海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

国境を越えて香港・中国で働く!日系企業で現地採用社員として働くとある一日

列車

日系企業で働いていた2007年から2015年末までは、香港と中国でマーチェンダイザーとして働いていました。その時は週に2日は香港オフィス、3日は中国のオフィスと工場へ出勤していました。

この勤務形態だと週の2-3日間は中国に滞在する人が多いのですが、母である私は3日間は香港・中国間を毎日通勤していました。その時の私の中国出勤の日のスケジュールを紹介します。

5時30:起床

パン

中国出勤の日の朝は5時半には起床。自分の支度を早めに終わらせ、起きてくる子供たちの朝食の準備をしました。

子どもたちが起きてきた後、7時には香港の自宅を出なければ間に合いません。中国にある会社へ出勤ですが、通勤時間は約2時間。

毎日、香港と中国の国境を超えるために出入国管理のある羅湖[ローフー]を抜け、深圳[シンセン]の列車に乗り東莞[ドンガン]へ出勤。

朝のこの時間に通勤しているビジネスマンらしき香港人や中国人が国境越えをしていました。スリやひったくりが多いと言われる中国の列車の中で寝ている人もとても多かったです。

わたしも移動中に寝てしまうことも多々ありました。

荷物が丸ごと無くなった人もいましたが、そのような目に一度も会わなかったことは運がよかったのかもしれません。

9時20:オフィス到着後、すぐにメール確認  

中国・東莞[ドンガン]に到着後、社用の車でオフィスに向いました。オフィスに到着後は、すぐにメール確認。日本との時差は1時間ですがたくさんのメールがすでに届いていました。

私の仕事では日本の各支社との連携がとても大事で、この連携なしでは進められない仕事が多くありました。

9時45:中国オフィススタッフとの打ち合わせ。

打ち合わせ

週に3日間の出勤のため、限られた時間内での打ち合わせはとても貴重な時間。

個人主義で仕事を進める中国人のスタッフと業務、生産、納期、各進捗確認をし、課題、問題、目標等を明確にしました。

コミュニケーションとチームワークが仕事を進めていくうえでとても大事になります。言語は、中国語(北京語)、広東語、日本語が飛び交いました。

10時15:取引先工場との打ち合わせ。現場確認。

製品の高品質を保ちながら、納期通りに生産が進んでいるかを確認しました。

頻繁に自社スタッフにも現場確認をしてもらいましたが、やはり日本人である自分の目で確認することは大事なことでした。

オフィスは比較的涼しいのですが、工場現場は暑いことも多い中国。体力勝負のところも多かったです。定期的に取引先工場の監査、商品の品質、行程確認を行いました。

13時00:昼食

昼食は、顧客、取引先ととる場合もありますが、通常は会社の食堂でとります。オフィス、工場の人数が多いので3パターンの時間割で昼休みが設定されていました。

日本人の上司と同僚と会社の食堂食・中華料理が常食ですが、週に1度は、日本食の定食が出されました。

休憩時間は、ラフに話せるリラックスの時間だったり、情報交換の時間。時には上司にランチをしながら相談もさせてもらいましたが、こんな時間こそ本音が出てくるもの。

上司や同僚とのコミニュケーションの大事な時間だったと思います。

中国人スタッフたちは、食後に昼寝をするのが慣習化していました。この時間は、オフィスも工場も1時間ほど消灯されました。

14時10:社内ミーティング

ミーティング

管理職ミーティングが週に1度行われました。部署の報告、共有事項、プロジェクト、目標などをこの場で報告し合いました。大事な報告や方向性が話される時なので気が抜けませんでした。

15時30:業務

日本、中国、香港、他の国からも問い合わせや確認が入ってきているものに対応しました。6時までの就業時間までに何とか発注、生産の手配をしてほしいという顧客からの受注が多くなるのがこの時間

同時にスタッフからの商品価格、品質確認などの判断を求められるのもこの時間から就業時間まで。合間にも自分の仕事を進めます。

18時00:業務終了

香港に出社している時は、残業も必要であればします。しかし、中国出勤の日は、色々と時間的制約があるのであまり遅くまで残業をしないように業務計画をします。

仕事が急ぎであったり、問題が派生した場合には対応しますが、いかにキリの良いところで早く終わらせるかが勝負です。

20時45:帰宅

食事はパートタイムのお手伝いさんが準備してくれているので、中国勤務の日はそれをいただきます。家に帰ると食事が出来ているのは、本当にうれしいものです。

お手伝いさんには、食事を作ってもらう以外に、洗濯、アイロン、キッチンの掃除をお願いしていました。

香港の勤務日は、通勤時間が30分ほど。家事も食事も勿論自分でしていました。

22時00:食後は、リラックスタイム

家族との団らんの時間を過ごします。その後、インターネットをしたり、本を読んだり、音楽を聞いたりリラックスした時間を過ごします

24時00:就寝

家族との時間や自分の時間をとると、どうしても就寝時間はこの時間帯になってしまいます。

睡眠時間が足りなくなると身体的な疲れだけでなく、頭の回転が鈍ったり精神的にも疲れやすくなるので、最低でも約5時間半の睡眠時間を確保します。週の半分を超えると移動中に寝てしまうこともよくありましたが…。

まとめ 

空

毎日国境越えの、2時間以上かかる通勤に最初はとても苦労しました。しかし、慣れてくると通勤時間を利用して読書、動画鑑賞、勉強などをすることが出来て有意義でした。

また、1週間が中国、香港の日ときっちりと分けられていたので、とてもメリハリのある生活でもあり、時間をとても大切に使うようになったと思います。

確かにハードなスケジュールでしたが、平日は思いっきり働き、休みの日には切り替えて思いっきり遊ぶと、充実度は高かったです!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

香港で就職したい!香港の現地採用の給料と日本人向け求人(業種・職種)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る