海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

プールやジム付き!フィリピン・マカティの私の家を紹介します

  • 公開日:
  • 更新日:
モール

海外の物件は、日本では当たり前でも、 海外だと当たり前ではないポイントがあります。

例えば、日本ではまず部屋に入るとき、靴を脱ぐためのスペースである玄関がありますよね。海外では部屋の中で靴を脱ぐ習慣がないため、玄関も靴箱もありません。

このように日本と海外の習慣の違いから、部屋のつくりは海外ならではの特徴があるため、物件探しのときは事前に注意が必要です。今回はフィリピン、マカティにある私の自宅について紹介しますので、参考にしてみてください。

マカティでの立地条件

コンドミニアム

私が住んでいる物件の外観は上の写真になります。

建物自体のセキュリティももちろんですが、一番は立地を重視しました。条件は人それぞれだと思いますが、私は以下のような食事と治安面を重視しています。

  • スーパーが近いこと  
  • 気軽に外食ができる距離にレストランがあること
  • 街中心部へ徒歩圏内であること
  • 治安が比較的良いこと
  • 夜遅くても比較的人が通ること
  • 大通りに面していること

私は条件を網羅しているサルセド近くの物件に住んでいます。

メトロマニラの人気エリア

人気なエリアはレガスピ周辺かBGCになります。レガスピは近くにグリーンベルトという巨大ショッピングエリアがあり、おしゃれな飲食店やショップも多く入っており、生活するのに便利なエリアです。

BGCは家族連れで住んでいる日本人が多く、街並みがとてもキレイでのんびりした雰囲気があります。その他、会社や学校から近いことなど、個人によってさまざまな条件があると思いますが、家賃は高くとも治安面は絶対にはずさないよう注意されたほうがよいと思います。

その他、誰でもわかる「有名な建物である」もしくは「目印になる建物が近くにある」ということは大切だと思います。

私の物件はSMJAZZ RESIDENCEというのですが、これを言えばどこなのか、誰でも場所をわかってもらえます。

私は英語がそこまで得意ではなく、もし道がわからないタクシー運転手に会ってしまうと道を教えるのも一苦労なため、意外と便利で助かっています。

マカティの家賃相場

マカティの夜景

私の家賃は月4万円ですが、マカティでの家賃相場は、10万円以上が平均的です。

意外と高いと思われる方が多いですが、それ以下の物件はなかなか見つからないと思います。しかし、基本フィリピンの物件はコンドミニアムで家具家電付きです。

オーナーによっては食器や調理器具などの日用雑貨も一式そろえており、引っ越し費用もほとんどかからないためお手軽です。半年分家賃を前払いにするなどの契約方法もあり、まとめて家賃を支払うと割引をしてくれるオーナーもいるため交渉の一つとして持っていると有利です。

部屋の間取り

私の部屋の間取りは1DKです。家族で住むには狭いですが、1人で暮らすには十分な広さです。ただ、フィリピンはお湯に浸かる習慣がないため、お風呂は浴槽がなく、シャワーのみです。

私は特に気にしませんが、気になる方は、浴槽付きの物件はなかなか見つからないため、前もって認識しておいたほうがよいでしょう。また私の物件は洗面台・トイレ・お風呂は独立ではありません。

男性だと特に気にしないと言う方が多いですが、女性だと許容範囲を超えている方も多いかと思います。そこは家賃をとるか、間取りをとるか、個人の好みによって選択してみてください。ただ家賃を4万円程度で済ませようと思うと、こういったスケールのお部屋になると思います。

無料のプールとジム・セキュリティ付き

プール

私の住んでいるコンドミニアムは居住者なら無料で使えるプールとジムがついています

日本の友人に話すととても驚かれますが、フィリピンでは、ほとんどの物件がプール・ジム付きです。むしろプール・ジム付きではない物件は家賃が高いこともあると聞いたことがあります。日本では考えられないですよね。

フィリピンは年中夏で薄着なため、ファッションの一部として体を鍛えている人も多いと聞いたことがあります。私も気が向いたときにジムやプールに行っています。住んでいる建物内にプールやジムがあると、気軽に行けるのでとても得した気分です。

セキュリティ付き

また、もう一つ日本と違う設備といえば、基本どの物件も有人のセキュリティになっています。私のコンドミニアムは、24時間体制でロビーにドアマンや受付スタッフが待機しており、不審な人物は建物内に入れないようになっています。

居住者は必ず自分のIDカードを作成しなければならず、そのIDカードをドアマンに見せるか、カードリーダーに読み込ませることで建物内に入れる仕組みになっています。実際はチェックされないことがほとんどですが…抑止力にはなっていると思うと安心です。

ちょっとしたトラブル

トラブル

入居前には必ず水がしっかり出るか、電気がつくかは確認しておきましょう。

私は入居後に洗面台の水が全く出ず、困ったことがあります。日本でも物件確認の際に、水道・電気を確認されるかたもいると思いますが、 フィリピンではなおさら念入りに確認しましょう

また、入居の際に備え付けられている家具家電は必ずチェックし、不足しているものや、スペックなど不十分なものについては準備しもらえないかどうかも交渉したほうがよいです。

特に、備え付けられていると思っていたエアコンが備え付けられていなかったり、テレビのサイズがオーダーしていたものより小さかったりなど…認識の違いは多々話に聞きます。

どこまでの家具家電が備え付けつけられており、どういったスペックなのかは事前のトラブルを減らすためにもチェック項目としておくことをおすすめします。

建物内で生活すべてが完結!

モール

私の物件は1階がモールになっており、スーパーや飲食店はもちろん、美容室、スパ、ネイル、歯医者、クリーニングなど、生活に必要な用事はすべて建物内で完結します。1階にモールが入っていることは、入居を決めた大きな理由です。

特にスーパーが1階にあることは、わざわざ外に出かけずに買い物ができるため便利です。飲食店も日本料理や中華料理、フィリピン料理やファストフードまでレパートリー豊富なためとても満足しています

物件探しの際は、部屋の間取りや内装だけではなく、周りに生活する環境が整っているかも見ておくことをおすすめします。

フィリピンでの部屋の探し方

フィリピンには日本の不動産会社であるレオパレスやエイブルがあります

日本人スタッフも常駐しているので英語が苦手な方でも相談できるため安心です。私はフィリピン生活でわからないことを教えていただいたこともあり、とても頼りにしています。以下のHPもチェックしてみてください

まとめ

以上がフィリピンの物件についてでしが、 海外の物件は日本と違う点も多々あったのではないでしょうか。家賃に関しても、日本の地方に比べると意外と相場が高いことがわかったと思います

しかしその分、家具家電付きで日本にはない設備が整っていることはとても魅力的ですよね。フィリピン生活を考えられている方は是非参考にしてみてください。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

もうチェックした?海外転職におすすめの転職サイト・海外転職エージェントまとめ

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

菜々

投稿者プロフィール

フィリピン在住1年。27歳女性。
大学卒業後WEBコンサル会社に在籍し、広告プランナーの業務に主に従事している。英語は苦手なものの、フィリピンの生活に奮闘中。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る