海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

台湾で働くことの魅力とは?台湾在住歴8年目の日本人が解説

  • 公開日:
  • 更新日:
台湾

海外で働いてみたい、でもスキルもないし、語学力もないし、自分には無理……と夢をあきらめかけている方におすすめなのが、私の住む台湾です。

台湾はとても親日家が多く、日本人にとって住みやすいところです。街中に日本のものがあふれ、日系のレストランがどんどんオープンしているので食に困ることもありません。初めての海外就職でも安心して生活できるのが、まずは大きな利点です。

もちろん、台湾で働くことには他にもたくさんの魅力があります。

※1元=約3.5円(2019年6月)

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

台湾で働く魅力1. 働き方の選択肢がさまざま

仕事

日系企業の台湾駐在員

台湾で働くには、まず日本から台湾の支社へ派遣される駐在員という形態があります。駐在員は高いお給料に加えて、中国語の通訳のサポートがあったりと、生活面でもかなりの好待遇が期待できます。

しかし、今から台湾に支社がある会社に採用されて、駐在員に選ばれるのを待つというのは現実的ではありません。すぐに台湾で働きたいなら、別の方法を考える必要があります。

台湾での現地採用

駐在員よりも簡単な方法として現地採用があります。台湾現地にある日系企業などに直接採用される形態です。

大学を卒業して2年以上の職務経験があり、台湾でも同じ職種に就く場合、労働ビザが発給されます。短大・専門学校卒の場合は5年以上の職務経験が必要です。

職務経験がなくても労働ビザ発給の対象となるのは、日本で大学院を卒業した場合と台湾の大学を卒業した場合になります。

※各条件はいずれも2019年現在のものです。

日本語教師

現地採用も難しそうだなと思った方、ご安心ください。日本語教師は日本での職務経験が必要ありません。

実は、私もはじめは日本語教師として台湾へ来ました。台湾で一番見つけやすいのがこの日本語を教える仕事です。

もちろん日本語教師の資格を持っている人の方が採用されやすいですが、資格がなくても雇ってくれるところも多いです。

ただし、当然ながら日本語についての知識や、それを正確に教えるためのテクニックは必要となります。

アルバイト

30歳以下ならワーキングホリデービザを取得して、中国語を勉強しながらアルバイトするという方法もあります。

台湾で働く魅力2. 最低限の賃金や待遇が保証

台湾ドル

会社員なら最低でも月約16.6万円

台湾には外国人の月額最低賃金というものがあり、2019年現在で47,971台湾元(約166,200円)が保証されています

ただし、これは現地採用された会社員などが対象で、日本語教師やワーホリでアルバイトしている方は残念ながら対象外です。

日本語教師の場合、最低でも月25,000元(約87,500円)以上の給料をもらえるところが多いです。もちろん授業を多く担当すればそれだけ給料も上がり、月50,000元(約175,000円)も夢ではありません。

また、アルバイトの最低賃金は1時間150元(約525円)です。

食事手当や保険も

日本の企業にはあまりありませんが、台湾には月1,800元(約6,300円)以下の食事手当というものがあります。

また、健康保険と雇用保険の加入義務も会社にあるので、その点は安心してください。

一方で、住宅手当や交通費を支給してくれる会社は少ないです。

台湾で働く魅力3. 物価が日本より安い

りんご

以前は日本の3分の1と言われていた台湾の物価。年々高くなっていますが、それでも光熱費、通信費、交通費、食費は日本より圧倒的に安いです。

前項で、日本語教師は日本円で月10万円ももらえないの?とびっくりされたかもしれませんが、贅沢に暮らすことは難しいものの、生活に困ることはありません。

外食することが節約

生活費を抑えるなら、自炊はしないことです。台湾でキッチン付きのワンルームはほとんどありません。

外食文化のため、外で食べる人が多く、コンビニのサンドイッチなら1つ120円ほど、できたてほかほかのお弁当も300円以下のものがたくさんあります。

キッチン付きの部屋を探すとそれだけで家賃が跳ね上がってしまうのでおすすめしません。

台湾で働く魅力4. 中国語を学べる

本

台湾では何語が話されているかというと、一般的には中国語です。中国の漢字とは違いますが、話す言葉はほとんど同じです。他には台湾語が話されています。

中国語話者は世界で最も多く、使用者も英語に次ぐ第2位です。中国語をマスターすればそれだけで世界中の人とコミュニケーションがとれることになるわけです。

台湾で働きながら中国語も勉強できるのは大きなメリットではないでしょうか。

最初にも述べた通り、台湾には親日家が多く、日本語を勉強している人もたくさんいます。そのため掲示板などで言語交換相手を探せば、無料で中国語を学ぶ機会を見つけられるでしょう。

せっかく台湾で働くなら、一定レベル以上の中国語を習得しましょう。今後、大きな武器になるはずです。

台湾で働く魅力5. いい刺激をもらえる

台湾

海外で暮らせば、日本にはない様々な価値観や考え方に触れることができます。

台湾人の場合、普通のサラリーマンでもいつか社長になるという野望を持っている人が多いです。逆に、ずっとサラリーマンをしようと思っている人の方が少ないです。

そのため、彼らは常にアンテナを張り巡らせてビジネスチャンスを狙い、失敗を恐れず色んなことに挑戦しようとします。周りにそういう人たちがいると、自分にもいい影響を与えてくれると思います。

実際に、私の知り合いも台湾で日本人教師として働きはじめ、人脈を築き、自分のレストランをオープンさせました。不可能なことなど一切ありません。

感化された私も起業のため勉強中

現在、私は結婚を機に日本語教師の仕事から離れましたが、台湾人のチャレンジ精神に影響され、自分でビジネスを始めようと勉強中です。

夫のビジネスの手伝いをしながらなので、すぐには成果は出せないかもしれませんが、やらないよりはやった方がいいと思っています。

まとめ~失敗を恐れずチャレンジしよう

登る

日本での仕事を捨てて台湾へ行くことには、もちろんデメリットもあると思います。しかし、悩んでいるなら失敗してもいいという気持ちで挑戦してみましょう

勇気を出してチャレンジすれば、大きなビジネスの機会を得ることもできるかもしれません。また、中国語が話せる人材は日本でも需要があります。

日本から近く、治安もよく、日本人にも住みやすい台湾。少しでも自分をレベルアップしたいと思っているなら、台湾でその第一歩を踏み出すことをおすすめします。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【台湾求人】未経験からでも台湾就職を狙える転職エージェント・転職サイト

台湾で働くには?台湾就職・転職を実現するために知っておきたいこと

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

LIN.YC

投稿者プロフィール

台湾在住8年目です。5年間日本語教師として台湾で働いていました。その後は台湾人の夫と国際結婚し、現在は子育てしながらライターとして台湾を紹介しています。大学時代には1年韓国へ語学留学の経験も。得意なジャンルは日本語教師としての実体験、台湾グルメやおすすめスポットの紹介です。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る