海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

モロッコ国内の移動方法とは?モロッコ在住者が移動手段、方法を公開!

  • 公開日:
  • 更新日:

モロッコ国内は、どう移動すればいいの?もしかしてラクダ!?とか思っていませんか。そんなはずはありません!!

ラクダは砂漠内の移動手段に過ぎません。安心してください。モロッコ国内でも、しっかり移動手段は整っています。

日本とは少し違った移動手段ですが、知ってしまえばあとは簡単に利用できます。では、モロッコ国内を移動する手段を見ていきましょう!※1dh=11.8円(2018年現在)

飛行機

モロッコの主要都市には、大きい空港が必ずあります。そして、モロッコ国内でも国内線が行き交っています。

飛行機の良いところは、なんといっても短時間で移動できることです。ですが、まだまだLCC(格安航空)が主流ではないモロッコでは、移動方法としては1番費用がかかります。

なので、限られた時間でモロッコ国内のいろいろな場所に行ってみたい方や、多少お金がかかっても、移動時間はできるだけ短くしたいという方におすすめの移動手段です。

バス

バス

バスは、モロッコ国内どこでも走っている、安価で手軽に利用できる交通手段です。私もバスを主に使って、モロッコ国内を移動しました。

私が乗ったバスはどれも、車内は綺麗で快適でした。 短距離の移動、2、3時間の中距離の移動をする方や、時間がかかっても安く移動したい方にバスはとても良い移動手段です。

また意外かもしれませんが、時刻も遅れることなくほぼ正確に出発しますので計画が立てやすいです。

しかし、バスは移動時間が長いというデメリットもあります。

「時間がない!時間が惜しい!」と思う方には不向きです。 また、車酔いがひどい方にも、バスでの移動はおすすめできません。

モロッコはまだまだ整備されていない道が多くあり、バスは、そういったでこぼこの道を走ることが多いです。

もし車酔いがひどい方で、どうしてもバスで移動したいという方は酔い止めを持参するようにしましょう。

電車

電車

モロッコ国内での中距離、長距離移動に適しているのが、電車になります。

電車は、飛行機より安価で、バスより早いといった、飛行機とバスの中間となる移動手段です。

また、バス同様、時刻は正確に定時に出発します。 私も、モロッコのラバトからマラケシュを移動する際(片道5時間)は、電車を利用しました。

バスよりも移動時間が早いということで電車を選択しましたが、正直イマイチでした。車内がしっかり整備されておらず、汚く、狭かったからです。

しかしとても安く、移動時間も比較的短いので、「飛行機は値段が高いから利用できないけど、バスより短時間で行きたい」という方にはおすすめします。

また、電車は移動中の景色を楽しむこともできるので、「たくさんの景色を写真に収めたい!」と思っている方にもいいですね。

タクシー

タクシー

モロッコで短距離の移動の場合は、タクシーがメインになってきます。モロッコでのタクシーの料金は非常に安く、初乗りで20円ほどで利用可能です。

モロッコの各都市内では多くのタクシーが走っています。タクシーが住民の主な移動手段なのです。

ただし、都市によっては(特にマラケシュ)、ぼったくりしてくるタクシー運転手も多いです。

メーターを使ってくれないタクシーもザラにいます。メーターを使ってくれるタクシーに乗ることを心がけてください。

グランタクシー

グランタクシー

グランタクシーというのは、フランス語で「大きいタクシー」という意味です。一般のタクシーより大きく、ファミリーカーのようなタクシーを想像してもらえるとわかりやすいです。 グランタクシーは、短距離の場合も中距離の場合も使いやすい移動手段です。

特に、5人以上の団体で行く場合は、とても便利な移動手段です。グランタクシーを数日間貸し切って、モロッコ国内を移動することもできます。

料金は、人や契約する場所や交渉によって違ってきますが、1日あたり12,000円〜20,000円あたりが相場でしょう。

また、1人や2人での移動の際も、知らない人との相乗りという形でグランタクシーを使うことができます。

料金は人がいればいるほど安くなる仕組みなので、人が集まればとてもお得にいくことができます。

私はラバトの空港から市内に行く際、グランタクシーを使用しましたが、2人でも6人でも1台4,000円と言われ、他の旅行客に声をかけて、6人集まった状態で行けたのでとても安く済むことができました。

知らない人と友達になれたり、自分の都合のいい時に休憩をしたいと運転手に言えるなどのメリットもあります。

ただし、バス同様、車酔いがひどい人は控えたほうがいいです。飛行機や電車などの選択肢をとりましょう。

まとめ

以上がモロッコ国内での主な移動手段となります。発展途上国のモロッコでも、移動手段はたくさんあります。心配しなくても大丈夫です。

しかし、バスの走る道路であったり、電車の車内など、まだまだ整備されていない部分も、やはり多くあります。

また、モロッコは日本よりも 自分にとって、どれが適切な移動方法なのかを見極めて選択し、楽しいモロッコ旅行にしていきましょう!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
naho

nahoライター

投稿者プロフィール

同志社大学を卒業後、「人生の中で、旅行じゃなくて海外に住んでみたい!」という衝動から、就活を横目に、カナダに渡航。
ワーキングホリデーを使い、カナダを西から東へと転々とするのち、運良く拾われたロッキー山脈の麓のホテル内で働くことに。アート、音楽、社会心理、旅行には目がない。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る