海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

リゾートアイランド・プーケットで楽しみながら習い事

  • 公開日:
  • 更新日:
ビーチの犬

プーケットは、南の島、リゾートというイメージが大きいですが、実はさまざまな習い事ができるんです。

そこで今回はプーケット在住者がプーケットで楽しみながら習える・体験できるアクティビティをご紹介します。

スキューバダイビング・Cカード取得コース

スキューバダイビング

プーケットには世界有数のダイビングスポットがあります。

ダイビングを楽しみにプーケットへ訪れるダイバーも多数。そして日本人経営のダイビングショップも複数あり、日本人インストラクターが丁寧に指導をしてくれます。

プーケットの老舗ダイビングショップ:カタダイビングサービスは日本人経営です。憧れのダイバーへの第一歩、オープン・ウォーター・ライセンス(Cカード)取得コースもあり、最短で3日間での取得が可能

1週間の滞在でライセンス取得、残りの滞在でボートトリップで海中探検も楽しめますよ。

参考料金

  • オープンウォーターダイバーコース(3日間・2ビーチ/2ボート)฿ 10,100~(約30,300円、5名以上で参加の場合)

基本情報

  • 名称:カタダイビングサービス(日本人経営)
  • 住所:32 Karon R.d, A.Muang, Phuket, 83100, Thailand
  • アクセス:カタ・ガーデン・リゾート横
  • 営業時間:9時00分~20時00分
  • 電話番号:076-330-392 (日本からは(+66-76)330-392)
  • 公式サイト:http://katadiving.info/

サーフィン・SUP (スタンドアップパドルボード)

スタンドアップパドルボード

プーケットでサーフィン?と思われるかもしれませんが、雨期になれば波が高くなり、主にカタビーチなど一部のビーチではサーフィンができます。

そして、ここ最近で人気の出ているSUP (スタンドアップパドルボード)もプーケットで体験できますよ。

カタにある「常夏屋」は、初心者の方向けにサーフィン、SUP (スタンドアップパドルボード)のスクールを開催しています。(SUPは、11月~4月下旬限定)

半日・1日コースがありますので、予定に合わせて選べます。プーケットでサーフィン&SUPデビューをしてみませんか。

参考料金

  • サーフィン:1名あたり฿3,000(約9,000円、半日プラン)
  • SUP:1名あたり฿2,800(約8,400円、2名参加の場合、半日プラン)

基本情報

  • 名称:常夏屋
  • 住所:8Patak Rd Soi Patak Soi2 Karon Phuket 83100 Thailand
  • アクセス:ワット・カタそば
  • 電話番号:(66)076-284-176
  • 公式サイト:http://www.tokonatsuya.com/

フローボーディング

フローボーディング が楽しめるのがカタビーチにある「Surf House Phuket」。カリフォルニアで生まれたこのスポーツは、スノーボード、ウエイクボードなどの要素を取り入れたスピードを競うあうものです。

傾斜面に人工で波を作り、バランスを取りながらボードに立ちます。初心者にはインストラクターが指導してくれるので安心。

バーも併設されていてドリンク片手にフローボーディングを見学したり、目の前がビーチという立地から解放感のある雰囲気なので体験せずとも楽しめるスポットです。

参考料金

  • 1時間サーフセッション:1名あたり฿1,000(約3,000円)

基本情報

  • 名称:Surf House Phuket
  • 住所:Kata Beach Road (4 Pakbang Road), Ban Kata, T. Karon, A. Muang, Phuket, 83100
  • アクセス:カタ・ビーチ・リゾート近く。ビーチ前
  • 営業時間:10時00分~0時00分
  • 電話番号:+66 81 979 7737
  • 公式サイト:https://surfhousephuket.com/

ムエタイ

ムエタイ

ムエタイといえばタイの国技。そしてムエタイを観戦するだけでなく、実際に入門しトレーニングを積む欧米人の方も多く見受けられます。

プーケットにもムエタイ・ジムが点在し、中でもチャオファ通りをシャロン方面へ南下したところにある通り、Soi Ta-iadにはムエタイ・ジムが数か所集まっていることから「ムエタイ通り」とも呼ばれています

