ネット上にない隠れ求人に応募しよう!海外へ飛び込み自ら就職活動する方法

海外へ行って就活する

海外就職をしようと思った時にまずやることといえば、海外向けの求人サイトを見ることですよね。しかし、海外向けの求人サイトを見て出てくる求人が全てではありません。

実はネット上には上がってこない隠れ求人があります。

仕事を探しに海外(例えばホーチミンとかバンコクとか日本人の多い地域)に行くと隠れ求人(WEBサイトではなかなか表示されない求人案件)を見つけることができます。

今回はそんな隠れ求人を探して、海外就職活動する方法をご紹介します。

海外で仕事を探すなら、まずはとにかく現地へ行くこと

海外へ行く準備

WEBサイトに出てこない隠れ求人に出会うためには、まず直接現地に行ってみるのが一番です。本気で海外で働きたいと思っているなら、今から飛行機を予約して、明日現地へ行ってみましょう。

今はLCC(格安航空会社)のネットワークが世界中に張り巡らされています。想像していたよりもお手頃価格で現地に向かうことも可能かもしれません。

大切なことは、たとえ2,3日でも現地へ行ってみるということ

とはいえ、今すぐに行動するのはなかなか難しいのが現状だと思います。会社勤めをされている方なら、長期の休暇を取るのは難しいですよね。

でも、本気で海外で働きたいのであれば、2,3日の短期でも時間を見つけて現地に行ってみることをおすすめします。

現在、東南アジアのある国で働いている友人は、金曜日の終業後にそのまま空港に向かい、深夜便で現地に到着し、日曜日の夜か月曜日の朝に日本に戻ってくるというスケジュールで、何度か現地に赴き、実際の現地の様子や気候、仕事などをリサーチしたそうです。

強行スケジュールで身体は疲れたそうですが、移り住む前に下見の機会を持てたのは良かったと言っています。

今はインターネットで検索すれば、欲しい情報が何でも手に入る時代です。ネットで探す方が楽ですが、足で探すことも実は大切なんです。

実際に現地に赴くなら、思いがけないところでコネクションが出来たり、耳寄り情報をゲットすることが出来たりします。

でも、広い国の中のどの都市に行けばよいのだろう?この都市のどのエリアに日本人向けの求人情報が多いのだろう?と迷ってしまうこともありますよね。

そんなときに頼りになるのは現地のローカルサイトです。日本人が多く住んでいる地域には、必ずと言ってよいほど日本人向けのローカルサイトがあります。どんな仕事があるのか、どのエリアに求人が多いのかなど、そのサイトを見ながら目星をつけておけば良くと良いでしょう。

関連記事中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

関連記事:海外就職にエージェントは必要?エージェントなしでも採用された私のケースをお話しします

現地に到着!日本人向けのフリーペーパーを探そう

ある程度の情報が入った状態で現地に来ているあなた。続いては、現地にあるフリーペーパーを探しましょう。

WEB上に上がってこない隠れ求人は、現地のフリーペーパー(無料情報誌)でも手に入れることができます。もちろんこのフリーペーパーは日本人向けの日本語版ですので、安心してください。

現地の隠れ求人はSEOなどの対策が不十分なことが多く、ほとんどの求職者はネット上で求人を見つけることができません。つまり、現地の雑誌に掲載されている求人は必然的にライバルが少ないと思ってもらっても過言ではありません。

現地の無料情報誌は宝の山なのです。求人情報は日々更新されているので、あなたが求人を見ている間にも新規の求人が増えています。

たいていのフリーペーパーは、週に1度もしくは2週間に1度の頻度で発行されています。新規の求人情報をゲットするためにも、出来るだけ多くの号に目を通せると良いでしょう。

滞在期間が短い場合は、フリーペーパーの編集部に連絡すると、バックナンバーを見せてくれる場合もあります。過去の号の求人も、広告費の関係で掲載をストップしただけで、まだ募集中である時もあります。

求人案件を見つけたら、片っ端から連絡してみましょう

まず最初に連絡するのは現地の人材紹介会社です。履歴書は日本で準備しておくと便利なので、忘れずに準備しておきましょう。

連絡したら「〇〇の求人に興味があるのですが、詳しい話は聞けますか?」とアポを取ってみましょう。人材紹介会社に電話をすると履歴書の提出を求められるので、その際にすぐに渡せるようにしておくとスムーズです。

日本人の多い地域では最低でも5社以上は日本人向けの人材紹介会社(転職エージェント)があります。とにかく片っ端から連絡してみましょう。

関連記事:もうチェックした?海外転職におすすめの転職サイト・海外転職エージェントまとめ

現地のフリーペーパーの発行元にも行ってみましょう

人材紹介会社へのアポが終わったら、フリーペーパーを発行している会社へ行ってみるといいと思います。現地フリーペーパーを発行している会社は日系企業のお客さんも多く、企業の求人情報をもっている場合が多いです。

人材紹介会社を使い、仲介料を払いたくない企業も当然あるので、顔の広そうな雑誌会社に「こんな人探してます」「誰かいい人いないですか」と聞いている場合が多いのです。

人づての紹介で人材を探している場合は、当然求人は表に出てこないので、ライバルはほとんどいません。

しかし、知り合いの中から紹介することも多いため、すぐに内定者が決まってしまうこともあります。少しでも興味を持ったら、とにかく話を聞きに行ってみましょう。

海外でのふとした出会いも大切に

現地に行ってみると、すでにそこに住んでいる日本人の方に街で偶然出会うこともあるかと思います。状況や相手の方にもよりますが、話しかけてみるのも一つの手です。

求人情報に直接結びつかなくても、現地での仕事や生活の様子を聞くことが出来るのは大きな助けになります。現地の日本人コミュニティーの情報を教えてくれる場合もあるので、そこから求人情報につながる可能性もあります。

筆者の知り合いで、現地に赴いた際にそのように声をかけた日本人の方が、ネイティブの方が経営する日本料理レストランを紹介してくれて、そこで働くことが出来たという人がいました。

別の知り合いは、5日間の予定で現地に行きましたが良い求人情報に出会えませんでした。最終日の朝にたまたま街のレストランで隣り合った日本人の方に話しかけたところ、語学学校の日本語教師の求人を教えてくれて、その日の昼に面接、その場で採用が決まったということもありました。

このようなケースは稀かもしれませんが、どこにチャンスが眠っているか分かりません。ふとした出会いを大切にしましょう。

まとめ

ネット上に出てこない求人というのは実はものすごくたくさんあります。ネットの求人広告を見て、給料などの数字だけ見ているのもいいですが、余裕があれば実際に現地へ足を運んでみることをおすすめします。

現地の様子を肌で感じ、自分の働く環境も前もって知っておけば、仕事のイメージ出来て一石二鳥です。現地へ飛び込んで仕事を探せる人ほど行動力がある人は、どこの国へ行っても活躍出来る人かもしれませんね。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で働こう

初めての海外就職!効率よく就活するための8の手順

海外で働く前に覚悟しておくべき7つのこと

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

ページ上部へ戻る