海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

台湾で働いてみてわかった台湾人と日本人の働き方の違い

  • 公開日:
  • 更新日:
台湾

僕は1年間、ワーキングホリデーを利用して台湾に滞在し、日系の居酒屋で働いていました。台湾での生活・仕事は非常に良い体験となりました。

みんないつもニコニコおだやか。異国から来た僕に、昔から知る友人のように接し、一緒に仕事をします。そんな台湾人の温かい人柄に感激しつつ、え?そんなことあり?という出来事にも遭遇しました。

そこで今回は、台湾でワーホリを経験した僕から台湾人のスタッフや業者の仕事の様子、お客さんから聞いた台湾人の働き方についてご紹介したいと思います。

台湾を狙うならここをチェック!

Q. 台湾で働くための情報が知りたい

A. 台湾で働くには?台湾で就職・転職したい日本人向けの仕事と求人の探し方

Q. 台湾を目指すためのおすすめ転職サイトはどこ?

A. 【台湾求人】未経験からでも台湾就職を狙える転職サイトまとめ

台湾では仕事の役割分担がはっきりしている

料理の仕込みの時間に台湾のスタッフと一緒になることが多かったのですが、ここでは業務分担がはっきり決まっているので、一緒にいても仕事内容がまったく違います。

僕は野菜を切ります。ほかには、肉を切るスタッフ、ホールを掃除するスタッフ、唐揚げやポテトサラダなどの調理をするスタッフ、調味料を作るスタッフ、といった具合です。

前の日に出た食材の関係で、一部の準備が早く終わることもあります。日本だと自分の仕事が終わったとしても、終わっていない人がいたら手伝うことが多いと思います。

でも、台湾人は自分の仕事が終わったら周囲の状況はおかまいなしで、いきなり休憩したりします。あまり他の人の仕事を自ら手伝わないように感じました。

台湾での仕事の頼み事は口に出してお願いしよう

しかし台湾人のいいところは、手伝ってと言ったら嫌な顔をせずにやってくれるところです。

お願いしたことは、結構大変なことでもすんなりとやってくれます。そのため、手伝ってもらいたいときは一言声をかけると関係がぎくしゃくしません。

台湾人は自信を持って行動し、間違いを恐れない

仕事における器用さなどは人それぞれなのですが、みんな自分にとても自信があるというのが特徴的です。そのため、確認せずに自信を持って作って間違えるということが多々見られます。

台湾人は日本人より慎重さに欠けているような印象を受けます。しかし、自信を持っているので自分の仕事はきちんとこなしてくれます。自分の決められた範囲の仕事が中途半端に残っていたりすることはあまりありません。

そして、店を良くするためのアイディアなどもいっぱい出す積極的な人も多いです。

海外就職求人サイト
海外就職

台湾で業者に食材を発注、注文通りに届くことがない……

僕は仕事で肉や野菜の発注も任されていました。しかし、この業者とのやりとりが結構大変です。なぜなら、注文したものを全然持って来ないからです。

いつも同じものを頼んでいるのに、頼んだことのない肉を持って来たり、待ち合わせ時間になっても来なかったりということがよくありました。

業者に対しては少し適当な印象を僕は持っています。僕が発注を担当している会社が3つあったのですが、みんなこのような感じで少し困りました。

台湾では転職を重ねるのが一般的

仕事

台湾人のお客さんが言っていましたが、台湾人は仕事をすぐに替える人が多いみたいです。一つの仕事をずっとやるより、いろいろな職種を経験してみたいという意識の人が大半だそうです。自転車店で働き、その後カメラマンとして仕事をしているという台湾人もいました。

一つのことをずっとするのも素晴らしいことだと思いますが、いろいろとやってみるのも新しい発見があって良い気がします。しかし雇う側は、人が入れ替わると再度仕事を教えなければいけないので大変らしいです。

逆に日本では、不満があっても一つの仕事に固執しすぎる傾向が強いので、その点は良くないと思います。

台湾人から見た日本人、こだわりは素晴らしいがストレスも

台湾人が持つ日本人の仕事の仕方のイメージでよく聞くのは、細かいところまでこだわるという点です。料理一つでも、食感や風味など細部まで神経を使っているのがすごいと言われます。

しかし、細かいところまで気にするので時間通り退勤できず、人間関係もギスギスし、仕事のストレスが多いというイメージも持っているらしいです。

給料も日本の方が良いですが、それでもストレスが多い日本では働きたくないという人も少なくないです。

台湾人もやっぱりワーホリで確かめてみたい海外就職先

その一方で、日本が大好きな台湾人には、やっぱり日本で仕事をしたいという人もいます。台湾から日本へワーキングホリデーに行き、まず一度ワーホリで滞在してみて自分に日本が合っているかどうか試す人が非常に多いです。

たくさんの台湾人が日本へワーキングホリデーに行くので、抽選なんだとか。そのくらい日本に興味を持つ人も多いようです。

まとめ〜笑顔あふれる台湾人のように大らかな気持ちで

台湾人は人間同士の距離感が近いので、コンビニでも店員さんは気軽に声をかけてくれます。何回も行っているお店だと友達のような感じで接してきます。

銀行などでも日本のような堅苦しい雰囲気は感じられません。僕が日本円を台湾ドルに交換するとき、「日本のどこから来たの?」と世間話も交えて応対してくれました。

台湾の人はとても真面目です。みんなニコニコしていて人柄がとてもいいです。その人柄があるので、少し配達の品が間違えていたり時間に遅れたりしても、僕のように「まあいいか」と思うことができますよ。

台湾就職・台湾転職をするには

台湾の就職状況は絶えず変化しています。今すぐ海外転職を考えていなくても、とりあえず転職サイトに登録しておくと良いでしょう。

いざ、転職しようと思ったときに「興味のある求人」に出会えないこともあります。そこで、転職サイトに登録し、気になる求人情報をストックしておくことが大事になってきます。

転職成功者のほとんどが上記サイトを利用しています。登録したからといって必ずしも転職する必要はありません。まずは気になる求人がないか、気軽にチェックしてみましょう。

海外就職が成功すれば、人生がもっと豊かになりますよ。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る