます。

カンボジアリーグは主に首都のプノンペンで試合が行われ、多くの人々がスタジアムに訪れます。

またカンボジア代表が国際大会を行うときには、カンボジアのナショナルスタジアムは超満員になり50,000人ほどのサポーターが駆けつけ応援します。

2017年6月に行われた国際大会のAFCカップ、カンボジア代表対アフガニスタン代表では、試合前にはフラッグの掲示や入場セレモニー、ハーフタイムショーもあり大盛り上がりでした。

結果、アフガニスタンには1-0で勝利し、まだ予選を突破してないのですが、監督が胴上げされるほどでした。「格上のアフガニスタンに勝った」ことはただ事では無く、選手、スタッフ、サポーターは歴史的勝利として喜んでいました。

2017年からはカンボジア人選手のチャン・ワタナカ選手はJリーグの藤枝MYFCでプレーしていて、初のカンボジア人Jリーガーとなりました。これは、カンボジアサッカーにとって歴史を大きく塗り替えた出来事になりました。

同2017年からは、サッカー日本代表の本田圭佑がオーナーを務めるSOLTILO ANGKOR FCがカンボジアリーグ2部でプレーをしています。また、育成にも力を入れており成長できる環境が整ってきています。

サッカー人気と共に、カンボジアサッカーの環境が良くなっています。あと数年でカンボジアサッカーは世界に通用するレベルになると思います。

カンボジアリーグのレベルが上がっている

サッカー

カンボジアサッカーは人気と共に、リーグのレベルも上がってきています。チャン・ワタナカが日本のJリーガーになったこともあり、カンボジアサッカーはアジアの中でも注目度が高まっています。

カンボジアリーグには、1チームに5人までの外国人選手の枠があり、主に日本人、北朝鮮人などのアジア選手と、アフリカ選手が多く所属しています。

日本人選手の中には、Jリーグでプレーしていた選手もいます。北朝鮮人は代表経験がある選手がいるなど、外国人選手のレベルが非常に高いこともリーグレベルが上がってきている要因です。

発展途上だからこそ、多くの刺激をもらえる

海外で生活するうえで、日本では感じられない困難や苦労がたくさんあります。

言葉や文化が違うため、時には、日本では考えられない出来事、ハプニングなども起きます。ですがそれを受け入れ、楽しむことがカンボジアでは必要です。

発展途上のカンボジアでも、まだ貧困が完全には抜けない状況です。家が無い、親がいない子供も多くいます。そんな子供達が裸足でストリートサッカーを楽しみ、プロサッカー選手に憧れを抱いています。

このように、カンボジアに来たからこそ自分の目で見て、肌で感じることができています。

日本の環境が当たり前では無いということに気づき、サッカーやれることが当たり前では無く幸せなことと、刺激をもらいながらサッカーさせてもらっています。

まとめ

カンボジアサッカーは経済発展とともに、発展してきています。ですがまだ、貧困などのマイナスイメージが抜けないのも事実です。

そんなカンボジアで成長を肌で感じながら、サッカーで国を盛り上げていけるのはカンボジアでサッカーをするからこそ生まれる価値だと私は感じています。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

カンボジア就職!首都プノンペンで働くために知っておきたい9のこと

カンボジアで就職するときに確認したい7つの労働条件

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る