海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

バックパッカーから主婦へ。10年というブランクを超えて香港で就職

香港

結婚を機に香港へ来たわたしは、共働きが普通の香港の中で約10年間主婦をしていました。主婦業、子育ては充実したもので、その生活の中から香港の文化、慣習、言葉を少しずつ習得していきました。

しかし、子どもたちが小学校に上がり時間的に余裕が出てくると、自分の今後のキャリアや将来を考えるようになり、仕事をしたいと思うようになりました。

当時、どうせ働くのなら今までとは違う新しい分野に挑戦したいと仕事を探し始めます。同時に、10年間のブランクがある私に仕事なんてあるのか不安も抱えていました。そんな私の香港での仕事探し、再就職、仕事を紹介します。

香港に来るまでの日本での仕事とバックパッカー時代

日本では、大手百貨店顧客サービスの仕事をしていました。属に言う、受け付け嬢です。その頃は、バブル全盛期で百貨店の顔とも言われていた職業でした。

毎日、何万人と来られるお客様へのサービスを余すことなく出来るようにお手伝いし、サポートするのが仕事です。

主に接客が仕事でしたが、店内案内、サービス案内は勿論のこと、英語通訳、手話による会話、様態が悪くなられたお客様への救急対応、目や耳の悪い方、外国から来られるお客様へのお買い物に付き合うこともありました。

人と接することが好きな私にとって、接客業はとてもやりがいのある仕事でした。特にお客様から感謝のお手紙をいただいたり、直接その喜んでいる様子に、お役に立てることに非常に喜びを感じていました。

しかし、その一方であきらめられない夢がありました。英語が好きで独学で学んでいたのですが、海外に住むという夢を持っていた私は、4年間働いたこの会社を退職しオーストラリアへ向かいました。

オーストラリアへは航空券だけを購入して何も決めずに行きました。当時は目標と夢とやりたいことで溢れていました。到着後、自分の足で語学学校を選び英語を磨きました。多くの友人にも恵まれ、多種多様な経験をすることが出来ました。自分の中にあった固定観念や価値感が大きく変えられた時にもなりました。その後、オーストラリアとアジアをバックパッカーとして旅をし、旅の最終の場所として選んだ香港で今の主人と出会い、後に結婚し香港へ来ることになります。

香港で仕事をどのように探したか?

最初にしたことは、人材紹介会社への登録。

いちばん最初にしたことは、香港にも数多くある人材紹介会社への登録でした。

2社に登録しましたが、その後すぐに人材紹介会社の担当者との面接が行われました。まず、2社とも、面接では日本人の担当者による日本語での面接が行われました。これは、日本的な面接とよく似ています。

次に、香港人担当者による英語と広東語の面接が行われました。基本的な英語と広東語のやり取りでしたので、日常英会話広東語が話せる方は、そんなに恐れる必要はないと思います。

しかし、3か国語の面接というのは、初めての経験だったので緊張したことを覚えています。

業種にはこだわりがありませんでしたが、中途採用者にはやはり経験を求められています。わたしは、日本での経験からカスタマーサービス系を紹介され、すぐに日系、外資の会社を数社紹介していただき面接に行きました。

周りに求職していることを宣伝

自分の周りにいた知り合いや関係のあった方々に、仕事を探している旨を伝えておきました。このことを通して、ある企業から面接に来てくださいと声をかけていただきました。

もし、香港に知り合いがいるなら自分が仕事を探していることを告げておくこともひとつの手だと思います。あらかじめ、私がどういう人間なのかということが話されていたので、面接も非常にしやすかったです。

面接の結果

人材紹介会社から紹介してもらった日系と外資系の会社に面接に行き、外資系の会社からオファーをいただきました。条件はお給料、福利厚生ともに良かったのですが、とてもお堅い会社という印象を受けていました。

