海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

新卒でカンボジア就職し、5年以上働いて学んだこと

  • 公開日:
  • 更新日:
カンボジア

私がカンボジアに移住し働き始めてから5年以上が経ちました。

海外で生活や仕事をするとなると、好きなことだけをして楽しく過ごしていればいい旅行期間とは違い、多少なりとも嫌な思いをすることは避けては通れません。しかし、そういった経験があるからこそ身をもって学べたことがあるのも事実です。

ここでは、海外で実際に働いてみたからこそ実感したこと、学んだことをご紹介していきたいと思います。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

海外で働くなら日常生活(衣食住)を整えることが大切

海外で働くことを考えたとき、夢や希望に胸が膨らみ、やってみたいことがいっぱいでワクワクする、という人が多いのではないかと思います。

夢を実現したり、海外生活を充実させたりする上で、そういった「想い」や「ビジョン」というのはとても大切です。

取り組んでいることが好きなことだから頑張れる、という場面はたくさんあるでしょう。それを支えてくれるのは、なんといっても心身のバランスがよく取れた健康状態です。

ぐっすり寝て、しっかりとご飯を食べ、よく笑い、よく働く……といった、ごくごく日々当たり前のことが基礎にしっかりあるからこそ、日々の仕事や将来の夢に向かってエネルギーを燃やすことができます。

海外で働くなら上手な気分転換が欠かせない

趣味をあなどってはいけない

されど趣味、たかが趣味。好きなことをするというのは、心をリフレッシュできたり、ストレスを解消できたりと、私たちにとって良いことばかりをもたらしてくれます。

どんなことでもいいので、自分が楽しめることを意識して定期的に行うことで日々の生活にメリハリがつき、元気を保つことができます

一時帰国で心を落ち着かせる

日本への一時帰国は半年、もしくは1年に1回が望ましいといえるでしょう。いくら現地での生活を楽しんでいても、やはり自分が生まれ育ち、慣れ親しんだ土地や人のもとへ帰ると、心からほっと落ち着けると思います。

私は1年半ほど一時帰国しなかったときがあったのですが、その時期はかなりストレスを感じていました。1週間だけ時間を見つけて帰ったとき、電車からいつも見ていた景色を見ただけで、帰ってきてよかったと強く感じました。

短い一時帰国でも、また現地に戻って働くためのガソリンとなります。

海外で働くなら言葉の勉強と異文化を受け入れることが必須

カンボジア

どこであっても英語は必要

「英語があまりできなくても海外で生活はできる」という話を耳にすることがあります。しかし、私は経験上、海外生活をするなら英語は必須と言ってもいいのではないかと思っています。

現地の言葉を身に付けるまでにはある程度時間がかかるので、その間、日本人以外の人とコミュニケーションを取るために英語を使う場面が必然的に多くなります。

私は仕事でも英語を使うのですが、プライベートでも英語は欠かせません。日本人以外の友人も作りたければ、お互いを知るために会話をする必要があるからです。

現地の言葉もできる限り学んでみる

到着時は現地の言葉を未習だったとしても、住み始めてから勉強してみることをおすすめします。

こちらが現地の言葉で話すと、地元の人たちも心を開いてくれやすくなります。特に、現地の言葉が英語など世界的にメジャーな言語でない場合、その傾向が強くなります。

現地での生活をより楽しむためにも、少しずつでいいのでぜひ現地語にトライしてみてください。

現地の人と一緒に食事をすると距離が縮まる

世界中どこでも、食事というのは人との仲を深めるのにとても役に立ちますね。チャンスがあれば、現地の人たちが食べるものを一緒に食べてみてください。

そうすることで、その国の食文化や食事マナーなどについて教えてもらえる上、何より彼らと同じものを私たち外国人が食べるのをカンボジア人はとても喜んでくれます

日本語でも、親しい人間関係を示すときに「同じ釜の飯を食った」と言いますよね。海外ではそれを強く実感します。

海外で働くと「考える力」を鍛えられる

カンボジアに来てから「来年、再来年、5年後はどうやって生きていこう?」ということを常に考えるようになりました。ここに残るのか、帰国して働くのか、はたまた他国へ移るのか。

分かりもしない未来のことなので不安に駆られることもありますが、主体的に自分の人生を考えて行動する力が、この環境のおかげで鍛えられていると感じます。

将来のことだけでなく、異文化で暮らす中で予期せぬ事態に見舞われたときに、「今できる最善のことは何か」「どうやって解決するか」「代替策はあるか」など、状況を判断して行動を起こすために考えなければなりません。

自分のテリトリーではない海外で暮らしているおかげで、日本にいたときよりも「考える」必要のある場面に多く出くわし、その力をつけることができてきたと感じています。

まとめ~日々の経験が自信になる

海外就職や海外生活では、日本の常識では予想だにしない出来事が大なり小なり身に降りかかってきますが、その都度ベストを尽くしてクリアしていくことで、異国で暮らすことについて少しずつ自信をつけてこられたような気がしています。

日々の経験が一番身近な教師として自分を導いてくれ、ここまでカンボジアで暮らすことができました。

私にとってはたまたまカンボジアという国でしたが、海外で働きたいと思っている人の参考になればうれしいです。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

カンボジア就職!首都プノンペンで働くために知っておきたい9のこと

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る