海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

カナダのモントリオールといえばここ!もっとも有名なノートルダム大聖堂のミサに行ってきた

  • 公開日:
  • 更新日:
モントリオール・ノートルダム大聖堂

モントリオール・ノートルダム大聖堂はフランス語表記だとBasilique Notre-Dame de Montréal、英語表記だとNotre-Dame Basilicaとなります。かつては北米で最も大きな教会で、モントリオールの代表的な観光地のひとつになっています。

1994 年に歌手セリーヌ・ディオンが結婚式を挙げたことでも話題になり、老若男女問わず休日には多くの人で賑わっています。

今回はこの歴史深い、ノートルダム大聖堂のミサへ行ってきたので、その様子をご紹介します!

ノートルダム大聖堂の歴史

モントリオール・ノートルダム大聖堂

かつてはフランス領だったモントリオール。この大聖堂の建築は1600年代で、莫大な費用と人員・長い年月を要しました。

完成後も火事に見舞われたり数回の増築・修復工事が施されて、ようやく現在の大聖堂が完成しています。なんと今年で376周年(2018年現在)!

ノートルダム大聖堂は歴史的建造物であることから、1989年にカナダ国定史跡に指定されています。

ノートルダム大聖堂はどこにある?

ケベック州モントリオールのアルム広場に面した、モントリオール旧市街地にあります。

アクセス方法は、地下鉄が一番です。市内にはバスもあるのですが、外国人にとって異国のバスはわかりづらいです。一方、モントリオールの地下鉄の路線はオレンジ・青・黄色・緑色の4色に色分けされていて、とても分かりやすいです!

ノートルダム大聖堂はオレンジラインのPlace-d’Armes駅が最寄り駅になりますが、その両隣のChamp-de-Mars駅、Square-Victoria-OACI駅で降りて歩いても10分程度です。画像にある、縦のオレンジのラインが地下鉄の路線です。

旧市街地を歩いて散策しながら向かうのもいいですね。最寄り駅を出たら、すぐ姿が見えてくるので迷うこともないでしょう。

ノートルダム大聖堂の開館時間と料金

開館時間(ミサの時間)

  • 月曜日~金曜日:8:00~16:30(午前7時30分、午後12時15分)
  • 土曜日:8:00~16:00(午後5時)
  • 日曜日:12:30~16:00(午前8時、午前9時30分、午前11時、午後5時)

土曜と日曜のミサにはオルガン演奏があり、日曜日の11時にはノートルダム大聖堂聖歌隊の合唱も聞くことができます。

ガイドツアーは英語か仏語で毎日開催されています。所要時間約20分で、無料(入場料に含まれる)です。

  • 月曜日~金曜日:9:00~16:00
  • 土曜日:9:00~15:30
  • 日曜日:13:00~15:30

入場料金は大人$6、子供$5です。

圧巻!ノートルダム大聖堂の内観に感動

ノートルダム大聖堂

入口のところに男性1人、女性2人のスタッフが立っていました。通常の観光で訪れる場合の入場料金は、この入口でスタッフに現金で渡します。

入ってみると中はとっても広く、前から後ろまでびっちりと長椅子が何十列も並んでいます。日本で使用される一般的な結婚式のチャペルがすごく巨大になったような感じです。

正面には大きな祭壇があり、その中央に十字架上のイエスキリスト像が見えます。

ノートルダム大聖堂

内部の構造は多くの他の教会とは異なり、透き通るようなブルーのライトアップで、入った瞬間に息をのむほどの美しさです。両脇にはステンドグラスがあり、街の歴史を絵で表現しているようです。

ノートルダム大聖堂

すべてゆっくり見て周ると1時間はかかると思いますので、時間に余裕を持って計画を立ててください。

私はこれまでもいくつか教会に行きましたが、美しさと壮大なスケールに、こんなにも圧巻されたのは初めてでした。時間を忘れてしまいそうになる空間ですよ。

ミサに参加してきた

ノートルダム大聖堂

私たちが参加したのは日曜日のミサでした。人気観光地ではありますが、ミサ参列者は地元の方が圧倒的に多い

ミサとはカトリック教会の祭礼、聖体を受け神に感謝する祈願などを行うもので、言葉は違うけれど世界で共通の内容です。事前にミサについて調べて行ったほうが、より何が行われているかがわかりやすいと思います。

私たちは初めてだったので、全体的に見えるよう後ろのほうに座りました。

前寄りの方が牧師さんたちの動きの流れがよく見えていいのですが、ミサに慣れていない方は全体を見渡せるような場所のほうがおすすめです。

ミサ中は撮影禁止です。ですが終わってから、祭壇の近くまで行って写真を撮ることができるので安心して下さい。

2階の後方にパイプオルガンが設置されており、そこで演奏される音楽がまた素晴らしかったです。頭上から降ってくる壮大な音に全身が包まれるような感覚です。この空間に来て本当に良かったと、パイプオルガンと聖歌隊の合唱を聴いて思いました。

ミサは1時間以上かかりました。秋~冬場は冷えるモントリオールですので、しっかり防寒着をお持ちになってくださいね。

基本情報

  • 名称:Basilique Notre-Dame de Montréal(ノートルダム大聖堂)
  • 住所:110 Rue Notre-Dame Ouest, Montréal, QC H2Y 1T2
  • アクセス:最寄り駅 Place-d’Armes駅から徒歩5分程度
  • 電話番号:(514) 842-2925
  • 公式サイト:https://www.basiliquenotredame.ca/

まとめ

モントリオール住民の70%の第1言語はフランス語なので、ミサの内容もすべてフランス語です。言っていることはわからないのですが、周りの方が起立したりお祈りしたりするのを見よう見まねで行いました。

モントリオールには数多くの教会がありますが、こちらほど圧巻されたところはありませんでした。美しい空間で、感動できること必至です!

ぜひノートルダム大聖堂を訪れてみてください。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る