海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

香港で自由に就業できるビザ!外国人が欲しがる香港永久居民身分証明書とは

  • 公開日:
  • 更新日:
香港

日本人が観光、一般的な商務、公用目的で香港を訪問する場合は、通常90日間はビザなしで滞在することができます。筆者が頻繁に行き来していた20年以上前の時の上限は1か月でしたので、現在は長くなりました。

しかし、香港で働くには場合には就労可能なビザを取得することが必須です。さて、働くためにはどんな種類のビザがあるのでしょう。

そして、香港で働き、暮らし、この地に魅せられた人たちがほしがるものがあります。それは、香港永久居民身分証明書。いったいどんなものなのでしょう?

ここがポイント!

Q.香港で働くための情報が知りたい

A.香港で働くには?香港で就職・転職したい日本人の給料と求人事情

Q.香港の仕事を探せるおすすめの転職サイトは?

A.【香港求人】未経験からでも香港就職を狙える転職サイトまとめ

香港で働くために必要な就労ビザ

仕事

通常、香港で働こうと考える場合には、就労ビザの取得が必要になります。

香港で事業を行っている企業に就労する場合は、採用企業が費用も含めたビザ取得のサポートをしてくれるところが多いでしょう。筆者が務めていた会社もすべて手配してくれました。

時々、会社から必要書類だけ渡されて、個人で申請する場合もあるようです。ビザの申請が大きくネックになるようであれば、最初に就労ビザの手配に関して会社に確認しておいた方がいいでしょう。

申請者の必要書類

  • 申請書(ID 990A)
  • パスポートのコピー
  • 最終学歴証明(英文証明書)
  • 縦5cm × 横4cm の顔写真(2枚)
  • 出向証明書、退職証明書などの証明書

雇い主の必要書類

  • 申請書(ID 990B)
  • 申請者との雇用契約書や採用通知書
  • 事業内容の提示(業務内容、取引先等)
  • オフィス賃貸契約書
  • 会社書類(BR、CI、NNC1 or AnnualReturn)
  • 監査報告書や銀行預金残高コピー

実は、香港では4,5年ほど前までは、就労ビザを取得するための条件は比較的クリアしやすいと言われていました。

私が香港に来る1997年以前には、語学が出来なくても簡単にビザが下りたような時代もあり、その恩恵を受けた方も多くいたようです。

現在の就労ビザの審査基準

現在、就労ビザの審査基準が厳格化されてきて、以前ほど簡単なことではなくなってきています。

例えば、管理職、専門職に関しては、以前なら大学卒業から3年の業務経験、高校卒業、専門学校卒で5年ほどの業務経験があれば取得できましたが(業種、ポジションにもよる)、現在では

  • 大学卒業から5年以上の業務経験
  • 高校卒業・専門学校卒10年以上の業務経験

があることが基準になってきています。

それだけでなく、管理職、専門職のポスト以外も難しくなってきていると言われています。

香港人は2,3か国語の言語を自由に使いこなしますし、仕事も優秀です。

それでもあえて企業が日本人(採用者)を雇用する理由、香港人では代替できないポストであるということをイミグレーションへ説明する必要があるのです。

香港で働くためには語学、経験、より専門的な知識、日本人でしか対応できないような経験、実力を持っていることに越したことはありません。

海外就職求人サイト
海外就職

ハードルが高いといわれる香港の投資ビザ

投資ビザは、香港法人の事業主、雇用主として事業を行う時に取得するビザです。

一般的には、他の就労ビザや家族ビザなどに比べて審査のハードルが高いといわれ、ビザが承認されるまでの時間も長くなる傾向にあるようです。

投資ビザの取得条件

投資ビザ取得には、提示されている就労ビザの条件である技能資格、専門能力、学歴、実績や経験、雇用主のオフィスが香港にあること(自宅兼オフィスは不可)は必須ですが、香港経済に貢献できるか否かということも大きな判定基準になります。

その為、事業に対して相当額の資本を入れている事、 拡大が見込める事業計画や雇用計画であるかなど、ビジネスの将来性なども要求されます

ビザ取得から2年経過した後には、香港イミグレーションによる再審査が行われます。会社の運営状況に問題がないと判断されれば、その後は、3年間のビザが発行されます。

しかし、投資ビザ申請時に提出した事業・雇用計画が大幅に達成されていない場合は投資ビザの延長期間が短縮されることもあります。

事業主申請時必要書類

  • 申請書(ID 999A)
  • パスポートのコピー
  • 最終学歴証明(英文証明書)
  • 縦5cm × 横4cm の顔写真(2枚)
  • 出向証明書または退職証明書
  • 銀行残高コピー

雇用主の必要書類

  • 申請書(ID 999B)
  • 申請者との雇用契約書 or 採用通知書
  • 会社書類(BR、CI、NNC1 or AnnualReturn)
  • 事業内容の提示(業務内容、取引先等)
  • 3年間の事業計画(売上・利益・雇用計画等)
  • オフィス賃貸契約書
  • 銀行預金残高コピー
  • 監査報告書