また、求められる仕事内容が、多様性と変化を求める私に向いているかの不安も多少ありました。その後すぐに人材紹介会社とは別に声をかけていただいた日系の企業からオファーをいただきました。

とても悩みましたが 「正直、厳しい仕事かもしれません…」 と言われた日系の会社の面接官の方に好印象があり、また、この会社にやりがいを感じ、直感でこちらの企業と契約をすることになりました。

香港での仕事の業種と内容

香港

働くことになった会社は、日本では歴史ある業界では有名な会社でした。時代のニーズをうまく取り入れ、当時、急成長を遂げていて、海外にどんどんと支社を設立していました。

日系の会社ですが、当時100名ほどいた社員のうち、日本人は5名ほどで、他はすべて香港人でした。日本人として中途採用で入社した私は、香港人スタッフと同じ土俵でのスタートでした。

10年というブランクは思ったより大きく、最初は、仕事を日本人からでなく、香港人から教えてもらい始めました。

入社時:コーデイネーター

顧客カスタマーサービス・顧客からの受注・手ー配・生産依頼・納期返答・出荷などのコーデイネイト。

半年後:香港でのマーチャンダイザー、生産、外注、品質管理等

日本、香港、中国業者との価格設定、生産、品質、納期管理。リーダーとして抜擢。

4年後:香港・中国でのマーチャンダイザー、生産、外注、品質管理等

香港、中国工場 生産部署の課長に任命。香港、中国を行き来する日々。

5年後~:香港・中国でのマーチャンダイザー兼、全外注生産拠点管轄。

仕事が少しずつ認められていると同時に、社内での海外プロジェクトを任されるようになりました。

顧客から頂いたデザインから、生産の割り振り、工場、品質の管理、納期の海外拠点の管理をし、会社の方向転換期の大型プロジェクトのリーダーに。

香港、中国で仕事をしてよかった点

香港

香港には、実はいろいろな背景を持った方々が住んでいて、仕事の内容にもよると思いますが、とてもインターナショナルな環境の中での仕事になります。

言葉に関しては、広東語、北京語、英語が社内でも社外でも飛び交い、電話もメールも3か国語というのが常です。私の働いていた会社は日本人もいますので、そこに日本語も加わり4か国語です。

仕事の仕方や価値観の違い、また、交渉の際のテクニックはどこの国を背景にした相手と物事が進んでいるかということを念頭に対応していきます。

なぜなら、ビジネスのやり方や仕事の進め方は、たとえ国際化が進んだ現在でもその国の独特の個性が出るからです。

香港人は実に洗練されていると思うことが多くあり、また、中国国内の方は、非常にビジネスに対して貪欲で、香港とは違った仕事の仕方を持っています。

この違いを日本人として、多くの方の助けを得ながらも仕事をしていけることは、非常に貴重な体験で、毎日が勉強の連続です。

香港で働きたいあなたへメッセージ

中国返還20周年を迎えた香港。中国政府からの影響を心配する声も聞こえてはきますが、まだまだこの香港は、ビジネスの拠点として、そして、働く場所としては世界の金融センターとしての役割を担っています。

仕事も需要と供給があり、可能性のある国際都市です。

ビザの所得に関しては、以前ほど簡単ではないというのが通説ですが、それでも、あなたが特別な技術を持っていて、そして、日本人でしかできない仕事が出来るなら比較的早くに仕事が見つかるでしょう。

もし、そうでなくてもチャンスを逃さずここ香港で働かれている方はたくさんいます!

わたしも、社会人としては10年のブランクがあり、始めは意気揚々と働き始めたものの、すぐにへこたれてしまうような出来事と失敗がありました。

しかし、継続し、努力し学ぶことと、多くの方の協力があり仕事を続けることが出来ました。その結果大きな仕事をさせていただくにまで成長させていただきました。

まずは、挑戦してください!あなたの人生が大きく変わるかもしれません!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

香港で就職したい!香港の現地採用の給料と日本人向け求人(業種・職種)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る