海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

香港人の同僚と働く!職場で使える香港人の心をぐっと掴む広東語の基本

  • 公開日:
  • 更新日:
香港

海外に住む以上、必要不可欠ではないにしても現地の言葉を覚えようとする姿勢はとても大切だと思います。

香港で仕事をしていて驚いたことの1つは、仕事で会う人の多くが(私個人の経験では周囲全員でした)、広東語・英語・北京語を話すトリリンガルだということです。では、そんな香港人と一緒に働く上で重要な言語は何になるのでしょうか?

1つの考えとしては、香港で働く場合は、英語もしくは北京語を話せれば充分!とも言えるかもしれません。

実際に私も香港で仕事を始める段階では、広東語の知識はゼロで学習するつもりもありませんでした。就職面接の際にも「話せる必要はないよ」と言われたぐらいです。

ですが、実態は違います。日本に働きに来た外国人の方が一生懸命勉強して日本語を話してくれれば、好感をもつ方がいらっしゃる様に、香港でも現地の人にとって母国語である広東語を使うと喜んでもらえます。

この記事では仕事で使える香港人の心をぐっと掴む広東語の基本をご紹介させて頂きたいと思います。

ここがポイント!

Q.香港で働くための情報が知りたい

A.香港で働くには?香港で就職・転職したい日本人の給料と求人事情

Q.香港の仕事を探せるおすすめの転職サイトは?

A.【香港求人】未経験からでも香港就職を狙える転職サイトまとめ

トリリンガルの香港人

なぜこんなにも香港人が言語を巧みに操れるかには、歴史的背景の影響があります。

まず英語に関しては、イギリス領であった時代は公用語が英語のみだったという点が大きく影響しており、若い世代よりも上の世代の方が英語が達者だという声もあります。

1997年に香港が中国に移譲されて以降は、公用語は「英語」と母国語である「広東語」となりました。

それに加えて、政府方針として小中学校から「中国語(北京語)」が教育課程に盛り込まれました。

周囲の話を聞いていると、北京語については現在の香港における中国経済の大きさを考えると、若い世代では英語よりも学習意欲が高いとも捉えられている様です。

こうした背景のため、香港で育った人は3ヶ国語を話すトリリンガルなのです。

海外就職求人サイト
海外就職

出勤時に気持ちのよい挨拶を

香港

「おはよう」は「早晨(ジョウサン)」

広東語で「おはよう」は「早晨(ジョウサン)」です。働き始めだと出勤時はなんだか緊張してしまうものです。大きな声で挨拶をするとドキドキした気分を吹き飛ばすことができますし、気持ちよい挨拶でいい印象を与えることができます。

香港人から Good morning!と挨拶をしてくれた場合も、恥ずかしがらずに「ジョウサン」と返してみましょう。すると「お!広東語を覚えようとしてくれてるんだな」と嬉しく思ってもらえます。

香港的なHow Are You?

カフェ

食咗飯未(セッジョーファーメイ)

おはよう、こんにちは、こんばんは、などの挨拶の後に必ず聞かれるのが「食咗飯未(セッジョーファーメイ)」という言葉。これ、どういう意味だと思いますか?ご機嫌伺いかなと思われたかもしれませんが…正解は「ご飯食べた?」です。

英語圏ではよく挨拶時にHow are you?と聞きますが、香港ではこのフレーズがそれと同じように使われます。 食べた場合は「セッジョー」、まだの場合は「メイ」と答えましょう!

ちょっと待って、なんでご飯の話が挨拶の中で大事になってくるの?と思われるかも知れません。これは個人的な経験ですが、「ご飯を食べる余裕があるか」と気にかけてあげるのが、働き者の香港人ならではの気遣いなのだと思います。

ランチ中美味しさを共有しよう

ランチ

「美味しい」は「好味(ホウメイ)」

広東語で「美味しい」は「好味(ホウメイ)」です。働いていると地元の人と一緒にランチに行くことが多いと思います。特に働き始めは、ランチ会や歓迎会などにお呼ばれする機会があります。そんな時に使える万能な言葉が「ホウメイ」です。

私の場合は、香港料理を食べた時、勧められたものを食べた時に、毎回使っていました。すると香港人の同僚の多くが、どのお店の何が美味しいかなどの新たな情報を喜んで話してくれました。

美味しさを共感できるだけでなく、食事中の会話を膨らませることもできるのでぜひ使ってみてください!

いつでも感謝を伝えよう

感謝

広東語の「ありがとう」は2種類あります。仕事でもプライベートでもおそらく一番よく使う言葉なので、ぜひ覚えていただきたいです。使い分けはとっても簡単なのですぐ覚えられます!

「同謝(ドーチェ)」

何か物をもらった際に使う感謝の言葉です。例えば、お土産をもらったり、飴などちょっとしたものをもらったりした時に使えます。

「唔該晒(ンゴイサイ)」

上記以外の場合、例えば何かしてもらった時に使うお礼の言葉です。「ンゴイ」だけだと「すみません」の意味になってしまうので、最後までハッキリと言い切ることがポイントです。

退勤時のお疲れ様でした

香港の夜景

「お疲れ様でした」は「辛苦哂(サンフーサイ)」

広東語で「お疲れ様でした」は「辛苦哂(サンフーサイ)」です。自分が退勤する時や同僚がオフィスから出る時はもちろん、大きな案件が終わって相手を労う時にも使えます。

爽やかに帰りの挨拶をして、1日を締めくくって下さい!仕事の終わりのビールがさらに美味しく感じるかも?です。

まとめ

毎日のシーンで使える簡単な広東語なので、ぜひ覚えてみてください。香港で仕事をする際は、英語や北京語で事足りる場合が多いですが、せっかくなので母国語である広東語でのコミュニケーションがおすすめです。

基本ワードに慣れてくると、次はじゃあ何を話そう?とワクワク感が生まれます。その好奇心が更に広東語のバリュエーションを増やし、且つ会話のチャンスを広げてくれると思います。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

香港で就職したい!香港の現地採用の給料と日本人向け求人(業種・職種)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 海外就職求人サイト
  2. 楽天カード
  3. 旅行バッグ
  4. シティ
  5. リクルートエージェント
ページ上部へ戻る