配偶者も働けるようになった扶養家族ビザ

サイン

日本から出向で香港に駐在するために来られた方のご家族や、香港人と結婚した外国人が取得可能なビザとなります。

扶養家族ビザは、就労(企業)・投資ビザなどの保持者、または、香港人がその配偶者に対しスポンサーとなって、その配偶者、子供、父母が取得できるビザです。

以前は、駐在員の配偶者が香港で働くことには制約がありましたが、現在は就労に関しての制限はありません。

但し、会社との出向契約の内容に配偶者の就労に関して規則を設けている会社もあるようですので、確認されたほうが良いでしょう。

扶養家族ビザの申請

ビザの申請は、基本以下のものですが、申請書のタイプにより必要書類は若干違います。ビザの発行は初回1年間有効のもの、その後はスポンサーの発行期間に合わせて延長されます。

しかし、家族ビザの今後の状況は、香港の雇用政策や経済状況によって変わる可能性があります。また、筆者もこの家族ビザを香港に来てから7年間は保持していました。現在は、香港永久居民身分証明書を保持しています。

香港人と結婚された方の場合は、現在は初年度に発行されたビザは1年有効のものです。その後ビザが切れる前に申請し、3年のビザが発行されます。

申請者の必要書類

  • 申請書(ID 990A, 992A, 995A, 997A or 999A)
  • パスポートのコピー(または香港IDカード)
  • 縦5cm x 横4cmの顔写真(2枚)
  • 家族関係の証明書・3か月以内の戸籍謄本を基に日本領事館が作成

ビザスポンサーの必要書類

  • 香港IDカード(既にビザがある場合)
  • パスポートのコピー(香港人以外の場合)

喉から手が出るほどほしい永住権、パーマネントビザ

香港で連続7年以上、香港滞在に有効なビザを保有しながら居住している外国人が申請することが出来ます。この申請が受諾されると香港への永住権、香港永久居民身分証明書が与えられます。

自由に就業できる

就業や転職、起業などに関する制約がなくなり、スポンサーがいなくても就業が出来るようになります。

これは、職場を何度か変えた方、会社を設立したいと思われる方、ビザの申請が面倒と思われている方には、本当に喉から手が出るほどほしいものでしょう。

筆者の知り合いの中でも滞在7年以上が過ぎて、永住権を取られた方がたくさんいます。その中で多くの方が、充分な経験、実力、資金と共に独立され会社を作られています。

その活躍されている姿を見ると本当にうれしく思いますし、人生はどう転ぶか分からないと思わされることがあります。

永住権の注意事項

注意すべきことは、現時点では永住権、パーマネントビザ保持者であっても、連続3年香港を離れると失効となります。

香港を仮に離れることがあったとしても、永住権を保持されたい方はそのタイミングで香港に戻ってくる必要があります。

年間1500人のワーキングホリデービザ

今や18か国の国々にこのワーキングホリデービザでの渡航が可能になりました。

香港では、2010年から実地されたワーキングホリデー制度。年齢は18歳から30歳未満が対象で、あくまでも長期休暇中に国際的視野を広めることを目的としたビザであり、ビザの有効期限は12か月です。

仕事は同一雇用主のもとで3ヶ月まで

同一雇用主のもとで3か月以上は働くことは出来ない、語学学校も6か月間のみ、ビザ延長なしなどの制約はありますが、働きながら多くのものを見たい、経験したい、楽しみたいという方にはハードルの低いビザであると言えるでしょう。

また、香港でのワーキングホリデーは将来的に海外で働いてみたい、香港で働いてみたい、英語も広東語も獲得したいと思う方々にはぴったりでしょう。

国際的なアジアの都市で、いろいろなものがぎっしりと詰まったこの香港。将来のための目的をもって香港に来られることをおすすめします。

現在は、年間1500人に発行されますが、先着順ですので早く申請をした方が確実です。

今まで私がお会いしたワーキングホリデーの方は、目的意識をもってビジネスにつなげている方、広東語や英語を学びたい方、将来の夢を確かなものをするための第一歩を進まれている方が多いように感じます。

申請者の必要書類

  • 申請書
  • パスポートのコピー
  • 銀行の残高証明書(英文)
  • 往復の航空券のコピー、または、それを購入できるだけの十分な金額を保有している証明(銀行残高証明書に加えて、さらに約10万円別)
  • 証明写真

まとめ

香港

香港で就労することが出来る代表的なビザをご紹介いたしました。

ハードルが高いように感じるかもしれません。しかし、この香港の状況を知り、ビザを取得するために求められることを知ることは、海外就職、滞在のための第一歩です。

無理と思われていた方でも、申請方法によっては就労が出来るビザを獲得しています。

何が必要かを知り、準備し、近づくことはとても大切なことです。そして、難しいと感じるのであればビザの申請を委託できる会社に相談するのもいいと思います。あなたの夢は、自分が思うより近いものかもしれません。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

香港で働くには?香港で就職・転職したい日本人の給料と求人事情

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る