この「ムエタイ通り」周辺ではランニングに汗を流す欧米人を多く見かけます。その中でもTiger Muay Thai(タイガー・ムエタイ)というジムは人気があり、オリジナルグッズもあるほど。

1日、1週間単位でもトレーニングを受けられますので、興味がある方は是非、挑戦してみてください。

参考料金

  • ムエタイ・トレーニング(1週間):1名あたり฿3,300(約9,900円)
  • ムエタイ・トレーニング(1か月):1名あたり฿11,000(約33,000円)
  • 1デイパス(1日体験):1名あたり฿800(約2,400円)

基本情報

  • 名称:Tiger Muay Thai & MMA Training Camp
  • 住所:7/35 Moo 5, Soi Ta-iad Ao Chalong, Muang Phuket, Thailand, 83130
  • アクセス:セントラルフェスティバルから南下、ムエタイ通りと呼ばれるSoi Ta-iadにある
  • 営業時間:07:00 – 19:00(月曜から土曜)、11:00 – 17:00(日曜日、オフィスのみ)
  • 電話番号:+66 (0)76 367 071
  • 公式サイト:http://www.tigermuaythai.com/

タイマッサージ、ルーシー・ダットン

マッサージ

タイといえばタイマッサージですね。日本よりもかなり安価でマッサージを受けることができます。

そのタイマッサージの技術を学ぶことができるスアイ・タイマッサージスクール。こちらは、外国人向けのスクールとなっていますので、日本語または英語で授業を受けることができます

そして、仙人のヨガといわれるルーシー・ダットンは、タイで古来から伝わる独特のヨガです。ダイエット効果もあり、インドヨガとは呼吸法が違うルーシー・ダットン 。こちらもスアイ・タイマッサージスクールで学ぶことができます。

参考料金

  • タイ・マッサージ初級(5日間):1名あたり฿8,000(約24,000円、少人数クラス)

基本情報

  • 名称:スアイ・タイマッサージスクール
  • 住所:46/342 Moo 6, Prabarami Rd, T.Kathu, Kathu, Phuket 83120
  • アクセス:タイガーキングダムそば、パトンゴーカートスピードウェイ向かい側
  • 公式サイト:http://www.siammassage.jp/

タイ料理

タイ料理

タイといえば、もちろんタイ料理です。そしてタイ料理の作り方を教えてくれるクッキングスクールもプーケット内に多数あります。

その中でもタイの高級料理を学べる「ブルー・エレファント」は、レストランでもあり、クッキングスクールも開催しています

バンコクにもレストランを持つブルーエレファントでは、毎日午前と午後にクッキングスクールがあり、午前の部ではシェフとともにレストラン近くの市場で、食材の買い物、そして作り方を教えてもらえます。

曜日によりメニューが異なりますが、日本でも大人気のガパオライスを作る日もありますよ。日曜日は午後の部がお休みです。

参考料金

  • タイクッキング半日クラス:1名あたり฿2,800++(約8,400円・税金別)

基本情報

  • 名称:Blue Elephant
  • 住所:BE Governor Mansion, Phuket Cooking School & Restaurant 96 Krabi Road Tambon Talad Neua Muang District Phuket 83000
  • アクセス:プーケットタウン・クラビ通り
  • 電話番号:076-354355
  • 公式サイト: http://blueelephantcookingschool.com/

まとめ

このようにプーケットでは、リゾート、観光、ショッピングだけでなく、さまざまな習い事もできるんです。

もし、少し長いお休みがあれば、数日はスクールに通い、残りの滞在ではリゾートを満喫するという過ごし方もいいのではないでしょうか。

タイの文化も学べるプーケットでの習い事。機会があれば是非、体験してみて下さい。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

プーケットで働くには?プーケットでの仕事事情

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る