海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

フィリピン留学は地域によって特徴が大きく異なる!留学を成功させるために知っておくべきこと

  • 公開日:
  • 更新日:
フィリピン

語学留学をしたいと思って動き出せば、次は学校選びでしょうか。ここ最近では、安価で良質な教育を受けられると定評のあるフィリピン留学が人気を呼んでいます。

留学校を選ぶ際、どうしてもその学校の評判が気になると思います。しかし、学校の評判だけで留学先を決めてしまうのは極めて危険です。

勉強が一番の目的と言えど、校内寮や土日の生活も留学の重要な一部です。地域によって、都心部へのアクセス、週末の過ごし方、治安などは大きく異なってきます。

今回はフィリピンの地域別、あなたに合った留学先を探すための特徴を書いていきます。いくつかある地域の中でもおすすめ度が高い5つの地域に絞って紹介します。

フィリピンの首都マニラ留学

フィリピンで最大の国際空港があり、毎年多くの観光客が訪れる場所です。人が多いため、多国籍の人との交流も盛んです。空港があるため、週末を使って近隣の国にプチ旅行することも簡単です。

犯罪件数は他の地域と比べれば多いため、治安は良いとは言い切れません。しかし、基本的にはマニラ内に存在する語学学校は、マニラ郊外に位置するため授業後の外出を許可している学校も多いです。

物価についてはフィリピンの中でも特に高めです。日本人経営のカジノ「岡田マニラ」があるのもマニラです。2017年にオープンしたばかりで、エントランスの噴水ショーを観るためだけに海外から訪れる人もいるほどです。

夜も賑やかな首都マニラのため、静かな環境で勉強したい方には不向きと言えます。逆に、いろんな方と交流を深めながら留学生活を送りたい方にとっては、良い場所です。

フィリピン留学と言えば、セブ島留学?!

セブ島

フィリピン留学で一番人気を集めているのはセブ島です。日本人の留学生も非常に多いです。そのため、豊富な語学学校があります

日本人経営の語学学校も増えてきており、日本食に力を入れている学校や、きれいな施設を心がけている学校も増えてきました。南国ならではのマンゴーが学校食で食べられます。

BURNHAM-LAKE

南国を思わせるリゾート地のため、学校付近にたくさんのビーチがあります。週末はダイビングやシュノーケリングを楽しんで過ごすことができます。

最近ではジンベイザメと一緒に泳ぐツアーなどが組まれており、日本からわざわざ渡航しなくても現地で申込をしてそのまま参加することができます。

さまざまな娯楽があることから、週末の時間を持て余すことはないでしょう。英語はそこそこで週末や授業後の時間も充実させたい方には飽きのこない生活を満喫できますよ。

フィリピンの軽井沢バギオで快適な留学生活

フィリピンのほとんどは南国ですが、バギオはマニラから車で6時間ほど北上します。標高が高く涼しいため、夏場は大統領の避暑地にもなってるほどです。空港から遠いため、長期留学を考えている方はバギオでも移動の問題はないでしょう。

教育都市と呼ばれ、フィリピンの有名大学が存在します。セブなどと比べて誘惑は少ない環境・涼しい気候に恵まれ、勉強に集中できる市です。

涼しい気候のため、果物や生野菜などが簡単に手に入ります。留学先の学校食でも毎日野菜を見ることができます。

バギオのショッピングモール

また嬉しいのは、他の地域と比べて物価が安めです。もともとフィリピンの物価は日本と比べてかなり安いですが、バギオは特に低めです。留学中のコストも抑えたい方にはうってつけです。

さらに嬉しいのは治安が良好な点です。犯罪数が少ないバギオは、夜一人で出歩いても命の危険にさらされることがありません。(外国人ということで目を付けられる可能性はありますので、推奨はしません。)

誘惑が少なく、快適な気候の中で真面目に勉強したい方にとってはバギオは最高の場所です。ここ最近ではセブ島留学から、バギオ留学へと生徒が流れてきているのも事実です。

日本人にあまり知られていない穴場、ダバオ

フィリピン南部のミンダナオ島に位置するダバオ。台風の影響も滅多に受けず、雨季が存在しないため、一年中安定した気候の中で学習することができます。

熱帯雨林気候に属しているため、一年を通して気温は高めで、年間平均気温はおおよそ28℃です。少しでも涼しい時期にダバオに行きたいという場合は1~2月がねらいめです。

フィリピン

まためずらしいことに、ダバオでは滅多に物乞いをしている人に出くわしません。市でいえばマニラに次ぐ第2の都市となります。ビーチや山などもあり、週末の過ごし方も充実しそうです。

日本人にはあまり知られていない留学先のため、日本人比率の低い環境で勉強に専念したい方には穴場です。

日本人比率が高いとせっかく語学留学で渡航しても、周りの日本人と日本語で会話をする機会が増えてしまう傾向にあります。そう言った面でもダバオ留学はおすすめです。

まとめ

どの地域で留学をしたら正解ということはありません。大切なのは目的に合わせた留学を成功させられるか。自分が思い描く留学スタイルを実現できる最適な地域を選べるか、です。

フィリピン留学は確実に需要が伸びています。日本人を考えた施設・食事・寮を準備している学校も多いです。その中でも地域によって、あなたの留学は大きく変わるでしょう。

フィリピン留学を知ったからには、地域による特性を知り、その上で最適な留学先を選びましょう!

海外留学

留学は賢い情報収集から!「留学くらべ~る」で無料パンフレットを取り寄せ♪

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

ページ上部へ戻る